【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

夏はコレ!今インスタ話題沸騰「#そうめん弁当」意外とカンタン♡映えアイデア5選

  • 2019年07月03日公開

こんにちは、一姫二太郎の育児に毎日奮闘中のヨムーノライターAyuMamaです。

今年も猛暑が近づいてきましたね。暑い日が続いてくると食欲もなくなってきてしまう方も多いのではないでしょうか?
そんな時におすすめなのが“そうめん”です!冷たくツルッと食べられるそうめんは、お弁当でも大活躍です。

そうめん弁当3つのコツ

  • 茹でたそうめんは冷水で締め、水気をしっかりと切りましょう。

  • 麺の上に具材をのせる場合は、クッキングシートやラップを敷くと水分防止になります。

  • かけつゆは、冷たいそうめんが食べられるように小さめのペットボトルに入れていくのがおすすめです。つゆをペットボトルに入れ前日に冷凍しておけば、食べる頃には冷たいそうめんが楽しめます!

見た目も鮮やか「五色そうめん弁当」

こちらのお弁当を作った@ayu.zackey.obentoさんは、五色そうめんを使って色とりどりのそうめん弁当を作ってあります。

白が多いそうめんですが、色つきそうめんがあると大人でもつい嬉しくなってしまいますよね!蓋を開けたとたん、笑顔になれるお弁当です。 バラバラになってしまいがちな薬味は、小分けカップがおすすめですね!

あれもこれも食べられちゃう「具だくさんそうめん弁当」

こちらのお弁当を作った@saya_koumeさんは、溢れんばかりの具材を鮮やかに詰めていますね!

定番の天ぷらをはじめ、トマトやキュウリ、薬味もオシャレにトッピングしてあります。 一度にいろいろな味が楽しめボリュームもあるので、食べ盛りの子どもや夫のお弁当に最適ですね!

お手軽!「カップでそうめん弁当」

こちらのお弁当を作った@toshie104a1021さんは、プラスチックカップにそうめんと具材を詰めています。

お手軽で食べやすく、蓋も付いているので持ち運びも安心です。 トッピングのバリエーションを増やし、夏のお出かけに持って行くのもいいですね!

子どもも笑顔に!「デコそうめん弁当」

こちらのお弁当を作った@moo.0903さんは、アレンジを加えて「デコそうめん弁当」を作っています。

ご飯が定番のデコ弁ですが、ハムや海苔を使うことでそうめんもとってもかわいいコリラックマに大変身です! 仕切りに緑や赤を入れると白いそうめんも鮮やかになりますね。 お弁当が待ち遠しくなるようなそうめん弁当です。

薬味でアレンジ!「味わいそうめん弁当」

こちらのお弁当を作った@qiestla7さんは、色とりどりの薬味をトッピングしてありますね。

同じそうめんでも、ゆかりやゴマ、大葉や錦糸卵、トッピングする具材によってたくさんの味が楽しめます!

バリエーション豊富なトッピングで、いろいろな味を試してみるのも魅力的ですね。

暑い日はひんやりとした「#そうめん弁当」を

同じそうめん弁当でも、盛り付けやトッピング次第でたくさんのアレンジが楽しめますね! 暑くて食欲がない時は、ひんやりとした涼しげなそうめんは最適です。 そうめん弁当のコツを参考に、ぜひ作ってみてくださいね!  

※気温の高い時期はおべんとうが傷みやすいので注意してください。気温25度以上の日には生野菜を避け、卵や練り物、肉・魚類にきちんと火を通すことをお勧めします。  

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事