絶対やってはいけない!3大NG節約術「まとめ買い・割引・送料無料」に潜むワナとは

  • 2019年07月23日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

どうせ使うものだから……まとめ買いや箱買いを積極的にしている家庭も多いと思います。節約のようにみえますが、家にあるという安心感から消費スピードが速くなっていませんか?

ここでは、ファイナンシャルプランナー飯村 久美さん著書「ズボラでもお金がみるみる貯まる37の方法」(出版社:アスコム)の中から一部を抜粋・編集して、オトクそうにみえる箱買いや送料無料のからくりをご紹介します。

ビールは「箱買い」しない

安くても消費量は2倍に増える

多くの人がまとめ買いをするのは、平日は仕事で忙しいので、週末に1回買い物するだけなら手間が省けて、節約できた気分になれるからでしょう。

その際によくやりがちなのが、晩酌用のビールを箱買いすることです。
その習慣、実はお得ではありません。

1本あたり数十円安いので、「1箱で数百円も得した!」と思うでしょう。
実際そうなんですが、そのせいで消費量が格段に増えてしまうところが、箱買い、まとめ買いの盲点なのです。

あると思うと、ついつい進んでしまうのがお菓子やアルコール類の嗜好品です。
甘味やアルコールをとると脳が快感を覚えます。この快感を覚えるメカニズムは、なんと麻薬中毒のケースと同じなのです。

そのため、甘いものもアルコールも、体がもうこれ以上必要がないというサインを出しても、脳がそのブレーキを解除してしまうのです。ダイエット中の人が、ときどき甘いものを猛烈に食べてしまうことや、じゅうぶんに酔っている人がビールをおかわりしてしまうのは、依存性があるからです。

ビールを箱買いするようになってから、休肝日がつくれなくなったという話をよく耳にします。1日1本を守れる人はいいのですが、「今日は大変だったからもう1本飲もう」と増えていった結果、消費量は2倍になってしまうのです。

ですので、お菓子やビールが欲しくなったら、その都度必要な分だけ買うことをオススメします。

もう少し飲みたいと思っても、わざわざ外に買いに行く手間を考えると、それが抑止力になるのです。

その結果、お腹も出費も抑えられます。
そもそもビールは、原価は安いものの酒税があるため、メーカーや小売店にとって利幅の少ない商品です。

なので、利益を生むには数を売らなくてはなりません。数を売るには、酔いという作用をもたらすビールは格好の商品で、お酒が好きな人にたくさん買ってもらえるようお得感を訴えれば、乗ってくれるお客さんがたくさんいるのです。

お酒のほか、ジュース、チョコレートやスナック菓子といった嗜好品。
肉や野菜といった生鮮食品も、安いからといってまとめ買いするのはオススメできません。買ったことを忘れて冷蔵庫に入れたままにしていると、腐らせたりするからです。お金と健康を大切にしたかったら、その都度買いをぜひ実践してください。

ついつい買わされなければ、無駄がなくなる

でも、すべての買いだめがいけないとはいいません。
トイレットペーパーやシャンプーなど、いざというときにないと困るもの、あっても腐らないもの、消費のスピードが一定のものに関してはOKです。

防災用品などもあらかじめ買っておいてもいいものだと思います。ただし、置き場もないくらい買いだめするのはやめましょう。

メーカーや小売店は、私たちの財布のひもをゆるめるために、ありとあらゆる戦略を考えています。

それは、私たちに「ダマされた!」と思わせないよう絶妙な方法で仕掛けてくるのです。

その際に狙われるのは、私たちが抱えている欲望やコンプレックス、不安やストレスといった心のスキマです。ここをめがけてアナウンスしてくるのを理解したうえで上手につきあえれば、お金も貯まる賢い消費者になれるのです。

「今がチャンス」「全品3割引」の宣伝文句で買わない

チラシはお店に来てもらうための撒き餌である

つい無駄な買い物をしてしまうのは、買いだめや箱買いによるものだけではありません。

「同じものなら、安く買いたい」という人間の心理をついてくる宣伝文句にも注意が必要 なのです。

ですので、食品や日用品の出費が多いという人には、チラシや広告を見るのをやめることをオススメします。

なぜなら、そういった人は、チラシにあるお買い得品を求めて買い物に行ったはずが、余計なものまで買っていることが多いからです。

釣りに例えると、私たちが獲物なら、チラシや広告は撒餌のようなものです。つり糸がたれているところまでおびき寄せるためにあるのです。

そのため、チラシには「全品3割引」「5時からタイムセールで半額」といった、私たちの胸が躍るような文言が巧みに並べられています。

店側からすればお店に来てもらえれば、しめしめという感じなのです。
それは、スーパーなどの店内には、私たちがつい買いたくなるような仕掛けが張り巡ら されているからです。

「送料無料」に縛られない

なぜ1個だけでも送料無料になるのか

忙しいときに便利なネットショッピング。
クリックするだけで、水やお酒など重いものをはじめ、「こんなものまで買えるの!?」という商品もすぐ届くので、ついつい使ってしまいますよね。

その際「送料無料」だと、ページのアクセス数に対して購入率がグンと上がるそうです。

逆に、送料無料じゃなければ買わないという人が増えているといいます。
そこに買わせる側の罠が仕掛けられているのです。

ですので、送料無料だからとむやみに買うのはやめましょう。
たとえば、本やCD、DVDなど、あと1つで送料無料となったとき、それほど欲しくなくてもなんとなく気になっているものを探して買って、あとで後悔したなんて経験のある人は多いと思います。

それはまだ、ふみとどまれるとして、やっかいなのが値段に関係なく1点でも送料無料になる場合です。

600円のもの1つでも、数百円かかるはずの送料が無料になることがあります。
なんでこんなことが可能なのでしょうか。

あるショッピングサイトはこういう仕組みになっています。
もちろん、サイト側は配送会社に送料をきちんと支払っています。

要は、サイト側が自ら負担しても、たくさんの人が買ってくれれば、負担した送料をまかなえるくらいの利益が生まれるからなのです。さらに、取扱件数が多いので、特定の配送会社だけと法人契約を結ぶことで、一件あたりの送料を本来の送料よりもだいぶ値下げしてもらっています。

これでは、街のお店はたちうちできません。
「部屋にものがあふれている」「ものが片づけられない」「無駄な買い物をしている」人ほ ど、送料無料にどっぶりつかっているのではないでしょうか。

こういった人はまず、送料無料と距離を置いて、必要なものだけを買うようにしましょう。きちんと送料を払っても、そのほうが確実にお金が貯まり、部屋はシンプルになるはずです。

ショッピングサイトの奴隷にならない

ネットショッピングがおそろしいのは、それだけではありません。
別に買わなくても、あらゆる商品が簡単に探せるので、ショッピングサイトは見ているだけで楽しくなってきます。

暇さえあれば、つい癖でスマホやパソコンで見てしまうものです。
ある意味、それ自体が娯楽になっていて、マンガや音楽など、エンタメ系のサイトと変わらなくなっているのです。

脳は楽しいと感じると、もっともっとと要求してきます。
ですから、むやみに見るのもやめましょう。

さらには、自分の購入履歴から、「こんな商品もオススメです」とサイト画面やメールで頻繁にすすめてきます。

無邪気にネットサーフィンをしている人には”ネット断食”オススメしたいところですが、スマホという端末がある今、それを強要するのはヘビースモーカーに禁煙をさせるようなものでしょう。

ですので、こういう買わせる側の本音を認識してつきあうことです。
ショッピングサイトとはほどよい距離感で上手につきあい、なるべく無駄遣いをしないように心がけましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ズボラでもお金がみるみる貯まる37の方法 [ 飯村久美 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2019/6/10時点)

ヨムーノ編集部

【開催中】
・「ミニストップ ソフトクリーム各種(220円商品のみ)」が抽選で当たるキャンペーン!詳しくはヨムーノ公式Twitterアカウントをチェック♪

【募集中】
素敵な写真やアイデアを投稿したり、モニターやアンケートにご協力いただく「ヨムーノメイト(ヨムーノ公式インスタグラマー)」を募集しています。詳しくはこちら

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

関連する記事があります

特集記事

連載記事

この記事に似ている記事があります

新着記事