【階段下収納事例】無印良品の収納ケースとニトリのつっぱり棒が大活躍

  • 2019年05月17日公開

こんにちは、片づけ遊び指導士でヨムーノライターのpink.m.kです。建売住宅を自分好みのおうちにするべく日々奮闘しています。

階段下の収納スペースは家の作りで十人十色。
奥行があるなら、引き出しタイプの収納グッズを投入したり、突っ張り棚を利用して微妙に余ってる空間を活用したりしながら「悩める空間」から「使い勝手が抜群な空間」に変身させちゃいましょう。

我が家の悩める空間

うぐぅ……仮にも「片付け遊び指導士」が聞いて呆れる(笑)。 いやいや、でもこうなったのには訳が~~訳があるのです(言い訳っぽいですが)。

元々この場所には、山善の深めの引き出しを置いて使用していました。
ところが、2階のクローゼットで、その引き出しを使用するようになったので、ここで使う収納棚がなくなってしまったのです。

我が家の階段下収納は、リビングの中心にあるので、ここに細々したものを収納するように変化していきました。

例えば、ホコリ取りグッズやポケットティッシュ。さらには夫が職場で使用する書類関係などもここに置くと使い勝手がいいからと置かれるように。

深めの引き出しで収納するものが逆に無くなってきたので、ここには細々したグッズのサイズに合わせて小さな引き出しを使用した方がいいのでは?

と、思うようになり。
なかなか時間に追われて収納の見直しができず……”悩める空間”化となりました。

収納グッズといえば無印良品

そこでサイズ展開が豊富でスッキリとした収納グッズが豊富な無印良品に足を運んで、収納物に応じてグッズを調達してみました!

もちろん、無印良品週間の影響です。

初めに準備したモノ

無印良品のポリプロピレンケースのホワイトグレーの引き出し。
収めてみるとこんな感じです!

どうですか?
上段がだいぶ見た目にスッキリしたと思います!

また、ニトリのインボックスを用いてよく使うリュックや紙袋類も空いてる空間に種類別にスッキリ収納できました。ちなみに引き出しの中はこんな感じ。

小引出しの方は中に仕切りがついているので、電池類などは種類分けをして収納してみました。

黒いリュックに防災グッズを収納していたのですが、定期的に中身をチェックしやすいようにリュックから出しました。

防災グッズは無印良品の「ポリプロピレン頑丈収納ボックス(小サイズ)」に収納しました。

もう1つ収納したいモノ

ここは、リビングにある唯一の扉付き収納ということで……。 子どもたちの上着類を収納して、自分たちで出したり片付けたりさせたいな〜と考えました。

今まではリビングにあるチェストの引き出しの中にしまっていました。
そうなると、上着を片付ける時に畳まなきゃいけない。自然と脱ぎっぱなしになる……という負のループが完成。

ニトリで購入した「強力・極太つっぱりポール」を設置してみました。
こちらとてもしっかりと設置できるので、重いものを引っ掛けても落ちてくることがありません(※)。

※耐荷重参考値:
178cm時25kg以下
283cm時12kg以下

引っ掛けてみました!いい感じです♩

改めまして階段下のビフォー

アフター

スッキリいい感じです。
使い勝手もよくなり、さらには細かなグッズを投入することで収納力も上がりました。

手前から奥の空間までしっかり使い切ることが出来たように思います。
階段下の収納って、妙な奥行があったり、斜めになってる壁があったり……と活用しにくいゾーンのひとつだと思います。

お読みいただきありがとうございます。

数年前に購入した建売住宅を少しずつ自分好みのおうちにするべく、日々奮闘中。 ナチュラルインテリアが好きで、最近では北欧系のインテリアやスッキリとしたインテリアにも興味があり、北欧ナチュラルなおうち造りを目指しています。 インテリアやハンドメイドに関する記事をゆる~く更新していく予定です。

pink.m.k の記事一覧を見る

関連する記事があります

特集記事

連載記事

この記事に似ている記事があります

新着記事