自分だけの「食べるラー油」の世界!カルディでリピ買いする理由は”それほど辛くない”

  • 2019/03/18

こんにちは!男児2人の育児に追われるヨムーノライターrudoです。

小さな子どもがいるご家庭では、基本的に料理を取り分けながら一緒に食べていると思います。

我が家は2歳と5歳の子どもがいるので、当然料理は子ども用の味付けがメインです。カレーライスも甘口オンリーです。

さすがに、家族の嗜好に合わせて、別々に夕食を作るなんて面倒ですよね(うちは定食屋じゃない)。

どうしても、味にパンチが欲しい大人は、カルディで買える「もへじ 食べるラー油」を活用しています。

ヨムーノで今人気のカルディ記事はこちら

カルディで絶対買ってしまう!おすすめのお菓子やおつまみ

カルディ「もへじ 食べるラー油110g」354円(税込)

この食べるラー油の特長は、何といっても『それほど辛くない』です(笑)。

あまり激辛すぎると、授乳中はやはり心配ですよね。
我が家の次男はもう卒乳していますが、授乳中は辛い物を控えていました。

しかし、このラー油はそれほど辛くないので罪悪感無く摂取することが出来ました。程よい辛さで「辛い物が食べたい!」という欲求も十分満たされます。

また、フライドガーリックがガッツリと効いているので、食べ応えも十分です。おかずが少なくても、この食べるラー油をかければ1品増えた気分になります。

瓶を逆さにしてみると、具がたっぷり入っているのが分かりますね。
にんにくだけでなくゴマもたっぷり入っています。 匂いはにんにくの香りよりも、ゴマ油の匂いの方が際立ちます。

自分だけ”ちょい足し”ワールド

ご飯だけでなく、ラーメン、うどんやそうめんとの相性も抜群で、簡単にちょい足し出来ます。
冷ややっこやおひたし、肉まん、生姜焼き、しゃぶしゃぶ、卵かけご飯などに加えても美味しいです。

ちょい足し出来るメニューはここには書ききれない程です。

我が家の子どもたちは麺類が大好きなので、ラーメンやそうめんをよく作ります。そんな時にも、自分の分だけにこの食べるラー油をちょい足しします。

この食べるラー油は、色々なアレンジ料理にも向いています。 実際に私が試しているアレンジ方法をご紹介します。

おつまみには欠かせない鉄板級

▲卵焼き in 食べるラー油

ラー油を多く入れてしまうと卵を巻くのが大変ですので、小さじ1~1.5を目安に。
ラー油を使いますが、油は別途しっかり引いて下さい。ラー油だからと思って引かなかったら焦げ付いてしまいました……。

▲ほうれん草ナムル

子どもと取り分けの分は半分にして、普通のゴマ油で和えます。
食べるラー油に入っているフライドガーリックののカリカリ食感がたまりません。

ここが”ざんねん”な「食べるラー油」

ラー油の具をのせて食べていると、最後は液体部分だけが残ってしまうことです。
具と液体(油)をバランスよく使い切る必要があります。

ちなみに、具無しで残ってしまった場合は、スープやラーメン、餃子のタレに入れて食べるのがお勧めです。

もちろん、ラー油だけの部分も十分美味しいですよ。

いかがでしたか?
自分だけのラー油の世界。

それほど辛くないは個人の味覚にもよると思いますので、話題の「食べるラー油」をカルディで探してみてはいかがでしょうか?

ヨムーノ編集部

2019年5月7日までサーティワンアイスクリームギフト券が抽選で当たるキャンペーン開催中!詳しくはヨムーノ公式Twitterアカウントをチェック♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

関連する記事があります

特集記事

連載記事

この記事に似ている記事があります

新着記事