• 2017/10/20
  • PR

資産価値って計算できる?近くの賃貸物件がひとつの目安に

20140219 shisankachi 01

マイホームの購入時は、住宅ローンなどのお金に関することはもちろん、家の内装・外装のデザインや間取り、設備機器の選択など、選択・決断しなければならないことは多岐にわたります。

一方、これらと同じくらい大切なのが、その家の「資産価値」について考えることです。ここでは、マイホームの購入時に資産価値について考えることがなぜ重要で、そもそも家の資産価値とはどのように決まるのかについて説明していきます。

なぜ資産価値が重要なのか?

資産価値 計算

「もうすぐ念願のマイホームが手に入る!」という時に、その家を手放したり、人に貸したりする時のことなど考えられない、という人は多いでしょう。しかし、子どもの独立や夫の転勤など、家族の状況やライフスタイルの変化をきっかけに転居せざるを得なくなるという事態は十分に考えられます。

そんなとき重要になるのが、その住宅の「資産価値」です。購入時には同じ金額だったとしても、資産価値が高い家と低い家では、売値や貸し出した時の家賃に大きな差が生じます。購入したあとで何があっても後悔しないよう、その家の資産価値を考えておくことは非常に重要となります。

資産価値はどう決まる?

では、家の資産価値はどのように決まるのでしょうか。
一般的に、その家の資産価値を決める最も大きな要因は立地や周辺環境だと言われています。駅から近く、都心へのアクセスが便利で、生活に必要な商業施設などが揃っている、といった条件を満たしていれば、資産価値はより高くなると言えるでしょう。

また、都心にありながらも自然が豊かで、道路や生活インフラなどが整備された、いわゆる「誰にとっても住みやすい街」も、必然的に資産価値が高くなります。さらにマンションの場合は、管理の状況も資産価値を大きく左右します。実際に住人が生活する専有部分のほか、エレベータや廊下、駐車場などの共有部分も、マンションの資産価値を決める要素の一つだからです。
常駐の管理人がいるかどうかなどを含め、マンションの管理状況をしっかりとチェックすれば、資産価値を見極めることができるかもしれません。

資産価値の目安を知る方法は?

周辺の住環境や交通アクセスの良さ、またその街がどの程度の人気なのかが分かれば、資産価値を知るためのヒントになりますが、他にも、資産価値の目安を知るための手段として、周辺の家賃相場をチェックするという方法があります。マンションの場合、同じマンション内で賃貸に出されている物件があった場合、人に貸した際にどの程度の家賃収入が得られるかが分かり、資産価値の目安となります。
同じフロア、同じ間取りの物件であればなおさらよいでしょう。一戸建ての場合は一概には言えないものの、築年数や床面積、敷地の条件などが似ている賃貸物件があればある程度の目安になります。

ライター/ヨムーノ編集部
Large
ヨムーノ編集部

暮らしと住まいの情報マガジン「ヨムーノ」の編集部スタッフがお届けしています。
Twitter:https://twitter.com/yomu_no

Instagram:https://www.instagram.com/ouccino.jp/

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

関連する記事があります

新着記事