業務スーパーの「1個5円未満」肉だんごが神!おかずも弁当もラクラク格上げの圧倒的救世主

  • 2019/04/16

こんにちは、3歳と4ヵ月の兄弟を育児中のヨムーノライターこゆきです。

我が家は親子そろって食べるのが大好き!
なので、コスパがいいスーパーをはしごしたり、まとめ買いをするのが日常となっています。

その、はしごするスーパーの1つ業務スーパーから何かと使い勝手の良い「業務用肉だんご」を使った我が家のレシピをご紹介します。

【業務スーパーまとめ】ヨムーノライターが買い続ける食品とは?

冷凍食品・チルド・お菓子まで厳選まとめはこちら

1個当たり5円未満「業務用肉だんご」500g160円(税抜)

肉だんご1個当たりの大きさは、直径約3cm、約15g程度。
だいたい1袋に33~34個程度入っています。

鶏ミンチ使用だから和洋中問わず使える!

原材料は鶏肉のミンチで、入っている野菜は玉ねぎのみととってもシンプル。
主張しない味付けなので、和洋中問わず、様々な料理に使いやすいです。

食感も柔らかすぎず、固すぎないので、子どもにも食べさせられます。

「業務用肉だんご」を使った我が家の肉だんごのスープ

野菜炒めなど、炒め物に使う場合には、事前に解凍してから使ったほうが良いですが、煮物の場合は、凍ったまま入れてもOKでした。

業務用肉だんごを、白菜や青梗菜などの葉物野菜と一緒に、鶏がらスープか中華だしで味付けした中華スープ。
肉だんごが入るとボリュームが増すので、あと一品ほしい時や育ち盛りの子ども達にも◎。

玉ねぎや人参などの根菜やキノコ類、もやしなど様々な野菜を入れることができるので、冷蔵庫の残り物野菜を一掃することもできて一石二鳥。

はるさめも入れれば、さらにボリュームを増やすことができるので、ダイエット時のスープにも一役買ってくれます。

カレーにトッピング

疲れてしまって夜ご飯を作る気力がない時に、ついつい頼ってしまうレトルトカレー。
ですが、市販のレトルトカレーは、具が小さく食べ応えが少ないものが多いですよね。

そんな時に、この肉だんごをトッピングして、肉だんごカレーにすると、我が家の肉食男子は喜びます。

肉だんごの温めは、600Wの電子レンジで1分程度(3個の場合)。
お使いの電子レンジによっては少し前後するかもしれません。

息子がまだ3歳ということもあり、塊のお肉がまだうまく噛み切れないため、ルーを使ってカレーやシチューを作るときにも、この肉だんごを入れることがあります。

まとめ

圧倒的なコスパを誇る業務スーパーの「業務用肉だんご」。
一口サイズよりも大きめな肉だんごなので、メイン料理として使うのはもちろん、今回のようにちょっとボリュームを出したいときにも使える優れもの。

冷凍庫にストックしておくといざという時にとっても助かります。
なんといってもこのコスパは本当にお得! 日々のごはんづくりだけでなく、お弁当にいれてもよさそうです。

ヨムーノ編集部

2019年5月7日までサーティワンアイスクリームギフト券が抽選で当たるキャンペーン開催中!詳しくはヨムーノ公式Twitterアカウントをチェック♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

関連する記事があります

特集記事

連載記事

この記事に似ている記事があります

新着記事