【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】
診断テスト

おしゃれすぎ♡家中の虫ピンを一瞬でチェンジ!中川政七商店「フック画鋲」活用術BEST3

  • 2019年07月31日公開

こんにちは、毎日の暮らしが楽しくなるもの、便利になるものを探しながら暮らしている、ライターの平山です。

「ここに引っ掛けられたらいいのに」と、ふと思った時。
「画鋲?虫ピン?何で引っ掛ける場所を作ろうかな……」と考えて、我が家ではいつも虫ピンを使っていました。

ふつうの画鋲だと見た目がいまいちですが、虫ピンは存在感がないので意外にも重宝していました。
存在感はないけれど、その分デザイン性も0なのが、虫ピン。

重宝しながらも、あまりしっくりはきていませんでした。
そんなときに見つけたのが、中川政七商店の「フック画鋲」。

”引っかける役割”と”デザイン性”、両方ともかなえてくれるフック画鋲は、まさに探していたもの。
見つけた瞬間、家中の虫ピンがフック画鋲に置き換わったのでした。

アクセサリーと好相性

画鋲なのに真鍮のような雰囲気で、アクセサリーとも相性が良い「フック画鋲」。
ネックレスやブレスレット、時計、ときにはメガネを引っかけたり。

よく使うものたちを、玄関の近くなどに引っ掛けておけば、「あ、今日アクセサリー付けるの忘れた!」と気分が少し下がってしまうことも防げそうです。

組み合わせてギャラリー風に

そして「フック画鋲」の魅力は、2つ組み合わせて、ポストカードや写真を飾ることができるところ。
どこか寂しさを感じていた壁が、フック画鋲によってちょっとしたギャラリーに変化します。

穴を開けたくない大切な写真やこどもの作品など、額などを用意をせず、気軽に飾れるのが嬉しい!

※風が入る場所や、扇風機・サーキュレーターの当たる場所では、飾ったものが落ちる可能性があります。ポストカードや写真をのせて飾る場合は、風の当たらない場所でご使用下さい。

また、カレンダーを飾ったり、スワッグなどのドライフラワーを飾るのにも◎。

玄関の靴ベラの定位置に

最後に、今まで靴箱の取っ手に引っ掛けていた靴べら。
扉を開けるときに落としたり、ぶつかって落としたり……。

今まではなんとなくここに引っ掛けていましたが、小さなストレスを感じている場所でした。

フック画鋲で靴べらを引っかける場所を作ってあげることで、小さなストレスから解消されたのでした。

中川政七商店 フック画鋲

アンジェ web shop

インテリア雑貨やデザイン家電から、キッチン、ベビー・キッズまで約6,000点を取り揃えるライフスタイルショップです。

アンジェ web shop の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事