要注意!金運が急激に下がる「絶対やってはいけないNG風水」ワースト10

  • 2019年04月26日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。
浪費してるつもりはないのに、なぜかお金が貯まらない……。
それは、知らないうちに金運が逃げているからかもしれません。
うっかりやりがちな「NG風水」ワースト10をご紹介します。

教えていただくのは、ご存知Dr.コパ。
ここから先は、Dr.コパの生セリフでお届けしますよ。
耳の穴をかっぽじって、よーくお聞き(じっくりお読み)ください!

Dr.コパ
「西に黄色で金運アップ」のフレーズを広めた、日本における風水の第一人者。テレビ、雑誌、webをはじめ幅広く活躍。一級建築士、神職。
Dr.コパ

うっかりやりがち!金運が下がる「NG風水」ワースト10発表!

やあ、コパだよ。
金運をだだ下がりさせてしまう、「絶対やってはいけない風水」。みんながやりがち&悪影響があるものを教えるからね。

NG風水10位:使い終わった財布を処分する

使い終わった財布には「お金の記憶」が残っているから、大切な金運アップアイテムなんだ。買い換えても捨てちゃダメ。処分するのは、金運を捨てるのと同じことだよ!

▶︎対処法:使い終わった財布は、ラベンダー色の布で包んで北側の収納で休ませて。

NG風水9位:キッチンに財布を置く

火と水を使うキッチンは、風水的にはダメージ空間。そこに財布を置くと、金運が急降下します。買い物から帰って、キッチンカウンターに一時的に置くのもNGだよ。

▶︎対処法:家の中心近くか北側の部屋に、財布の収納場所をつくろう。

NG風水8位:トイレにスリッパがない

トイレは厄落としをする場所なので、床には厄がたくさん落ちています。スリッパがないと、床に落ちた厄を直接踏むことになり、体内に厄が入ってきてしまうよ。

▶︎対処法:トイレにはトイレ専用のスリッパを置こう。

NG風水7位:部屋着のまま寝る

人は睡眠中に体内から厄を吐き出します。同じスウェットを部屋着とパジャマの兼用にすると、厄がついたパジャマを着続けることになるのでNG。

▶︎対処法:必ずパジャマに着替えてから寝よう。

NG風水6位:トイレにカレンダーを貼っている

トイレには厄が充満しているので、トイレに置いているモノには厄がつきます。厄のついたカレンダーでスケジュールを立てると、急に予定が狂ったり、思わぬアクシデントに見舞われることに!

▶︎対処法:トイレにはカレンダーや写真などを置かないこと。

NG風水5位:生活費を袋分けする

金運は淋しがり屋なので、みんなで一緒にいたがります。またお金の住まいは、封筒ではなく財布。封筒は居心地が悪いので、早く出て行ってしまいますよ。

▶︎対処法:家計管理は袋分け以外の方法で。

NG風水4位:エプロンをしないで料理をする

風水では「火」や「水」はダメージとみなします。エプロンは火や水の凶作用から身を守ってくれるガード役なんですよ。

▶︎対処法:料理をするときは必ずエプロンをしよう。

NG風水3位:玄関に子どものおもちゃを置く

三輪車、ボール、砂場遊び用のおもちゃなどを玄関に置くと、家族が遊ぶことばかりに気を取られるように。ついつい浪費してしまうよ。

▶︎対処法:他の場所に移動させるか、下駄箱の中にしまって。

NG風水2位:風呂の残り湯で洗濯する

風呂の残り湯には体内から出た厄が混じっているので、残り湯を使用すると洗濯物に厄がついちゃうよ。

▶︎対処法:残り湯を洗濯に再利用する場合は、粗塩をひとつまみ振りかけよう。

NG風水1位:冷蔵庫のドアにメモを貼る

風水では、すべての「扉」を運気の入り口と考えます。扉にモノが貼ってあると、それが邪魔になって、いい運気が中に入れません。食材の運気がダウンして、それを食べた家族の運気もダウンします。

▶︎対処法:冷蔵庫の扉には何も貼らない。サイドならOK!

まとめ

さーて、いくつ当てはまったかな?
1つでも当てはまったら、金運に逃げられる可能性があるからね。
簡単なことばかりだから、まずは対処法を取り入れてみてね。お金持ちの一歩だよ!

ヨムーノ編集部

【開催中】
・「サーティワン アイスクリーム レギュラーシングルギフト券」が抽選で当たるキャンペーン!詳しくはヨムーノ公式Twitterアカウントをチェック♪
・「To May(トゥーメイ)マルチポット」が抽選で当たるキャンペーン♪オウチーノ公式Instagramアカウントをチェック♪

【募集中】
素敵な写真やアイデアを投稿したり、モニターやアンケートにご協力いただく「ヨムーノメイト(ヨムーノ公式インスタグラマー)」を募集しています。詳しくはこちら

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

関連する記事があります

特集記事

連載記事

この記事に似ている記事があります

新着記事