100均マニアが大人買い!「白」「大容量」「捨てられる」最強収納アイテムは使い道無限

  • 2021年03月24日更新

こんにちは、ヨムーノライターのayakaです。
いつも読んでいただきありがとうございます。

よくお友達同士で子どもたちが作った作品はどうやって収納してるのかという話題になります。
どんどん溜まっていく我が子の作品。

全て大切ですし、見てて心が和みますが、収納場所に困りますよね!
そこで我が家の収納方法をご紹介したいと思います。

使うのは真っ白なボックス

子どもの作品入れとして使うのが、段ボールでできたクラフトボックス。
今では100円ショップでも色々なサイズ、柄のクラフトボックスが販売されています。

これに子どもの作品を収納しています。

子どもたちそれぞれに、1つクラフトボックスを用意してあげると、混ざらないので良いと思います。
子ども自ら、作品ボックスに使ってきた作品を入れてくれます。

でもそんな大事な作品が、下の子に破られてしまったりすると大変なので、いつもは高めのところに収納(笑)。

同じ柄でそろえてあげると、クローゼットの中も統一感がでて、きれいに見えますよね!

使い道は無限!

子どもの作品を収納する以外にも、夏が終わり来年まで着ないであろう水着や自宅のプール。
浮き輪やビーチサンダルなども、種類別にしてこのクラフトボックスにまとめて収納するととても便利。

その他にも、季節ごとに変えている玄関飾り。

クリスマスのオーナメントの収納にもいいですね。

とにかく色んなものを入れることができるんです。

また、クラフトボックスは段ボールで作られているので、箱自体はとっても軽いです。
にも関わらず……ものによっては20kgの耐荷重のクラフトボックスもあるんです!

20kgとなると、かなり重たいものまで入れることができますね。

処分にも困らない

あまり考えたくはありませんが、例えば、使わなくなってしまったクラフトボックス。
段ボールなので、紙ごみとして出せます(お住いの自治体によって異なります)し、スーパーでよくある段ボールリサイクルに出すこともできます。

プラスティックの収納ボックスだと粗大ごみ代がかかってしまいますし、捨てるのに一苦労ですよね。 収納ボックス、どうしようかな~と悩んでる方、ぜひ、クラフトボックスをお試しください!

100円ショップはもちろん、インターネットショッピングでクラフトボックスと検索すると、いろいろな色や柄、サイズのクラフトボックスが出てきますので、お家のインテリアや収納スペースに合わせて選ぶことをおすすめします!

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事