100円安い!ついにカルディから「モーモーチャーチャー」出た!成城石井との違いを熱く語る

  • 2019年08月06日公開

こんにちは。モーモーチャーチャー♪モーモーチャーチャー♪モーモーチャーチャー♪大好きのヨムーノ編集部です。

海外の輸入品から日本のグルメを追及する”もへじ”で有名なカルディ。韓国料理や、パッタイのカレーのほかに、東南アジアのグルメも豊富にそろっています。

ここでは、マレーシア定番のデザート「モーモーチャーチャー」がカルディに登場していたので、早速食べてみました。

ヨムーノライターが絶対買ってしまう!カルディで人気アイテムまとめ

おすすめのお菓子・おつまみ・デザートまとめ

カルディオリジナル「モーモーチャーチャー195g」298円(税込)

「モーモーチャーチャー」とは 「よくよく、混ぜ混ぜ」の意味のマレーシア定番のデザートです。ココナッツプリンと3色豆に練乳風ソースがよく合います。アジア風おしるこのような楽しいデザートです。

食べ方

開封するとレシピキットみたいに、材料が個包装ではいっていました。
(ココナッツプリン145g、3色豆30g、練乳風ソース20g)

ココナッツプリンをカップから容器にあけます。
ぷっちんプリンみたいな機能がないので、カップに詰まったココナッツプリンを容器にあけるのは、結構大変でした。

3色豆、練乳風ソースを上からかけ、混ぜるだけ!
練乳風ソースは、あの苺にかける白い練乳でした(かけても色味的にはあまり目立たない)。

カルディの「モーモーチャーチャー」の特長は3色豆です。
なので、豆が苦手な人は敬遠したほうが良いと思います(笑)。

ココナッツプリンの量(145g)が豆や練乳よりも圧倒的に多いのですが、3色豆をイイ感じでモーモーチャーチャーすると、お豆の食感が楽しめます。

ココナッツプリン自体は、そんなに甘さがないので、もうちょっと味の楽しみが欲しいなぁ~と感じたら練乳風ソースを絡めて食べましょう。
ただ、練乳風ソースも20gとココナッツプリンに対して少ないので、こちらもモーモーチャーチャーしましょう(笑)。

カルディのモーモーチャーチャーは本当にモーモーチャーチャーしないと、味のバランスが偏っちゃうので、モーモーチャーチャー←(しつこい!)、大事です。

成城石井「自家製モーモーチャーチャー」399円(税別)

安心してください。
「モーモーチャーチャー」といえば、成城石井でしょ!という方も多いと思います。

成城石井「モーモーチャーチャー」は洋菓子で、賞味期限が短いです。 カルディ「モーモーチャーチャー」は2ヶ月くらいあります。

成城石井「モーモーチャーチャー」はセパレートタイプで、さつまいも、豆、餅という和の具材を、ココナツブランマンジェにお好みの量でモーモーチャーチャーします。

成城石井は、豆以外に「さつまいも・餅(白玉)」が入っています。
この、さつまいも・餅(白玉)がココナツブランマンジェと最高に合います。

具の好みにもよりますが、子ども達のおやつは成城石井の「モーモーチャーチャー」が人気でした。

いかがでしたか?
カルディは豆が固く、甘さも控えめで大人向け。
成城石井は豆も柔らかく、さつまいもに白玉も嬉しいトッピングですね。

価格は成城石井ブランドのクオリティでお高いですが、美味しさ間違いなし。
でも、カルディの「モーモーチャーチャー」も気になる方はぜひ食べてみてください(豆が嫌いじゃない方なら)。

ヨムーノ編集部

【開催中】
・「サーティワン アイスクリーム レギュラーシングルギフト券」が抽選で当たるキャンペーン!詳しくはヨムーノ公式Twitterアカウントをチェック♪

【募集中】
素敵な写真やアイデアを投稿したり、モニターやアンケートにご協力いただく「ヨムーノメイト(ヨムーノ公式インスタグラマー)」を募集しています。詳しくはこちら

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事