インスタ猛者300人中「NO.1シンプル達人」子ども3人に見えない!おしゃれリビングのコツ5選

  • 2021年03月23日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

暮らしを楽しむくふうやアイデアが素敵な、ヨムーノメイト(ヨムーノ公式インスタグラマー)。
298名の皆さまに、すぐマネしたくなるアイデアを、インスタグラムにて「#ヨムーノメイト」のハッシュタグとともに投稿していただいています。

今回は、アウトドアテイストのリビングが素敵すぎる@ak___igさんの、お気に入りインテリアを紹介します。

「子どもが3人いても、楽に片づくシンプルな暮らしを目指している」という@ak___igさん。
物選びのコツなども、合わせて伺いました。

あると便利な万能選手「木製プレート」

▲「art of black」の木製プレート

オシャレな木製プレートが1つあると、来客時にお茶を出す時などはもちろん、インテリアとしても映えるので、とってもおすすめ!  さまざまな使い方があり、長く愛用できるお気に入りのアイテムです。 

入れる物全部映える!透明フレーム

▲「MOEBE」フレーム A3サイズ(オーク)

背景が透明のフレームです。
サイズの中に収まるものなら、ポスターやアートはもちろん、ドライフラワーや写真なども入れられて、すごくオシャレ!

オーク材と黒いゴムのバランスも絶妙で、サイズ違いも購入を検討中の、大好きなアイテムです。 

モノクロのアート

▲「Coco Lapine」ポスター アートプリント 50×70cm KETOS

アートポスターは、モノクロを選べばどんなインテリアにも馴染むのでおすすめ。
モノクロのポスターは、アートインテリア初心者さんも取り入れやすいと思います。

床に直置きすることで、よりおしゃれでこなれた雰囲気に。  

フラワーベースでダイニングテーブルを華やかに

▲「ERNST」フラワーベース

コロンとした丸い形が、とっても可愛いフラワーベース。
ダイニングテーブルの真ん中に置けば、食事を華やかに演出してくれます。  しっかりとしたガラス容器で安定感があるので、倒れそうになることはありません。  レザーの飾りもとってもお気に入りで、プレゼントにも最適♪ 

リビングの主役は”絵になる”サイドテーブル

▲「DUENDE TRE」サイドテーブル

無塗装のオーク材とスチールを組み合わせたサイドテーブルは、リビングの主役的存在です。

普段はほぼ、娘のお絵かきコーナーとなっていますが、子ども達が眠りについたあとには、ここでハーブティーをゆっくり飲んで、至福の時を過ごしています。  置いてるだけで絵になるサイドテーブルです。

インテリアを選ぶコツは?



ベースカラーから大きく外れないようにすることを心がけて、インテリアアイテムを選んでいます。
我が家のベースカラーは、ブラック、ベージュ、グレーです。

「欲しい!」と思ったものは、すぐ買わずに一旦帰宅。
「どこに置くのか?」「長く愛用できるか?」しっかりと考えてから購入します。  ひとつひとつ丁寧に選ぶと満足度も高く、ずっと使い続けたいと思える物ばかりです。

まとめ

長く使いたい、お気に入りインテリアで、統一感のあるリビング・ダイニングを作っている@ak___igさん。

ていねいな物選びが、シンプルな暮らしを実現する秘訣でした。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ