「スタバのフラペチーノ容器」がアボカド栽培に神フィット!おしゃれ観葉植物に育つまで全記録

  • 2019年03月28日公開

こんにちは。
インテリアやDIYが得意なヨムーノライター、minminです。

忙しい日が続き人間はバテバテ……でも、元気いっぱいなのが我が家の「アボさん」ことアボカドの木!

アボカドの種の育て方は、意外と簡単。
スターバックスの空きカップなどを使って栽培すれば、とてもおしゃれなグリーンインテリアのできあがりです!

アボカドの種の育て方

パッと見ると、パキラのような観葉植物に見えますが、実はこれ、普段は捨てているアボカドの種を育てたものなんです。

アボカドの種を準備

なるべく種を傷つけないように、アボカドを切ります。
種を取り出しやすいよう、厚さは半々で切るのではなく、3:7くらいのバランスで切ると良いですよ。

種を取り出したら、薄皮を剥きます。

これで種の準備はOK!

スタバのフラペチーノカップが、簡単アボカド栽培に神フィット!

先のとがっている方から、割れて芽が出てきます。
なので、とがっている方を上に、丸いほうを下にして水につけます。

下からは根が出てくるので、種の下にスペースがないと上手く根が伸びません。

種の側面に爪楊枝を数本刺して、種が沈まないように器に引っ掛ける方法もありますが、種に爪楊枝を刺すのもなかなか一苦労。

そこで活用したいのが、普段は捨てているドリンクのプラカップなんです。

蓋の部分をひっくり返して、ストローをさす穴のところに種をセット!
種が半分ほど浸かるように、水を注ぎます。

よっぽど小さいアボカドでない限り、穴から種が落ちるということもありません。

水に浸けて3週間〜1ヶ月くらいで、種の下が割れてきて間から根が出始めます。
(冬場はもう少し時間がかかります。)

その後2週間くらいで、種の上部がパカッと割れて芽が出てくるんです。

このプラカップを利用した水耕栽培は、根が伸びるとカップがいっぱいになるので、ある程度成長したら土に植え替えることをおすすめします。

アボカドの種×スタバのフラペチーノカップは、涼し気なグリーンインテリアに

普段は捨ててしまうアボカドの種とドリンクカップ。
上手に育てられれば、収穫することもできちゃいます。

また、スタバのちょっとおしゃれなカップで育つアボカドの種は、グリーンインテリアとしても素敵にお部屋を彩ってくれますよ。 水の入った透明なフラペチーノカップは、日の光をキラキラと反射し涼しげで、春から夏のインテリアにピッタリ!

ゴミから生まれたとは思えない!?観葉植物、ぜひチャレンジしてみて下さいね!

minmin

インテリアやDIY、お掃除・整理収納など、日々の暮らしについてや、こだわったマイホームのお手入れのコツなどを発信中!

minmin の記事一覧を見る

関連する記事があります

特集記事

連載記事

この記事に似ている記事があります

新着記事