Instagramの偽アカウントにご注意
「yomuno.jp」「yomuno_shuno」「yomuno2020」以外のアカウントはヨムーノ公式アカウントではなく、当社とは一切関係ございませんのでご注意ください。

無印良品の”重ね使い”で激セマでもスッキリ!プロ直伝【トイレ収納】が見違える5ポイント

  • 2021年03月23日更新

皆さん、こんにちは!ヨムーノライターで整理収納アドバイザーのnaomiです。

狭小住宅の我が家は、トイレもコンパクト。
入居当初どうやったらスッキリした空間になるのかな~と悩んでいました。

トイレは収納スペースが少なく、私と同じくお片付けにお困りの方も多い場所のひとつかもしれません。
そんなトイレをスッキリ空間に整える、収納方法やアイテムをご紹介します。

ポイント1:引っ掛け収納を取り入れる!

ただでさえスペースが限られているトイレ内、壁や扉裏なども有効活用していきましょう。
100円ショップなどで販売しているフックを取り付けて、掃除アイテムを引っ掛けて収納しています。

我が家は、写真のようにホコリを取り除くハンディワイパー、便器内掃除のブラシ柄部分(無印良品「柄付きスポンジ」)を引っ掛けています。
特にハンディーワイパーは、ホコリの溜まりやすいトイレ内を、気づいた時にサッと気軽に掃除できるアイテムなので、重宝しています。

ポイント2:お買物後のひと手間を忘れない!

トイレットぺーパーやサニタリー用品、トイレ掃除アイテムなど、お買物をしたら必ず行うひと手間。
それは、外包・パッケージからアイテムを取り出して収納するということです。

例えば、サニタリー用品。
写真のように収納しておけば、サッと使うことができますよね。
急いでいる時に、パッケージから出すことにプチストレスを感じる方も多いのではないでしょうか。

そういった状況を防ぐために、お買物後のちょっとしたひと手間を加えてみましょう。
グッと楽になるはずですよ♪

使っているのは、無印良品「重なるラタンボックス」。

重ねて収納できれば、収納力が2倍・3倍と、重ねた分だけアップします。
省スペースを、上手に有効活用することができます。

重ねて収納する場合には、上段には、使用頻度が1番高い物。下段には、使用頻度が低い物を。

ポイント3:トイレットペーパーを「3倍ロール」に変更してみる

1ロールで3ロール分のトイレットペーパーがあることを知っていますか?
1袋4ロール入りの、3倍ロールトイレットペーパー。

通常のトイレットペーパーは、12ロールで1袋の物が多いですよね。
我が家では、トイレ内に12ロールを一気に収納することはできませんでした。

そんな時に、3倍ロールのトイレットペーパーに変えたら、全て収まったんです♪
トイレットペーパーの量は変わってないのに省スペースに。

取り換えが少ない回数で済むのも嬉しいポイントです。

ポイント4:ダストボックスをなくしてみる

我が家では、トイレ内にダストボックスを設置していません。
「では、サニタリーなどのゴミはどうしてるの?」

我が家ではトイレに100均の「ペーパーバッグ」を準備。
そこにゴミを入れて、別部屋のダストボックスに捨てています。

トイレ掃除の時にわざわざゴミを回収したり、ゴミ箱の臭いが気になったり……、都度捨てていればそういったことも気になりません。

今まであって当然だったものをなくしてみるのも、ひとつの手。
もし、やっぱり我が家には必要と感じたら、元の形に戻せばよいだけ!
一度思い切って試してみてはいかがでしょうか?

ポイント5:手洗い周りのわずかなスペースには、厳選した使用頻度の高いアイテムを

トイレでは、背面上段の吊戸棚と手洗い周りに収納スペースがある場合が多いと思います。
その場合、手洗い周りに使用頻度の高いものを厳選して収納すると、使いやすくなります。

例えば、毎日掃除する際に使用する掃除アイテムを集約する。
行動動線に加えて、使用する頻度も考慮してみましょう!

狭いを言い訳にしない!すっきりした空間へ

いかがでしたか?今回は、おすすめのアイテムを交えながら、トイレ収納のコツをお伝えしました。

狭い空間のトイレですが、すっきり収納は可能です。
トイレこそ「何だか落ち着く」、そんな空間にできたら毎日のお掃除も気分が上がるのではないでしょうか。

皆さんのおうちでも実践できることがあれば、ぜひ参考にしてくださいね♪

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ