【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】
診断テスト

保温弁当箱の上手な選び方とサーモス・象印・タイガーのおすすめ12選

  • 2020年04月24日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

お弁当の中のご飯やおかずが冷たくて味気ない、という思いをしている方はいませんか?せっかくのランチタイム。ホッカホカの温かいご飯を食べたいですよね。

そんな方におすすめしたいのが「保温弁当箱」です。詰め込んでから数時間経っても、温かいご飯を食べられる優れものです。

今回は特に保温性に優れていると言われる、サーモス・象印・タイガーの3つのメーカーを中心に、さまざまなタイプの保温弁当箱をご紹介します。選び方のポイントや、食中毒にならないための上手な使い方もあわせて紹介します。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗にて臨時休業や営業時間の変更等が予想されます。事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

【読者のみなさまへ】「いま、ヨムーノがお役に立てること、考えてみました」

保温弁当箱を選ぶポイント

保温弁当箱を初めて購入する場合、どのような基準で選べばよいのかわからない、という方もいるかもしれません。こちらでは、知っておきたい3つのポイントをご紹介します。

保温弁当箱の「保温効力」をチェックしよう!

保温弁当箱は、温かさを長時間保持できるのが一番大きな特徴です。どれほどの保温能力があるのか?という目安になるのが「保温効力」です。保温効力は、次のような方法で計測して表示することができます。

室温20℃(±2℃)で2時間以上フタを開けた製品に、沸騰したお湯を入れます。そしてお湯の温度が95℃(±1℃)になったときに、フタを閉めてそのまま放置します。メーカーはこの条件下で、何時間放置して何℃以上を保てるかを記載できるのです。

例えば「保温効力:65℃以上(6時間)」と表示された製品ならば、お湯が95℃の時に栓をして6時間後に65℃以上の温度が保てるものである、ということです。保温弁当箱の保温力がわかる数値なので、ぜひチェックしてください。

保温弁当箱は、持ち運びがしやすく、使いやすいサイズを選ぶ

保温弁当箱には、さまざまな形状やサイズがあります。購入する際には、通勤バッグや通学バッグと相性のよい形状のものを選びましょう。バッグの中に収まりやすいものや、持ち運びがしやすいように工夫がされているものがおすすめです。

さらに、利用する人に適応した容量の保温弁当箱を選びましょう。がっつり食べたい人には1合飯以上のサイズ、小学生のお子さんや女性であれば0.5合程度のサイズがおすすめです。無駄に大きなサイズは、中味が片寄ったり、持ち歩くのに邪魔になります。

保温弁当箱は、洗いやすく、清潔に使えるものを選ぶ

毎日使う弁当箱。洗いやすくて、清潔に衛生的に使いたいものです。容器やフタ、ゴムパッキンなど、まとめて丸洗いできるタイプがおすすめです。保温弁当箱の中には、食器洗い機に対応している商品もあります。

またメーカー独自の抗菌加工や、ニオイや汚れが落ちやすいようにコーティング加工された保温弁当箱もあります。購入する時は、ぜひこれらのポイントもチェックしてみましょう。

保温弁当箱の種類

保温弁当箱には大きく分けて3つの種類があります。

保温弁当箱の種類①スープもご飯もホッカホカ!ランチジャータイプ

「ランチジャー」は、魔法瓶の構造を利用した保温弁当箱のことです。真空断熱などを施した保温容器に、ご飯、スープ、おかずの容器を入れるタイプです。これら3つの容器を全部入れられるタイプもあれば、スープとご飯だけを入れられるタイプ、ご飯だけ保温容器に入れるタイプなどに分かれます。

屋外で仕事をしている人や、オフィスに電子レンジがない人などにおすすめです。

保温弁当箱の種類②人気上昇中のカフェ丼タイプ

「カフェ丼」タイプは女性を中心に注目度がアップしている保温弁当箱です。保温容器にご飯を詰め込み、その上におかず容器をのせる2段式になっています。特徴的なのはその形状です。可愛いどんぶり型をしており、食べ口が広いので本物の丼物を食べている気分を味わえます。

汁気の多い具を、食べる直前にご飯にかけるので、ご飯がグチャっとしないのがメリットです。ご飯はもちろん、パスタやうどんなどの麺系ランチもOKです。

保温弁当箱の種類③シンプルに使いたいならスープジャータイプ

「スープジャー」は、筒形をした魔法瓶構造の保温弁当箱です。水筒と大きく異なる点は、飲み口が広く設計されていることです。そのため野菜やお肉がゴロゴロしたシチューやリゾットなども簡単に入れられて、食べる時も容易にスプーンすくえます。

保冷効果があるものがほとんどなので、メロンやパイナップルなどのカットフルーツを冷やして持って行ってもいいでしょう。

保温弁当箱の夏の使い方には注意

保温弁当箱は正しい使い方をすれば、暑い夏でも利用することができます。こちらでは食中毒を起こさないような使い方のポイントをご紹介します。

食中毒の危険性と予防法

まずは、細菌が活発に繁殖する温度が30~40℃であること、そして65℃以上であればほとんどの細菌は死滅することを覚えておきましょう。

つまり弁当箱の中が、30~40℃にならないように注意すれば、夏でも安心して利用できるということです。そのために気をつけるポイントは次の通りです。

  • 清潔な保温弁当箱に詰め込むこと。
  • アツアツの状態のご飯やスープを入れて直ぐにフタを閉めること。(冷まさない!)
  • おかずはしっかり冷ましてからフタをする。
  • 直射日光が当たる場所、車の中など高温になりやすい場所での保管は避ける。
  • 傷みやすい(生ものなど)おかずは避ける。
  • 詰め込んだ後は、6時間以内に食べる。
  • 複数回に分けて食べない。(一度フタを開けると温度が下がり、細菌も入りやすい)

お弁当箱はしっかり洗い、利用する前に熱湯で消毒することをおすすめします。 中途半端な温度で詰め込むことはNGです。熱いものは熱いまま、冷ますものは冷ましてから入れましょう。

またほとんどのメーカーでは、6時間以内での利用を推奨しているようです。安心して使うためにも、説明書を必ず一読してください。

ヨムーノメイト「愛用中の保温弁当箱」選んだ理由も

ここでは、お料理上手なヨムーノメイト(ヨムーノ公式インスタグラマー)が実際に使っている保温弁当箱を紹介します。

@yukiistarさんの保温弁当箱は「サーモス 真空断熱スープジャー」

販売ページを見る(楽天)

ヨムーノメイトの@yukiistarさんは、サーモス「真空断熱スープジャー 380ml ネイビー」を愛用しています。お弁当にパンだけだと物足りないと感じ、保温弁当箱にスープを入れて子どもにもたせているんだそう。

選んだ理由

「サーモスを選んだ理由は、保温性においてブランドへの信頼があったからです」

心がけている保温弁当箱の詰め方

「保温機能を高めるため、中身を詰める前にお湯を入れて、あらかじめジャーの中を温めています」

保温弁当箱の失敗談

「保温機能を高めようと、中身を詰める前に熱しすぎたお湯を入れてしまい、子どもがお弁当を食べる時に熱すぎてなかなか食べられなかったことです」

保温弁当箱のおすすめ【サーモス】4選

世界中で使われているサーモスの魔法瓶。その技術を利用した保温弁当箱も高い評価を得ています。

サーモス「真空断熱スープジャー 380ml JBU-380」

出典:楽天

販売ページを見る(楽天)

販売ページを見る(Amazon)

こちらは、ヨムーノメイトの@yukiistarさんも愛用している保温弁当箱です。

ステンレス魔法瓶と同じ構造の真空断熱で、スープを長時間保温できるジャーです。使い方はとってもシンプルです。フタを開けて熱いスープやシチューなどを詰め込むだけで、ランチタイムにはあったかいスープがいただけます。

こちらは380mlですが、同シリーズには300mlタイプもあります。必要な量に応じて選んでください。

サーモス 「ステンレスランチジャー1.3合 JBG-1801 MDB」

出典:楽天

販売ページを見る(楽天)

食べ盛りの子どもや、がっつりランチを食べたい男性におすすめの保温弁当箱です。お茶碗3杯分のご飯が入る容器、300mlのスープ容器、そしておかず容器の全てが保温容器に入るタイプになっています。

おかず用の容器だけ、常温保存できるように工夫されているのが大きな特徴。保冷効力もあるので、暑い夏には冷やしメニューをひんやり状態で食べることもできます。3つの容器はもちろん、保温容器も丸洗いできる衛生的な保温弁当箱です。

サーモス 「ステンレスランチジャー 0.6合 JBC-801」

出典:楽天

販売ページを見る(楽天)

販売ページを見る(Amazon)

先ほどと同じタイプのステンレスランチジャーですが、こちらは女性やお子さんにぴったりのコンパクトサイズです。お茶碗1杯強のご飯が詰められます。お箸ケースや、らくらく持ち運びできる専用バックが付いているのがポイント。コーラルピンクとネイビーの2色から選べます。

サーモス「保温弁当箱 1合 DBQ-502 MTBK」

出典:楽天

販売ページを見る(楽天)

販売ページを見る(Amazon)

ご飯だけをステンレス製の魔法瓶で保温してくれる保温弁当箱です。2個のおかず容器とお箸ケースは専用のポーチに入れて、まとめて持ち運びができます。

おかずの容器は電子レンジでの使用が可能です。ブラックの専用ケースはバックルストラップ式。保温弁当箱がバッグの中に入らない時は、ビジネスバックの取っ手の引っ掛けることができます。

保温弁当箱のおすすめ【象印】3選

日本が世界に誇る魔法瓶をメインに扱っている象印。保温性に優れた保温弁当箱も取り扱っています。抗菌効果のある「Ag+抗菌加工」や、汚れやニオイがつきにくい「クリンベル加工」を施しているのが特徴です。

象印 「ステンレスランチジャーお・べ・ん・と SL-XE20-AD」

出典:楽天

販売ページを見る(楽天)

象印の魔法瓶構造をそのまま利用して、ご飯やスープ、おかずの容器を入れられる保温弁当箱です。各容器の内側はクリンベル加工がされているため汚れが付きにくく、簡単にお手入れできるのが特徴です。

こちらのSL‐XE20は、お茶碗4杯分のご飯を詰められる大容量タイプ。育ち盛りのお子さんや、家族でレジャーを楽しむ時におすすめです。

象印「保温弁当箱 お・べ・ん・と SZ-JB02」

出典:楽天

販売ページを見る(楽天)

軽くてスリム、バッグのすき間にスッと縦に入れられる保温弁当箱です。こちらはご飯だけを、魔法瓶保温ケースに入れるタイプになっています。2つのおかず容器は、密閉性が高くて汁が漏れにくいのがポイントです。

菌の発生を抑制するAg+抗菌加工がされているので、お子さま用としても安心して持たせられますよ。可愛らしい専用ポーチのジッパーを全開すれば、ランチョンマットとして使えます。

象印「ステンレスクック&フードジャー SW-JA75」

出典:楽天

販売ページを見る(楽天)

販売ページを見る(Amazon)

95℃のスープを入れたなら、6時間後でも73℃以上を保持できるという優れもののスープジャーです。使い方はとっても簡単。シチューやラタトゥイユ、おでんなどの料理をいったん加熱して、そのままジャーへ詰め込んでフタをします。

火の通りが少し悪い食材でも、スロークッカーのようにじっくり火を通してくれるのが大きな特徴です。クックパッドのオリジナルレシピ冊子が付いてくるので、いろんな料理にチャレンジしてみましょう! 

保温弁当箱のおすすめ【タイガー】3選

炊飯ジャーでおなじみのタイガーも、保温弁当箱を扱っています。タイガーでは、嫌なニオイや汚れが付きにくい「スーパークリーン加工」を施しているのが特徴です。

タイガー「ステンレスランチジャー LWU-A172」

出典:楽天

販売ページを見る(楽天)

販売ページを見る(Amazon)

ご飯茶碗3杯分が詰め込める、1.4合タイプのランチジャーです。保温容器にスープ、ご飯、おかず容器の順に入れてください。本体のフタは頑丈ロック構造になっているため、汁もれを起こす心配がありません。

男性でも使いやすい長さ20cmのお箸や、持ち運びに便利なワンタッチ着脱ベルトなどが付属しているのも嬉しいポイント。野外で仕事をしている方や、ランチは量を重視したい男性におすすめの保温弁当箱です。

タイガー「まほうびん弁当箱 プレイシャスゴールド LWY-L024」

販売ページを見る(Amazon)

シャイニングゴールドが眩しいボストンバック仕様の保温弁当箱です。ご飯の容器だけを魔法瓶構造の保温容器に詰め込むタイプになっています。

バッグには、ご飯と一緒におかず容器2個とお箸がコンパクトに収まります。持っているだけでワクワクするような可愛いモデルは、ガールズや女性におすすめです。

タイガー「スープジャー 380ml MCL-B038-YS」

出典:楽天

販売ページを見る(楽天)

販売ページを見る(Amazon)

容量380mlのスープジャーです。スープの残量が少なくなっても、スプーンですくいやすいように底が丸く加工されています。バッグのすき間スペースに入れやすいコンパクトサイズも高ポイント。

同シリーズは美しい色が揃っているので、お好きなカラーを選んでスープランチを楽しみましょう。

カフェ丼タイプのおすすめ保温弁当箱2選

最後に人気の丼ぶり型の保温弁当箱を2点ご紹介します。

アスベル「ランタス カフェ丼ランチ HLB-CD620」

出典:楽天

販売ページを見る(楽天)

アスベルは、使いやすさを追求した日用品を製造&販売するメーカーです。弁当箱のランタスシリーズの中でも一番の売れている商品が、こちらのカフェ丼保温弁当箱です。ご飯とおかずが310mlずつ入ります。

ご飯と丼ぶりの具を、それぞれ温めてから本体容器に詰め込みましょう。電子レンジがない場所でも、あったかい丼物をおいしく味わえますよ。別途販売の専用バッグを利用すれば、持ち運びが便利でさらに温かさも長持ちします!

スケーター「丼ぶり保温弁当箱 800ml ファインスタイル KLDNC8」

販売ページを見る(Amazon)

プラスチック製の家庭用品を製造&販売しているスケーターの丼型保温弁当箱です。真空二重構造のステンレス保温ジャーに、ご飯は500ml、丼ぶりの具は300ml詰められるサイズになっています。

ご飯茶碗で約2杯半の容量があるので、がっつり食べたい男性におすすめです。保冷効果もあるので、暑い夏には冷やしうどんも楽しめます。専用バッグが付属しています。

保温弁当箱で温かいものを食べる幸せを実感しよう!

保温弁当箱の選び方のポイントと、おすすめ商品をご紹介してきました。仕事や勉強が大変でも、温かくておいしいお弁当を食べれば、誰でも幸せな気分になります。

屋外で仕事をする人、電子レンジがない場所で食事をすることが多い人は、今回ご紹介したような保温弁当箱を活用して、ランチタイムのひとときを満喫しましょう。

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事