いびつなトイレ収納に【セリア】フタ付きケースがシンデレラフィット!極小スペースの最大活用法

  • 2021年03月23日更新

こんにちは、片づけ遊び指導士のヨムーノライター、アリカです。

日々の水回り掃除は、とても大切。
なかでもトイレの汚れは、溜めるとやっかいです。

今回は、そんなトイレの掃除道具収納におすすめのアイテムをご紹介します!

トイレの収納スペースは限られている

我が家のトイレの収納スペースは、造り付けの棚の中。

幅30cm、高さ48cm、奥行き14cmほどの小さなスペース。
おまけに、稼働しないいびつな固定棚が設置してあります。

トイレ掃除に必要なものは?

わが家の場合で、トイレ掃除に必要なものはこの通り。

▲トイレシート・トイレクリーナー2種類

▲トイレにながせるブラシ・スポンジトング・使い捨てのゴム手袋

▲コロコロクリーナー・サニタリー用の袋

これらを、先ほどの限られたスペースに納めなくてはなりません。

しかし現状、サイズや形状にばらつきがあるため、効率的に収納することができません。
そこで、スペースに見合った形に詰め替えることに。

セリアで購入したもの

▲お掃除シートケース(幅17cm×奥行き13.2cm×高さ5.9cm)

もともと使用していた物だと、大きく場所を取っていたため、こちらに移し替えました。
見た目も白くてスッキリ!

▲フタ付きケース トールサイズ(幅10.7 × 奥行き7.6 × 高さ 9.2cm)

流せるトイレブラシを詰め替え。14個入れることができました。

ソフトビニールケース(縦10cm×横13.5cm)には、使い捨てのゴム手袋を収納。
4枚〜5枚収納することができました。

ニトリで購入したもの

▲ブラン整理トレーM(幅17cm×奥行8.5cm×高さ4.5cm)

サニタリー用のビニール袋を、1枚ずつ畳んで取出しやすく収納しました。

実際に収納してみる

下段に、コロコロクリーナーとトイレクリーナーを収納。

コロコロは、無印良品の物を使用しています。
自立して使いやすく、見た目もスッキリ! 何より、収納スペースに無理なく収まるサイズ感がポイントです。

上段には、トイレシートとその上にサニタリー用のビニール袋を。

いびつで使い勝手の悪かったスペースに、フタ付きケースがシンデレラフィット!

ソフトビニールケースは、ビニール扉と棚のへこみを利用して、フックで引っ掛け収納しました。

セリアのフックでデッドスペースにも収納

タンク横に取り付けて、スポンジトングの収納に。

まとめ

スペースに合った収納用品に詰め替えることで、すっきりコンパクトに収めることができました。

ぜひ、トイレ収納を見直してみてくださいね。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ