ノリにノッてる!?セブンイレブンの”生どら”がマシマシでお得な件

  • 2021年03月23日更新

こんにちは、ぼくヨムーノ編集部です……と、「どら焼き」ネタならドラえもんしか思い浮かばない昭和なヨムーノ編集部です。

昔ながらの和菓子と言えば「どら焼き」。いまでは、小豆のあんこだけではなく、ホイップクリームや抹茶など、どら焼きの皮を使っていろいろな食材が挟まれるようになりました。ここでは、身近なセブンイレブンで見つけた、インパクトが凄い生どら焼をご紹介します。

セブンプレミアムからお弁当まで!毎週編集部が実食中

セブンイレブンおすすめ商品リストはこちら

セブンイレブン「こだわりあんこ&ホイップ生どら焼」(税込224円)

▲2019年5月7日(火)以降順次発売

パティシエの声から生まれた卵「エグロワイヤル(R)」を使用しています。

セブンイレブンのどら焼きの皮は、しっとりして食べやすいのですが、5月7日の新商品は”より”しっとり、もっちりした食感にパワーアップしています。

ホイップクリームたっぷりの割にはクリームの存在感は薄く、あんこ大好き人間を喜ばせてくる生どら焼です!

要冷蔵ですので、買ってすぐ食べない時は忘れずに冷蔵庫に保管しましょう!!

セブンイレブン「たっぷり苺みるくくりぃむ生どら焼」(税込297円)

▲販売地域全国(九州除く)

たっぷりのクリームを挟んだどら焼です。
甘酸っぱい苺クリームと、クリーミーなミルククリームの二層仕立てになっています。

こちらも要冷蔵です。

どら焼きの皮にクリームがこれでもか~と乗せられて高さがでてますね。
倒壊しないようにフィルムがされています。

こんな風に高さがあると、食べる時に”あごが外れる……”と、言っちゃうのは昭和でしょうか(;^_^A

2種ともシュワシュワ~な、軽い感じで食べやすいクリームです。
苺クリームの方がミルククリームよりも、味に特徴があるので濃いので苺味ですね。

そのまま縦で食べると食べにくいですが、横にもって食べると食べやすいです。そして意外と軽いし、デカくてボリュームがあると思いきやクリームが軽いので完食はあっと言う間でした。

いかがでしたか?
知る人ぞ知るセブンイレブンの生どら焼きシリーズ。定期的に新商品が出ていますね。

どちらも200円超えと、比較的高めの価格設定だと思いますが、しっとり感やボリューム感など美味しさはなかなかのものです。

この機会にドラえもん……じゃなくて、どら焼きをお茶うけにしてみてはいかがでしょうか。この季節ならアイスコーヒーにも合うかもしれないですね。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事