【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと
マニア激推し!ハズさない通販だけ厳選。ネットでお買い物。買えるヨムーノ

ついに出た!アイリスオーヤマから「第3の掃除機」スティック型なのにコード付きでフルパワー持続

  • 2019年03月29日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

いま、家電メーカーで”ぐいぐい”認知度が急上昇しているアイリスオーヤマ製品。ついに高い吸引力とスティック型の手軽さを持ち合わせた全く新しいタイプの掃除機「キャニスティッククリーナー」が登場します。ここではその概要をご紹介します。

キャニスティッククリーナー

2019年5月14日より発売するキャニスティッククリーナーは、スティック型のため取り回しが容易で省スペースで収納でき、コード付きタイプのため、充電なしで運転時間を気にせず、充分な吸引力と集じん容量により家中を隅々まで掃除できます。

また、本体の内部構造の見直しなどにより、スリムな形状を維持したまま本体内にコードリールを収納することで、リビングなどインテリアの外観を損なわずにコンパクトに収納できます。

さらに、静電気を発生させるモップを本体に付属したアイリスオーヤマ独自の「静電モップクリーンシステム」を搭載しているため、床掃除とモップ掃除を1台で同時にできます。

ヘッドには自走式パワーヘッドを採用しているため、畳やフローリングなど様々な床を手軽に掃除でき、パワーブラシによりカーペットなどに絡まった細かなゴミまで掻き出し吸引できます。

※キャニスター型:床移動型の掃除機

商品特長

1. キャニスター×スティックで手軽に家中をしっかり掃除

スティック型のため取り回しが容易で省スペースで収納でき、コード付きタイプのため、充電なしで運転時間を気にせず、従来のキャニスター型(※3)と同等の吸引力と集じん容量により家中を隅々まで掃除できます。

また、本体の内部構造の見直しなどにより、スリムな形状を維持したまま本体内にコードリールを収納することで、リビングなどインテリアの外観を損なわずにコンパクトに収納できます。

※3:軽量サイクロンクリーナー パワーヘッド KIC-CTP1と比較。当社調べ。

2.独自の「静電モップクリーンシステム」を採用

静電モップを付属することにより、テレビのまわりや棚のホコリなど床以外の気になる箇所を、掃除機をかけながら同時に掃除できます。

モップには帯電しやすいポリプロピレン素材を採用し、付属しているナイロン製のモップ帯電ケースで静電気を発生させることでホコリを吸着しやすく、これまで掃除機だけでは取りきれなかった細かな部分のゴミまで除去できます。

使用後はスタンド下部にホコリの付いたモップを差し込むと、金属製の除電プレートが除電し、掃除機本体でモップに付いたホコリを吸引します。

さらに、モップには特殊な加工を施した繊維を採用しているため細かなホコリまで吸着し、洗って何度も使用できます。

3.自走式パワーヘッドでより軽い力で掃除が可能

自走式パワーヘッドを搭載することにより、ブラシが回転する力で床を自走するため、畳やフローリングなど床の種類を問わず手軽に掃除ができます。

また、パワーブラシにより、カーペットなどに絡まった細かなゴミを回転ブラシで掻き出し吸引できます。

その他の特長

・ほこり感知センサーにより、ゴミやほこりの量を確認しながら掃除できます。

・延長パイプを取り外すことで、ハンディタイプとしても使用でき、ソファの隙間など狭い場所にも対応します。

また、ヘッドを取り付けることで階段など高さのある場所での掃除を手軽に行えます。

・付属している壁置きパーツを設置する場所に両面テープで貼り付けることで、クリーナー本体に内蔵しているマグネットにより手軽に壁置きができます。

・紙パック式を採用しているため、フィルターを掃除する必要がなく、細かい塵やほこりが舞い上がりにくいため、ゴミ捨てを簡単かつ衛生的に行うことができます。

規格:KIC-CSP5
電源:AC100V、50/60Hz 消費電力:650W
吸込仕事率(※):120W
集じん容量:0.4L
製品寸法:W235×D250×H1,052mm
質量:2.3kg
電源コードの長さ:4m
付属品:使い捨てダストパック25枚(1枚は本体内にセット済み)、壁置きパーツ、スタンド、モップ
参考価格(税抜):26,800円
発売日:2019年5月14日
※:日本工業規格C9108にもとづく測定方法による。

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事