ニトリの学習机「くみあわせですく」を設置!良いところや形・色の種類を紹介

  • 2021年03月23日更新

こんにちは、ライターtomooo.25です。

我が家には今年2年生になる双子の男の子がいます。
1年前の4月に入学したのですが幼稚園の時とはガラっと変わる生活が始まる……。

なので、子ども部屋をどうすれば使いやすいのかずっと悩んでいました。

とは言え、実際学校生活が始まってみないと分からないこともあるだろうと、少しずつ変えていくことにしました。 ニトリの学習机といえば、一番有名な「くみあわせですく」です。

ニトリ学習机「くみあわせですく」

販売ページを見る(楽天)

くみあわせですく(リビオSE WW/PU)

  • 価格:49,900円(税込)
  • サイズ(約):幅100×奥行78×高さ112cm
  • 保証年数:5年

※2021年3月時点の情報です。

「くみあわせですく」の良いところ3つ

本棚・カラーボックスの組み合わせが自由

成長に合わせて、カラーボックスや本棚にしまいたいものが変わってきますよね。 ニトリのくみあわせですくなら、カラーボックスを机下の収納にしたり、サイドチェストのように使ったりと自由自在! 本棚も机から外せるので、作業スペースを広く調節することもできます。

学習スペースが散らからない引き出し

奥までしっかり見える引き出しが、デスク部分に2つ、ワゴンに3つ付いています。一番深い引き出しは深さ14cm、幅32.5cm、奥行き36cmです。 本棚とカラーボックスに加えてここまで収納があれば、教科書や文房具も散らからなそう。

成長に合わせて色を変えられる

本棚の背面と、ワゴンの引き出し部分のパープルが可愛らしいこちらのくみあわせですく。 今は合っているけど、高学年になったらどうだろう…?と思うかたも多いのではないでしょうか。

ニトリの「くみあわせですく」なら、ポイントカラーを変えることができます。

ホワイトウォッシュ&パープルの、パープル部分がこのように変更可能。

色の好みが変わっても、これなら安心ですね。

「くみあわせですく」を設置してみました

ソーホースブラケットの机に慣れ始めた時、モニターさせて頂いたニトリの学習机がやってきました。
diyにこだわってた我が家なので、市販の机が我が家に合うかな?と正直心配でしたが設定してみたらなんて使いやすいの~!

ずっと悩んでた文房具や、教科書、ノート類、学期末に持って帰ってくる粘土やピアニカ、絵の具の収納場所。

あと、大切なランドセル置き場など、この机1つで全て解決されました!
ニトリの学習机は、色々考えられてるなぁとしみじみ実感◎。

引き出しの中は滑り止めシートで整頓

そして、たくさんある引き出しの中には食器棚などによく使われている、透明な滑り止めシートを敷きました。

雑なツインズなので、きっと底板が汚れるだろうなと思ったのと、勢いよく引き出しても中の物が動かないように。
透明なのでごちゃついて見えないしオススメです。

消しゴムや鉛筆などのストックも、アイテムごとにケースに入れて収納してます。

ほかの引き出しはそれぞれの大切なおもちゃやお財布などが入ってます。 学年が上がるごとに物も増えそう……。

我が家の兄弟の学習机の置き方

我が家は双子なのでもちろん同じ歳。
クラスも同じなので宿題も一緒。

なので、今までは相手の答えを見てしまったり、話しかけたりふざけ出したりでなかなか宿題が進まない事も。

2人がくっつかない様に離せばいいんだと思い、真ん中に仕切りが出来るように机を設定しました。

すると以前より集中するようになり、宿題も早く終わることが増えました!

悩み続けた「自分スペース作り」

学習机は本当に必要?って思う時もありますが(勉強好きじゃない2人なので)。
でも、自分だけの場所ができた事により、片付ける場所がはっきりし、自分の持ち物の区別も分かりやすくなったようです。

何より勉強に集中できるようになり良かった、良かった!

まだまだこれから改良が必要な所もありますが、ひとまずニトリの学習机で落ちた子ども部屋でした◎

「くみあわせですく」の種類とカラーバリエーション

「くみあわせですく」は3種類

今回紹介した「くみあわせですく」は、全部で3つの種類に分かれます。

1. リビオSEタイプ

リビオSE対応は、本棚の下が広々しているのが特徴。 作業スペースが広くお手入れがしやすいです。

2. リビオCタイプ

リビオCタイプは、本棚が縦に2つに分かれています。カラーボックスとの組み合わせ方がさらに広がりますね。

3. リビオCハイタイプ

リビオCよりもさらに本棚が自由に!棚が2段になり、上台は3段階、下台は8段階の高さ調節が可能に。 左右を分けるブックストッパー部分も、左右に動かせますし、取り外しが可能です。

「いっぱい本を読んでお勉強してね」と願いをこめて、ハイタイプを選んでみるのも良いかもしれません。

「くみあわせですく」のカラーバリエーションは3つ

学習机選びで絶対に気になるので机の色。子どもの好みに合わせてあげたいし、部屋の雰囲気にも合わせたいところ。 ニトリの「くみあわせですく」のカラーバリエーションはこちらの3つです。

1. ホワイトウォッシュ&パープル

お部屋の雰囲気が重くならないホワイトウォッシュ。ポイントのパープルが映えます。

2. ライトブラウン&ネイビー

ベーシックなライトブラウン。ポイントカラーはネイビーです。落ち着いた色合いで、勉強が捗りそう♪

3. ミドルブラウン&ブラック

さらに落ち着きのあるミドルブラウンとブラックの組み合わせ。汚れが目立たないところも良いですね。

ニトリの「くみあわせですく」はその名に恥じない学習机!

さすが、「くみあわせですく」と言うだけあるカスタマイズ性。

学習机は長く使う家具だからこそ、今子どもに合うものとズレてしまうことが心配ですよね。 本棚やカラーボックスを成長に合わせて組み合わせられるのはとっても嬉しいです。

また、ニトリの家具といえば、色や形などのバリエーションが豊かなところが魅力。 3つの形と3つのカラーバリエーション(ポイントカラー部分はさらに変更可能)なら、子どもが気に入る学習机が見つかること間違いなし!

ライター tomooo.25

築10年の持ち家に7歳双子の男の子と4人暮らし。 家族みんなが使いやすく暮らしやすい家つくりをdiyで日々模索中です。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事