セブンイレブンの辛さへの追及は休戦?逆に「シビれる辛さ」が美味すぎて食欲が増した件

  • 2021年03月24日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

サマーシーズンはアイスなどのひんやり冷たい系のほかに、発汗作用をうながすスパイシー系も注目される季節ですね。
ここでは、年々辛さを増すコンビニお弁当の中から、セブンイレブン「シビれる辛さ!四川風麻婆豆腐焼そば」をご紹介します。

セブンプレミアムからお弁当まで!毎週編集部が実食中

セブンイレブンおすすめ商品リストはこちら

シビれる辛さ!四川風麻婆豆腐焼そば(税込496円)

シビれる辛さの、麻婆豆腐焼そばです。

麻婆豆腐といえば、「麻婆丼」や「麻婆豆腐定食」が主流でしたが、今ではセブンイレブンだけでも「麻婆チャーハン」そして「麻婆豆腐焼そば」と麻婆豆腐はなんにでも合うメニューとなってきました。

気になるのはやっぱり辛さ。
辛さの感じ方は個人の感想となりますが、今回の「四川風麻婆豆腐焼そば」は、びっくりするほどの辛さはなく、じんわり口の中であとを引く(シビれる)辛さでした。

辛すぎて箸が止まって先に進めない……麦茶をがぶ飲み……とまではいかない辛さで安堵(笑)。

予想以上に完食しやすい美味しさです。

セブンイレブンは辛さのレベルがどんどんあがっている

▲やりすぎだよ料理長!極辛麻辣まん

セブンイレブンは2019年2月に「やりすぎだよ料理長!極辛麻辣まん」を発売。これを商品化するのか……と、ビックリするほどの辛さでした。

⇒『極辛麻辣まんグルメレポはこちら

他にも、「花椒の痺れ!四川風麻婆豆腐」など、どんどん辛さに挑戦するセブンイレブンでしたが、今回の焼そばは休戦といった感じでしょうか(笑)。

とことん辛党にはもの足りないかもしれない、「四川風麻婆豆腐焼そば」ですが、ちょっと刺激が欲しいお弁当を食べたいなぁ~という方にはおススメですよ。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事