【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

1食100円以下!夏休みのお助けランチに♪ 無限アレンジ可能「簡単作り置きレシピ」

  • 2019年08月16日更新

こんにちは、3人の子育てをするママであり、管理栄養士のヨムーノライター、カベルネmamaです。

いよいよ夏休み突入。ただでさえ忙しい日々に昼ごはんの準備までしなければならなくなるのは本当に大変。

今日は、そんな夏休みにも最適♪作っておくと便利な作り置きレシピをご紹介します。
これ1つ作っておくとアレンジが広がります。さらに、豚こま切れ肉を使って作るので節約レシピにも◎。どれも1食100円以下でできるレシピです!

暑い日は冷たい麺がついつい食べたくなりますよね。
でも、冷たい麺などの炭水化物ばかりでは夏バテになるリスクも。豚肉は糖質をエネルギーに変える時に必須のビタミンB1が多く含まれているため夏バテ予防にとても効果的です。

麺やごはんなどの糖質+豚肉は疲労回復などの夏バテ予防にもとてもよい組み合わせです。では早速作ってみましょう。

豚肉と生姜の炒め煮

※保存容器に入れて冷蔵庫で保存し、3~4日くらいで食べきってください。

【材料】

豚肉(こま切れでOK)……500g
玉ねぎ……中1個
生姜……20g(1~2カケ)
油……大さじ1/2
☆砂糖……45g
☆酒……大さじ2
☆醤油……大さじ3
※モモ肉などの赤身よりもバラ肉などの少し脂身が多い方が柔らかくできます。

【作り方】

① 豚肉は場合によっては食べやすい大きさに、玉ねぎは半分に切って薄くスライス、生姜は細い千切りにしておきます。

② 油を入れたフライパンが温まったら豚肉を入れて炒めます。

③ 豚肉が半分くらい炒まったら玉ねぎを入れてさらに炒めます。

④ 玉ねぎがしんなりとしたら生姜と☆の調味料を入れて煮汁がなくなるまで5~10分煮詰めて完成です。

アレンジ1:豚肉と生姜の炒め煮deまぜ麺

【材料】2人分

豚肉と生姜の炒め煮……100g(お玉軽く2杯分)
きゅうり……1/2本
ミニトマト……2個
葱……少々
うどん……2人分
麺つゆ(ストレート)……100ml

【作り方】

① うどんが乾麺の場合は茹でておきます。
② きゅうりは千切り、ミニトマトは半分に、葱は小口切りにしておきます。
③ うどんの水気をしっかり切り、上に豚肉と生姜の炒め煮・きゅうり・ミニトマト・葱をのせ、麺つゆをかけて完成です。
※麺つゆが2倍・3倍の場合は表示通り(かけつゆ用)に薄めてかけてくださいね。

アレンジ2:豚肉と生姜の炒め煮deチャーハン

【材料】2人分

豚肉と生姜の炒め煮……70g(お玉多めに1杯分)
ごはん……2人分
葱……少々 ごま油……大さじ1
醤油……小さじ1

【作り方】

① フライパンにごま油を入れて熱し、ごはんを入れて炒めます。
② ごはんがバラバラになったら豚肉と生姜の炒め煮を入れてさらに炒め、最後に葱と醤油を加えて軽く炒めたら完成です。
※しめじやコーンなどを入れても美味しいですよ♪冷やごはんの場合はレンジで温めてから炒めると◎

アレンジ3:豚肉と生姜の炒め煮deサンドウィッチ

【材料】2人分

豚肉と生姜の炒め煮……100g(お玉軽く2杯分)
コッペパンなど……2個
レタス……1枚
トマト……1個

【作り方】

① トマトはスライスし、レタスは洗って水気をよくきってちぎっておきます。
② パンに切れ目を入れて全てをはさんだら完成です。

自分1人のランチはいつも適当なもので済ましてしまう私ですが、やっぱり子どもたちがいると「ある程度きちんと作らないと……」と考えます。

しかし、それが続くととても大変で辛くなることも。

そんな時は作り置き&アレンジレシピで簡単ランチにしています。今年の夏はこのレシピが活躍しそう♪もちろん、そのままごはんにもせて豚丼にしても◎。

子どもたちにもとても好評だったこのレシピ、あっという間になくなってしまうので次回は倍量で作る予定です!

カベルネmama
管理栄養士ライター

管理栄養士の資格を取得した後、保育園にて献立作成や食育を担当していました。
現在は3人息子の育児をしながらレシピ記事作成の仕事をしています。料理を作ること・食べることが大好きです。子どもがまだ小さいので、栄養たっぷりで簡単に作れ、子どもたちが喜んで食べてくれるものを日々考案して作っています。食生活アドバイザー2級も保有。

カベルネmama の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事