オキシクリーンでも落とせない汚れがある!そんな時はアレで落とそう

  • 2021年09月15日更新

こんにちは、ヨムーノライターのks._.myhomeです。
いつも読んでいただきありがとうございます。

お風呂掃除などに、みなさんオキシクリーンをよく使われると思います。
オキシクリーンでピッカピカになる快感は、多くの方が実感済みでしょう!

ですが……オキシクリーンでお風呂のタイルを掃除してピカピカになっているはずが、「あれ?まだ黒ずみが残っている」なんてことありませんか?

そこで今回は、気になる黒ずみを落とす有効な洗剤をご紹介します。

原因は水垢!

オキシクリーンでも落とせない汚れは水垢なんです。

お風呂にはそもそもいろいろな汚れが溜まります。
黒ずみや茶色っぽい汚れ、カビや黄ばみなど様々。

水垢には酸性の汚れが付着していて、カビが発生するような流れになっています。
汚れによって洗剤を使い分けてあげることが必要なんです。

そもそも水垢がなぜつくか?というと、シャワーから出る水には、水質を良くするためにカルシウムやマグネシウムなどが含まれています。

その成分が蒸発して固まった状態が水垢や湯垢の原因なんです。 それが積もってしまうと、お風呂のタイルが黒ずんでしまうんですね。

水垢汚れに有効なのはクエン酸

水垢はアルカリ性。
アルカリ性に有効な洗剤は酸性です。

酸性の洗剤といえばクエン酸!
シャンプーや石鹸カスもアルカリ性なので、酸性の洗剤が有効というわけです。

クエン酸パックで水垢による黒ずみを撃退!

クエン酸を使った掃除方法をお伝えしたいと思います。
まずはクエン酸スプレーを作ります!

クエン酸スプレーは水200mlに対してクエン酸を小さじ1杯。
1週間ほどで使い切った方が良いとされているので、使う分だけを作るといいでしょう。
タイルのお掃除だけなら200ml作れば十分です。

用意するもの

クエン酸スプレーの他に用意するものは、ラップとキッチンペーパー。
あとはお風呂のタイル用のブラシ。

まずはクエン酸スプレーを黒ずみが気になるところにスプレーしていきます。
そのあとすぐに、上からキッチンペーパーを置き、キッチンペーパーの上からもクエン酸スプレーをまんべんなくスプレーします。

キッチンペーパーがクエン酸でひたひたになるほど、スプレーすると良いです。

その上から蒸発しないように、ラップを敷きます。

このまま2時間ほど放置!

あとは擦るだけ!

2時間ほど経ったら、ラップ、キッチンペーパーをキレイに取り除きます。
タイルが湿っている状態なので、少しだけクエン酸の粉をふりかけて、お風呂のタイル用ブラシで擦って磨いていきます。 磨き終えたら、水で流します。

ブラシで擦りながら流すとキレイに流れますよ!

先ほど上の方の写真で、少し黒ずんでいたお風呂のタイルが、こんなにキレイになりました!
お風呂のタイル、全体の汚れを落とすにはオキシクリーン、水垢を落とすにはクエン酸。

用途によって使い分けてみてくださいね。
お風呂がキレイだと気分もスッキリ!

【こちらもチェック】失敗しない「オキシ漬け」の正しいやり方

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ