【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】
診断テスト

クローゼットの収納アイデアは達人に聞け!スッキリ度増し増し技あり実例30

  • 2019年10月08日更新

こんにちは。ヨムーノ編集部です。

クローゼットは、ごちゃつきやすい場所のひとつ。今回は、ヨムーノメイト(ヨムーノ公式インスタグラマー)が実践している、クローゼット収納アイデアをご紹介します!

整理収納アドバイザーや収納マニアが実践!クローゼット収納はハンガーが決め手

クローゼット収納記事まとめはこちら

そもそもクローゼットって?

まずは、クローゼットの基本をおさらい。クローゼットのメリット、デメリットを知ることで、クローゼット収納がしやすくなりますよ。収納アイデアを見たい方は、2ページ目からどうぞ!

クローゼットの奥行き 

そもそもクローゼットは衣類収納を想定して作られたもの。

すべてのクローゼットにあてはまるわけではありませんが、ハンガー掛けにした衣類の幅に合わせた奥行き80cm程度が一般的です。小さいものでは奥行き45cm程度のクローゼットも。

クローゼットの高さ

クローゼットの高さは180〜230cmが一般的です。コートのように長さのある衣類も収納できますね。

クローゼットの扉の形状

クローゼットの扉は大きく分けて、手前に引く「引き戸」、レールの上をスライドして扉が中央で折れる「折れ戸」、和室等でよく使われる「引き違い戸」があります。

扉の形状によって収納しにくい場所ができる場合もあります。収納の際に注意しましょう。

クローゼットのメリット

クローゼットは高さがあるので、衣類を吊るして収納しやすいのが一番のメリットです。

クローゼットのデメリット

押入れに比べると奥行きがないので、布団を収納するには不向きです。

クローゼット収納を使いやすくするには?

クローゼット収納を考えるときは「誰が使うか」が一番大事。

誰がクローゼットを使うのかイメージしながら、以下を読み進めてくださいね。

よく使うものはクローゼット中段に収納

クローゼットで使いやすいのは中段!使いやすいのは「中→下→上」の順です。使用頻度に合わせてものの位置を決めましょう。

  • 中段:一番使いやすい。使用頻度の高いものを収納
  • 下段:重いもの、あまり使用しないものを収納
  • 上段:軽くて使用頻度が低いものを収納

クローゼットを使う人の体格に合わせる

使う人の身長や体格と、使用頻度に合わせて、「中→下→上」の順で収納しましょう。

子ども部屋なら子どもの手が届く位置に、収納ケースやハンガーを置いてくださいね。

アクション数を減らすと取り出しやすい

例えば収納ケースに衣類を入れた場合、「クローゼットを開ける」→「引き出す」→「服を取り出す」と3つのアクションが必要になります。

アクション数を減らすと、収納時や使うときのストレスが減ります。

特に使用頻度の高いものについては、「クローゼットを開ける」→「取り出す」といったように、2アクションで手に取れるようにすると便利ですね。

クローゼット扉後ろの死角に注意

先ほど触れたようにクローゼットの扉の形状によっては、扉の後ろ側が死角になり、「収納ケースの引き出しが開かない」なんてことも。

死角には、使用頻度の低いものを置くようにするのがポイントです。

収納ケースを新たに購入するときには、クローゼットの寸法から死角になる部分を引いて考えてくださいね。

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事