【ニトリ×セリア】でカラボを簡単リメイク!ワゴン収納でデッドスペース問題を解決

  • 2019年04月16日公開

こんにちは。 インテリアやDIYが得意なヨムーノライター、minminです。

我が家には、幅75cm・奥行き85cmと、横幅より奥行きが長い、使いにくい収納があります。 ニトリの超定番家具「カラーボックス」を、100円ショップ「Seria(セリア)」のグッズでプチリメイクして、奥行きのある収納を使いやすくする工夫を紹介します。

奥行のある収納のデッドスペース、解決したい!

収納スペースの後ろの方にしまったものは取り出しづらく、よく使うものはしまいたくないし、使用頻度の低い物をしまったら、そのまま忘れてしまっていた……なんてことありませんか?

奥行きのある収納だと、なおさらです。

我が家ではもともと、収納スペース内部の奥の壁に収納棚をつけ、そこをメインに使用していました。
しかし、それでは手前の空きスペースがもったいない。

そこで、簡単にできるDIYで奥行きを有効活用しようと考えました!

合わせて読みたい!保存版セリアパトロール

【保存版】セリアおすすめ!話題になったアノ商品

ニトリのカラボをリメイクして、引き出し式ワゴンのように

材料

  • カラーボックス(ニトリ)×2
  • キャスター(100均)×8
  • 取っ手(セリア)×2

作り方

まずは、カラーボックスの底の4角に、ドライバーを使ってキャスターを取り付けます。

次に、既存の側面の穴に、取手を付けます。

外側の穴に取手のネジの軸を通し、裏から付属のナットで留めます。

ニトリのカラボは、外側にもダボ穴が開いているので、リメイクしやすいんです。

裏から見るとこんな感じです。

もうひとつのカラーボックスは、収納面が向き合うよう、取っ手を反対側に取り付けます。

あっという間に完成です!

取り出しづらいorデッドスペース……プチストレスが解決!

カラーボックスは通常、正面に向けて設置しますが、キャスターを取り付けて簡単に引き出せるようにリメイクし、向かい合わせで使用すれば、収納力もグンとアップします。

キャスターを付けると、掃除も楽になります。
奥行き収納の使い勝手が格段にアップしますよ!ぜひ試してみてくださいね!

minmin

インテリアやDIY、お掃除・整理収納など、日々の暮らしについてや、こだわったマイホームのお手入れのコツなどを発信中!

minmin の記事一覧を見る

関連する記事があります

特集記事

連載記事

この記事に似ている記事があります

新着記事