お盆は「財布風水で金運アップ」空前絶後の大チャンス!ソッコーやるべきOK風水・ NG風水

  • 2019年08月13日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。
お盆の帰省に、夏休みレジャーに、楽しいけれど「あー、お金が飛んでいく!」とお嘆きのあなたに朗報!
今やると、メキメキ金運が上がる、とっておきの、そしてとっても簡単な風水テクをお届けします。

教えていただくのは、ご存知Dr.コパ。
ここから先は、Dr.コパの生セリフでお届けします。
耳の穴をかっぽじって、よーくお聞き(じっくりお読み)ください!

Dr.コパ
「西に黄色で金運アップ」のフレーズを広めた、日本における風水の第一人者。テレビ、雑誌、webをはじめ幅広く活躍。一級建築士、神職。
Dr.コパ

お盆に財布を新調すると、大きな夢がかなう!

やあ、コパだよ。これから、金運アップのやり方を教えるからね。

お盆の時期に買う財布は、「お盆財布」と言って運のいい財布。
実家に帰省して、仏壇に手を合わせたり、お墓参りをして、先祖のことを考える機会が多くなるから、財布にご先祖様のパワーを宿すことができるんだね。

大きな夢をかなえたり、計画を実行するためのお金が貯まる財布というわけだ。
不動産の頭金を貯め始めるのにもいいと言われているよ。

この時期に財布を新調して、9月9日の「重陽の節句」から使い始めるといいね。
重陽の節句は「菊の節句」といって、古くからある日本の風習。黄色の菊は金運を上げるパワーがあるんだよ。

金運アップ!「お盆財布」の選び方

お盆財布を選ぶポイントはたった2つ。

①ゴールド系

財布の色はゴールド系がいいね。それが無理なら、金具やチャームなど、光るワンポイントがついているものを選ぶと、金運に刺激を与えてくれるよ。

③長財布

財布は金運の住まい。お札を折らずに入れられる長財布の方が、お札がのびのびできて、金運に好かれるんだ。

この夏、絶対やっちゃダメ!「NG財布風水3」

こんなことをしていたら、今すぐ止めよう。財布から金運がどんどん出て行っちゃうよ。

NG財布風水1:直射日光に当てる

金運は直射日光が嫌い。
お昼近くになって室内に日が入り、テーブルの上に置きっぱなしの財布に直射日光がさんさんと当たっている……なんてことはないかな?直射日光は、金運を干からびさせてしまうよ。

解決策:暗くて涼しい北側の部屋の引き出しにしまおう

NG財布風水2:"むき出し"で持ち歩く

金運は手アカのついた財布には近寄らない。
近所への買い物だからと、財布だけをむき出しで持ち歩いては絶対にダメ。
特に、夏場は手に汗をかきやすいから、素手で財布を持って歩くのはやめようね。
男性の場合、お尻のポケットに財布を入れるのもNG!

解決策:バッグの中に入れるか、薄手の布に包んで持ち歩こう

NG財布風水3:3年以上使っている

財布の金運の耐久年数は3年。
3年経過すると、財布のパワーは下降し始めるんだね。金運のない財布を使ってると、お金は貯まらないよ。 どんなに高価なブランド財布でも、3年で金運が尽きると心得よう。

解決策:お盆財布に買い換えよう

まとめ

お盆は金運アップの一大チャンス!
まずは財布を見直してみよう。今日から始める風水テクが、お金持ちへの第一歩!

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事