水切りマットでキッチンがスッキリ!いらなかったのは”カゴ”でした

  • 2019年05月28日公開

「キッチンがもっと広かったらいいのに……」「水切りかごってけっこう場所とるし、収納もしずらい……」 キッチンで、そんなお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

今回は、限られたキッチンスペースを有効活用する便利グッズを紹介します。
今すぐ家事上手になれるかも!?

キッチンがもっと使いやすく!限られたスペースを有効活用する「吸水マット」

食器の水切りというと、スチール製やプラスチック製のカゴが一般的です。
しかし、使っている時はともかく使わない時のキッチンの圧迫感が気になる……という方も多いのでは?

そんな時に使えるのが、「吸水マット」。 使用しない時にはくるくるっとまとめて収納して、使用する時だけシンク横にポン。

吸水マットを広げれば、即席の水切りスペースができあがります。

吸水マットをフル活用!効果的な使い方とは?

1.洗ったプレート類をそのままのせて

洗ったプレートや、カトラリーをそのままのせて、水切りに使用。
クッション性のある柔らかな素材が、ガラス食器も優しく保護します。グラスなどを逆さまに置いても安心です。

また、キッチンカウンターなどに傷がつかないのも嬉しいポイントです。

2.アイデア次第で便利度はグンとアップ!カゴとの合わせ技も

大きなプレートをそのままポンとのせると、場所をとって他のものがのせられないということも。
そんな時には、マットの上に水切りかごをのせて、お皿を立てる方法も。

3.お手入れラクラク!

洗濯機で丸洗いできるから、お手入れもラクラク! 吸水マットは速乾性も優れているので、いつでも衛生的に使えます。

また、使わない時にはゴムなどでまとめてコンパクトに収納できるのも◎!

4.リバーシブルを使い分け!?

メッシュ×マイクロファイバーのリバーシブル仕様の「InterDesign 水切りキッチンマット」なら、食器によって両面を使い分け、より効率的に洗い物の片付けができます。

メッシュ素材(写真:グレー面)は通気性が良く、結露を低減させる素材。
グラスの乾燥などに理想的です。

マイクロファイバー素材(写真:アイボリー面)はより吸水性が良い素材。
お鍋などの乾燥にぴったり。

「食器の水切りには水切りカゴ!」そんな概念を覆してくれる、フワフワ柔らかな吸水マット。
何かと手狭なキッチンでも、かさばるフライパンや鍋をパパッと乾燥して、使わない時にはキッチンをすっきりと見せてくれる便利なアイテムです。

InterDesign 水切りキッチンマット Mini1,080円(税込)

InterDesign 水切りキッチンマット L1,620円(税込)

アンジェ web shop

インテリア雑貨やデザイン家電から、キッチン、ベビー・キッズまで約6,000点を取り揃えるライフスタイルショップです。

アンジェ web shop の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事