謎のお菓子「シベリア」って何?風立ちぬで話題のお菓子の秘密に迫る

  • 2021年03月23日更新

こんにちは、ヘルシーでおいしいベジフードに目がないヨムーノライター、kayuko.aです。

若い世代は知らない人も多い?!「シベリア」というお菓子に迫ってみたいと思います。

シベリアは、どこで生まれたのか、名前にはどういう由来があるのかはっきりしないことが多い、とにかく謎めいたお菓子なんです。

映画アニメ・ドラマ・ゲームなどにも登場し、今でもコアなファンから根強い人気を誇っています。

おしゃれで可愛い今どきスイーツが気になる食欲の秋。
あえて、ちょっぴりちょっぴりレトロモダンな「シベリア」に思いを馳せてみましょう!

「シベリア」ってどんなお菓子?

「シベリア」と聞いても、ピンとこない方も多いのではないでしょうか?

シベリアとは、カステラの間にようかんをはさんだお菓子のことです。
その歴史は古く、明治後半~大正初期頃からあるお菓子なのだとか。

日本のどの地域で発祥したか、名前の由来など、はっきりしたことが分かっておらず諸説あり、謎めいています……。

現在もシベリアは、東京や神奈川の昔ながらのパン屋で見かけることが多いため、関東で生まれたお菓子なのではないかと言われています。

また、シベリアという名前は、シベリアのお菓子が「シベリア鉄道」の見た目に似ているという説もありますが、それもはっきりとしたことは不明のまま。

分からないことだらけのシベリアのお菓子の魅力について、さらに深く踏み込んでみましょう!

ジブリ映画「風立ちぬ」放映から今もファンが絶えない

シベリアのお菓子は、ジブリ映画「風立ちぬ」に登場したことで、若い人にも知られるきっかけとなりました。

当時はどこのパン屋でも作られていた人気のお菓子で、映画の中でもその頃の情景が描かれています。

ふんわりとしたカステラの間に、ようかんが挟まっているシベリア。
それぞれの食感の違いが楽しめ、レトロモダンな雰囲気いっぱいのお菓子です。

味はもちろん、間違いないおいしさ。
近頃は洋風のケーキが主流になってきているので、逆に新鮮だという声が続出なんです。

シベリアはどこで買えるの?

そうはいっても、シベリアを見かけたことがないから食べられないという方も多いかも知れません。

写真にあるコティベーカリーは、シベリアの聖地的存在。
ジブリ映画のスタッフが100個以上購入したという伝説のお店なんです。

【コテイベーカリー】
住所:神奈川県横浜市中区花咲町2-63
電話番号:045-231-2944
営業時間:平日9:00~19:00、祝日 10:00~19:00
定休日:日曜日(臨時休業あり)

コティベーカリー以外でも、昔ながらのパン屋さんで売っていることもありますので、見つからない場合は根気よく探してみましょう。

また、シベリアお菓子は、コンビニなどでも買うことができます。

ヤマザキでもシベリアを作っているようです。
駅の売店に普通に売っているという目撃情報も多数なので、ぜひ探してみてください!

シベリアは作ることもできる!

このシベリアのお菓子はサンドイッチのように、カステラの間にようかんをただ挟んだだけの作り方ではないんです。
大変手間のかかる工程で作られています。

カステラを2枚焼いて、一枚を天板に敷き、その上にようかんを流し入れます。
さらにカステラをのせて、冷やし固めるというもの。

自宅で作るには難易度の高いお菓子ですので、手作りにチャレンジする際は、市販のカステラでようかんをはさむ「なんちゃってシベリア」がおすすめです!

見た目はシンプル、どちらかというと地味お菓子に分類される「シベリア」。
なぜか食べたい衝動に駆られるという不思議な魅力があります。

ぜひあなたも、実際に食べてシベリアの魅力を確かめてくださいね!

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事