【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

【子ども用水筒決定版】ママが選ぶおしゃれなおすすめ&後悔しない選び方

  • 2020年08月27日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

子ども用の水筒は種類が豊富なため、何を基準に選べばいいかわからない!というママも多いですよね。

子どもの場合は素材や容量だけではなく、年齢にあった飲み口の形状を選んであげることも大切です。そこで今回は、子ども用水筒を選ぶときのポイントや、おすすめ商品をご紹介します。

子ども用水筒を選ぶときのポイント

1.子どもの年齢にあった飲み口

子ども用水筒の飲み口は、「ストロータイプ」「コップタイプ」「直飲みタイプ」の3種類があります。

中にはコップ付きの直飲みタイプや、年齢にあわせて飲み口を変えられる2way仕様の子ども用水筒もあります。 子ども用水筒は、どんな形状で、どんな特徴があるのか、詳しく見ていきましょう。

子ども用水筒:ストロータイプ

飲み口がストロー型になったストロータイプの水筒は、小さな子どもでも扱いやすい形状。こぼす心配もなく安心して使えるため、水筒デビューする2歳~3歳頃の子どもにぴったりです。

ワンタッチでストローが出てくる水筒が多く、開け閉めがスムーズで使い方もとても簡単です。

子ども用水筒:コップタイプ

フタ代わりになっているコップに注いで飲むコップタイプの子ども用水筒もあります。飲み口に直接口をつけないため、衛生的に使える点が最大のメリットです。

子ども用水筒:直飲みタイプ

いつでもどこでもすぐに飲めるのが、飲み口から直接飲むことができる直飲みタイプの水筒です。

手軽に水分補給できることや、たくさんの量をゴクゴク飲めるため、運動量が増える4~6歳頃の子どもにおすすめです。

幼稚園や保育園では、飲み口のタイプを指定している場合もあるため、事前に確認しておくと安心ですね。

2.子ども用水筒の素材

子ども用水筒の素材には、「ステンレス製」と「プラスチック製」の2種類があります。

どちらの子ども用水筒にもメリットとデメリットはあるため、それぞれの特徴をきちんと理解しておきましょう。

ステンレス製の水筒

ステンレス製水筒の大きな特徴は、保冷と保温のどちらにも優れているところ。

夏場は暑さで水筒の中身がぬるくなりやすいですが、ステンレス製なら外気の影響を受けにくいため適温を保てます。 ただし、ステンレス製水筒は重さがネックになるため、子どもが小さいうちはできるだけ軽いものを選んであげましょう。

プラスチック製の水筒

プラスチック製の水筒は、軽量なため小さな子どもでも持ち運びがしやすいのが特徴です。

リーズナブルな価格で購入できることもあり、子どもの年齢にあわせて水筒を買い換えたいときにもぴったりです。 しかし、ステンレス製のような保温・保冷効果はないため、暑い季節だと中身がぬるくなってしまうといった難点もあります。

3.子どもに最適な水筒の容量

子ども用の水筒を選ぶ際、どれくらいの容量が必要なのか悩む方も多いかと思います。

個人差はありますが、2~6歳頃までの子どもには、350~500ml程度の容量があれば十分です。

年齢が上がるにつれ飲む量が増えたり、季節や利用シーンによって変わったり、必要な容量はその時々によって変化します。 また容量は重さと比例するため、素材とのバランスを見ながら、子どもにあった水筒を選んであげましょう。

4.お手入れのしやすさ

子どもが幼稚園や保育園に入ると、毎日のように水筒を園に持っていくようになります。 そうなるとお手入れの回数もグッと増えるため、できるだけ洗いやすいものを選ぶのが◎。

ボトルはスリムなものだと底部分が洗いにいため、洗いやすさを考慮するなら太めのものがおすすめです。 水筒のパーツは少ないほどお手入れがしやすいですよ。パーツは分解して洗えるものを選ぶと良いでしょう。

5.ショルダー紐の有無

子ども用水筒を選ぶとき、ショルダー紐があるかどうかも大事なポイントになります。

幼稚園や保育園ではもちろん、お出かけシーンでもショルダー紐があると両手があくため何かと便利です。

もし気に入った水筒が紐無しタイプだった場合は、紐つきの水筒カバーを装着する方法も。シーンにあわせて使い分けることも可能ですよ。

おすすめの子ども用水筒【ストロータイプ】

子ども用水筒には様々な種類がありますが、年齢や使うシーンによって選び方が異なります。 どれを選んでいいかわからないという方のために、おすすめの子ども用水筒を厳選してご紹介します。

おいしい温度を保つ!サーモスの子ども用水筒

  • サーモス 真空断熱ストローボトル FHL-401F

出典:楽天

販売ページを見る(楽天)

販売ページを見る(Amazon)

数ある商品の中でも特に人気が高いのが、断熱効果に優れたステンレス魔法瓶サーモスの水筒です。

こちらは飲み口がストロータイプになっており、容量も400mlと子どもの水筒デビューにちょうどいいサイズ。シンプル構造でお手入れがしやすく、また軽量なので小さな子どもでも持ち運びしやすいですよ。

真空断熱ボトルで外気をしっかり遮断してくれるため、長時間おいしい温度を保ってくれます。

  • 素材:ステンレス
  • 容量:400ml

いちご柄がキュートなストロー付き子ども用水筒

  • Hanna Hula(ハンナフラ) ストロー付き水筒 いちご

出典:楽天

販売ページを見る(楽天)

販売ページを見る(Amazon)

かわいいものが大好きな女の子には、ハンナフラのいちご柄水筒がおすすめです。

子どもでも扱いやすいプラスチック製で、飲み口はストロータイプの水筒なのでマグを卒業したばかりの子どもにもぴったり。

こちらの水筒は食洗機に対応しており、お手入れがしやすいのでデイリー使いに最適です。

  • 素材:プラスチック
  • 容量:400ml

抗菌効果で清潔!象印の子ども用ステンレス水筒

  • 象印 ストロー付き水筒 SD-CB50-AA

出典:楽天

販売ページを見る(楽天)

販売ページを見る(Amazon)

保冷力に優れた象印のストロー付き子ども用水筒。飲み口には銀イオンによる抗菌加工が施されているため、菌の発生を抑えて清潔な状態を保てます。

さらに水筒の内側はフッ素加工が二重になっており、サビにも強いため塩分を含むスポーツドリンクを入れても大丈夫。 ショルダー紐が付いたポーチ付きなので、アクティブに動き回っても水筒をキズから守ってくれます。

  • 素材:ステンレス
  • 容量:520ml

ヘラジカをモチーフにしたユニークな子ども用水筒

  • Sopito ストロー付き水筒 コーラルピンク

販売ページを見る(Amazon)

ヘラジカをモチーフにした、遊び心たっぷりのステンレス製のストロー付き水筒。

子どもだけではなくママでも使えるおしゃれなデザインで、贈り物としてもおすすめです。

有害物質を含まないBPAフリーの素材を使用しているため、小さな子どもでも安心して使えます。 こちらは紐なしタイプの水筒なので、普段のお出かけやピクニックなどのお供におすすめです。

  • 素材:ステンレス
  • 容量:450ml

おすすめの子ども用水筒【コップタイプ】

ポップな色使いがかわいい!子どもに人気のアニマル柄水筒

  • パーティパーティアニモ 2way水筒 タイガー 出典:楽天

販売ページを見る(楽天)

ポップなデザインがかわいい「パーティパーティアニモ」のステンレス製水筒。 コップと直飲みの2通りの使い方ができるため、シーンや子どもの成長にあわせて飲み口を変えることができます。

保冷・保温効果の高いステンレス製、そして体に負担が少ない軽量タイプなので快適に使えますよ。 周りの子とかぶらないような、ちょっぴり個性的なデザインの子ども用水筒をお探しの方にぴったりです。

  • 素材:ステンレス
  • 容量:コップ飲み口430ml、直飲み口470ml

子どもが持ち歩きやすい!コンパクトなステンレス水筒

  • ミキハウス ダブルB ステンレス製水筒

出典:楽天

販売ページを見る(楽天)

販売ページを見る(Amazon)

ミキハウスのステンレス製水筒は、容量370mlと子どもでもラクラク持ち運べるコンパクト設計。 ピンクのドット柄デザイン、ブルーのボーダーデザインは、ミキハウスならではの子どもらしいかわいさが特徴的です。

こちらはコップタイプの水筒ですが、直飲み対応の飲み口のため、冷たい飲み物であれば直接飲むこともできます。 容量よりも持ち歩きやすさで選ぶなら、400ml以下のコンパクトサイズがおすすめです。

  • 素材:ステンレス
  • 容量:370ml

軽さが魅力!スタンプルのコップ付き子ども用水筒

  • stample(スタンプル) コップ付き軽量水筒

出典:楽天

出典:楽天

販売ページを見る(楽天)

男の子でも女の子でも使える、スタンプルのアニマル柄子ども用水筒です。

中栓をくるくる回してコップに飲み物を注ぐタイプのもので、他の水筒とは使い方が少し異なります。 ボトル本体の口が大きいため、飲み物を注ぎやすく洗いやすい形状です。

軽さが魅力のプラスチック製、さらにはコップで飲むことで清潔を保てるところも嬉しいポイントです。

  • 素材:プラスチック
  • 容量:380ml

おすすめの子ども用水筒【直飲みタイプ】

ママも使いたくなるカラフルなドット柄水筒

  • ケユカ コットンドット 子ども用水筒

出典:楽天

販売ページを見る(楽天)

ケユカの子ども用水筒は、キャラクターものが苦手なママにおすすめしたいアイテム。 カラフルなドット模様は、子どもだけではなくママも使える大人かわいいデザインが魅力的です。

そのまま飲める直飲みタイプのため、幼稚園や保育園でも手軽に水分補給ができて便利です。 大きすぎず小さすぎないサイズで、小学校前の子どもが使うのにちょうどいい大きさです。

  • 素材:プラスチック
  • 容量:450ml

子どもから大人まで使える!サーモスの直飲み水筒

  • サーモス 真空断熱ケータイマグ JNL-402

出典:楽天

販売ページを見る(楽天)

販売ページを見る(Amazon)

サーモスのケイタイマグは、重さ約180gと超軽量のコンパクトサイズの水筒です。 ワンタッチで簡単にフタを開閉でき、子どもから大人まで使えることから家族と兼用で使用することも可能。

飲み口部分のパーツはすべて分解できるため、お手入れがしやすいところも人気ポイントです。 ショルダー紐は付いていませんが、別売りで専用カバーを購入することもできます。

  • 素材:ステンレス
  • 容量:400ml

子どもが大きくなっても使える!タイガーのステンレス水筒

  • タイガー 2wayステンレスボトル MBO-G050-PR

出典:楽天

販売ページを見る(楽天)

販売ページを見る(Amazon)

長く使える水筒をお探しなら、小学生になっても使えるタイガーの2wayステンレスボトルがおすすめ。

直飲みとコップ飲みの両方できるため、子どもの成長にあわせて使い分けることができます。

リボンやハート模様の水筒ポーチは、高学年になっても使える飽きのこないデザインが特徴的。 ボトル内部は「スーパークリーン加工」が施され、汚れやニオイがつきにくいため清潔に使えます。

  • 素材:ステンレス
  • 容量:コップ飲み口500ml、直飲み口540ml

子どもにあったベストな水筒を選ぼう

ステンレス魔法びんで人気のサーモスをはじめ、子ども用水筒には様々な種類があるため迷ってしまいますよね。

子ども用水筒を選ぶときは、「飲み口・素材・容量」に加え、お手入れのしやすさやショルダー紐の有無もチェックしておきたいポイント。 中でもストロータイプや直飲みなど、飲み口は使いやすさを左右する重要なポイントでもあります。

それぞれの特徴をきちんと理解し、子どもにあったベストな水筒を選んであげましょう。

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事