実際に使って分かったメリットとデメリット!パナソニック「ワイヤレススピーカーシステム SC-VA1」

  • 2021年03月24日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

部屋の模様替えや掃除、面倒だけど気合いいれなきゃ!という時に用意したいのが「音楽」。好きな音楽を聴きながら家事をやると、テンション上がりますよね。
また、リビングで雑誌を読んだりくつろぐときには、好きな音楽が癒してくれます。

音楽を聴く定番アイテムといえば、CDプレーヤーやラジオですが、デメリットはCDの中身に限られてしまうこと。
好きな音楽がたくさん入ったスマホの音量をあげて聞くにも限界があるし、メールや着信で途切れてしまうことも。Bluetoothスピーカーをそのためだけに用意するのも……。

ここでは、そんな悩みをすべて解決してくれた多機能で家族全員が使いこなせるパナソニック「ワイヤレススピーカーシステム SC-VA1」をご紹介します。

ワイヤレススピーカーシステム SC-VA1

2019年7月に登場したスピーカーです。
モニターがあるので、ミニサイズのテレビのようにみえますが、「ワイヤレススピーカー」なので、メインはスピーカーです!

こんな機能がついている

  • YouTubeやNetflixがスマホと同期して使える

スマホでログインしているアカウントを、「ワイヤレススピーカーシステム SC-VA1」で共有しておくと、スマホが無くてもSC-VA1のリモコンで操作ができて、閲覧履歴なども同期されています。

YouTube・Netflix・radiko(ラジコ) などの一部アプリは最初からSC-VA1に搭載されているので、なにかインストールをする必要はありません(ソフトウェアの更新が必要な時があります)。

なので、スマホの音源が遮断されるようなプチストレスがなくなるので、ゲーム・LINE・ネットサーフィンしながら音楽や動画を楽しめます。

  • こだわりの音質に驚愕!「360°(※)3重低音スピーカー」

SC-VA1はテレビではなくスピーカーです。
テレビや白物家電のイメージが強いパナソニックですが、SC-VA1はかなり音にこだわっているようです。

今のYouTubeで閲覧できる動画や音楽は、公式チャンネルも多数あって画質も音質もいいですよね。その音質クオリティをスピーカーで落とさないという設計が施されています。

※ JIS規格準拠。無響室にて2 kHzの1/3オクターブバンドノイズで測定。

  • Bluetooth(R)搭載でスマホの音楽も転送できる

個人的にBluetoothを使いこなせていないのですが、スマホの音をBluetooth(R)でSC-VA1から出力することもできますよ。

ワイヤレススピーカーシステム SC-VA1のメリット

YouTubeやネット動画のヘビーユーザーなら検討する価値があります。
でも、そこまでヘビーじゃない方にはどんなメリットや使い方があるのでしょうか?

  • 子どものスマホ閲覧を制限する

もはや家庭の常識となりつつある、子どもとスマホの共存。
学校では教えてくれないはずなのに……3歳の幼稚園児は、動画や写真撮影、ゲームなどを使いこなしています。アプリのアイコンからこれはどんなモノなのか察するようです(汗)。

スマホをいじっている間は静かで助かる反面、不用意なショッピングや課金をされる可能性もありますよね(ロック機能はあるけど、使いこなせていない)。

そして、姿勢も悪くなる。

SC-VA1はモニターがあるので、テレビという感覚を子どもたちは持っています。「テレビは離れて明るい場所で観る」というのが、子どもたちにも浸透しているので、スマホで”ながら”鑑賞することはなくなり、親のスマホを触る機会を無くすことができます。

  • 子どもたちが静かになる時間(ママ目線)

SC-VA1は、部屋中にいい音が広がる「360°3重低音スピーカー」が特長でもありますが、子ども達にはあまり関心がないようで、動く動画に興味津々。

SC-VA1の音量は下げ、溜まったドラマの録画をリビングのテレビで満喫する時間が確保されました(笑)。

  • テレビじゃないけど、テレビもHDD録画も観ることができる(パパ目線)

1家に1台のテレビ。リビングには大型テレビ。ご家庭によっては、寝室にミニテレビを置いているかもしれませんね。そこで必要になってくるのがアンテナ線。配線問題は永遠のテーマです。

パナソニックの商品をすでに使っている方なら聞いたことや、使っている方もいるかもしれない「お部屋ジャンプリンク」。SC-VA1は対応しているのです。

パナソニックのHDD録画のディーガやテレビビエラがあれば、配線不要。SC-VA1でテレビや溜まった録画を観ることができます。

▲テレビチャンネル

▲録画リスト

※対象のお部屋ジャンプリンクサーバー機種:ディーガ(2013年春モデル~)、プライベートビエラ(2013年春モデル~)

リビングのテレビは子どもたちが占拠していて、溜まった録画や観たい野球やサッカー中継を見たいパパには朗報です。

ここが気になるワイヤレススピーカーシステム SC-VA1

  • コンセントがないと使えない

▲けっこう大きいACアダプター

SC-VA1はコンセントがないと電源がはいりません。
ブレーカーが落ちたり、停電時は非常用でradiko(ラジコ)を聞くことはできないのです。

  • 無線LANが必須

SC-VA1にはLANケーブル端子はありません。
SC-VA1を使い倒すには、無線LANが家庭に導入されている必要があります。

また、SDカードを挿入する端子もないので、SDカードから撮影画像をスライドショーで楽しむフォトライブラリとしては使えません。

  • パソコンじゃない

無線LANでネットにつながりますが、インターネットブラウザでサイト検索などはできません。あくまでも内蔵のアプリ・Bluetooth(R)・お部屋ジャンプリンクを楽しむスピーカーです。

「OK!Google」といってもスルーされますよ(笑)。

インテリアになじむデザイン「ワイヤレススピーカー」

いかがでしたか?
好きな音楽をいいスピーカーで聴きながらお掃除したり、ティータイムを楽しむと癒されますね。
また、テレビを奪い合うことなく、いつでも好きな時にテレビやHDD録画を鑑賞できるという充実感♪

そして、鑑賞中は子どもたちも静か。
お掃除や料理の準備が落ち着いたら一緒に遊ぼうね(笑)。

サラウンドを重視したい方、スマホで全部管理するのが大変……という方は、自宅で充実の時間を作ってみてはいかがでしょうか。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事