【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

まだ買ったことないの?カルディマニアが"沼"にハマる「NO.1映え調味料」の魅力をとことん語る

  • 2019年06月03日更新

こんにちは、おいしいもの大好きヨムーノライターこゆきです。

カルディでよく見かける常連商品「スパイスアップ」。カルディマニアの私はリピ商品のひとつです。
また、よく見かけるけど、買ったことがない人はまだまだ多いと思います。

ここでは、一度は買ってみたくなるような、スパイスアップの特長をご紹介します。

ヨムーノライターが絶対買ってしまう!カルディで人気アイテムまとめ

おすすめのお菓子・おつまみ・デザートまとめ

スパイスアップはインスタ映えの容器もgood!

スパイスアップ レインボーペッパー(ミル付き)48g

スパイスアップ ヒマラヤピンクソルト(ミル付き)110g

カルディの調味料コーナーでもひときわ目立つスパイスアップシリーズ。 ミル付き容器にカラフルな文字のパッケージは目を引き、見た目がおしゃれですよね。

今回ご紹介するヒマラヤピンクソルトとレインボーペッパーは、中身の色がカラフルなので透明の容器によく映え、見せる収納にもぴったりです。

原材料は、ヒマラヤピンクソルトは岩塩のみ、レインボーペッパーの原材料はブラックペッパー、ホワイトペッパー、ピンクペッパー、グリーンペッパーの4種が入っています。

1本あたり306円(税込)ですが、時々2本買うと割引セールを開催しているので、今後リピ買いするかどうかわからない時は、定価よりもセール時がおすすめです。

可憐なピンク色が目を引くヒマラヤピンクソルトって何?

▲お皿の右側がヒマラヤピンクソルト、左側は普通の海塩

ピンクソルトの原材料は岩塩。
岩塩とは、もともとは海水ですが、地殻隆起などが起き地上に閉じ込められた結果、水分が蒸発し結晶化したものを指します。

多くの岩塩は白色や無色のことが多いですが、ヒマラヤピンクソルトは名前の通り、桜のような儚げなピンク色をしています。

このピンク色は鉄分が多く含まれていることが影響しています。

味は精製塩に比べると、しょっぱさに加えて甘さや深みを感じることができます。
角のないまろやかさがあり、ジャンルを問わず様々な料理に合いますが、ポテトフライやチキンソテーの仕上げなど、塩の旨みを味わう料理に使うと、グンと活きてくる味です。

瓶の中の粒は3~5mm程度の小さく砕かれた岩塩がゴロゴロ入っており、それをミルで削って使います。
やや粗めに削られるので、粉状のものから、少し大きめの粒状まで様々な大きさが出てきます。

肉や魚の下味として使うと、じんわり味が染み込んでいき、素材そのもののおいしさを引き出すことができます。

また、焼いたお肉や野菜にパラリと振りかけると、ジャリッとした食感をアクセントとして楽しむことができます。

レインボーペッパーってなに?

▲写真の右側がレインボーペッパー、左側がブラックペッパー

レインボーペッパーは4種類のペッパーが混ぜ合わさっています。
どれももともとは同じこしょうですが、収穫や加工の方法で呼び名が異なり、味や風味も変わってきます。

瓶の中で一番たくさん入っているブラックペッパーは、完熟していない緑の果実を天日乾燥させたものです。
こしょうの実を皮が付いたまま丸ごと乾燥させているため、香りと辛みが強めです。

ホワイトペッパー

完熟した赤い実の皮を除去しているので、色が白く、マイルドな風味です。

グリーンペッパー

名前から想像される通り、さわやかさのある香りと辛みを楽しめます。

ピンクペッパー

辛みなどを付ける効果もありますが、料理に彩りを添えてくれるのが最大の特長です。

レインボーペッパーは、この4種類のこしょうがすでにミックスされているので、使い分けに悩むこともありません。

使うたびにミルで挽くので、挽きたての香りを楽しめますし、辛みが強すぎないのが最大のポイント。

ブラックペッパーは少し辛みが強すぎると感じる方は、レインボーペッパーを使ってみると辛みを抑えつつも香りを楽しめると思います。

また挽いたこしょうの中に、レインボーペッパーが混ざると華やかさが増すので、パラリと振りかけるだけで料理がワンランクUPして見えます。

一振りするだけで、インスタ映えできる料理に早変わりするかもしれません。

今回ご紹介したスパイスアップシリーズのヒマラヤピンクソルトとレインボーペッパーは、料理を選ぶことなく使うことができ、料理初心者の方にもオススメします。

調味料売り場に並ぶたくさんの塩コショウを見て、どれを使おうか迷ってしまった際は、ぜひ手に取ってみてくださいね。

なお、中身の詰め替えは販売されていないので、ご注意ください。
自力で開ければ、栓をあけて詰め替えることもできますが、ミルの歯がプラスチック製のため、一瓶使いきったころには削れにくくなることがある、と店員さんがおっしゃっていました。
そのため詰め替えの用意はなく、使い切りを勧めているそうです。

挽きたてミルで気軽に本格的な風味を楽しめる、スパイスアップシリーズのヒマラヤピンクソルトとレインボーペッパー。

ぜひ使ってみてくださいね!

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事