【掃除道具の収納法】おうち中の洗剤を統一してスッキリ!

  • 2019年08月24日公開

掃除道具は1ヶ所にまとめず、それぞれの場所ごとに置いてる方が汚れに気がついた時にサッと取り出してすぐ掃除できます。
すぐに掃除を始められる、使いやすい道具の収納方法を紹介します。

キッチンの掃除道具の収納方法

キッチンの普段の汚れはアルコールスプレーとセスキスプレーがあれば十分キレイになるので、この2つをすぐに取り出せる場所に置いてます。

IHの焦げ付き、シンクのくすみ、水栓の水垢、換気扇レンジフードの汚れは万能Jrくん1つで全てキレイにできるので、磨く時に使うコストコのショップタオルを食洗機下の小さな引き出しに入れてます。

ちょっとした掃除に便利な大きさに切ったメラミンスポンジと4分の1に切ったショップタオルも一緒に収納しています。

リビングの掃除道具の収納方法

リビングにはなるべく物を置かずにスッキリ見せたいので、生活感が出てしまう掃除家電はソファーの後ろに隠しています。

ソファーの後ろにはコンセントがあるので、充電もできてちょうどいいスペースです。
お掃除ロボットの上にブラーバを置いてスッキリ収納。

ちょこっと掃除に使うコードレス掃除機、クイックルワイパー、ハンディモップはひとまとめにして置いています。

コードレス掃除機が倒れにくくなるクリーナースタンドと、クイックルワイパーとハンディモップを収納できるフローリングワイパースタンドが便利です。

洗面室・お風呂の掃除道具の収納方法

洗面所の水栓と浴室のシャワー、それぞれの排水溝のナチュラルクリーニングに大活躍のクエン酸と重曹は洗面所の洗濯洗剤の横に収納しています。 手を洗う度にどうしても濡れてしまう洗面台。鏡や水栓周辺に飛んだ水滴をすぐに拭き取れるように近くに小さなタオルを置いています。

浴室の掃除に使うものは全て吊す収納にしています。こうすると掃除道具が乾きやすいのでカビが生えず、ヌメリが発生することもありません。

トイレの掃除道具の収納方法

便器内の掃除はビニール手袋をして流せるトイレブラシを摘まんで磨くので、それぞれを取り出しやすいケースに入れて収納しています。

毎月末、トイレタンクに重曹を入れて漬け置きするので、詰め替えボトルに入れた重曹と毎日の掃除に使うアルコールスプレーと先ほどのビニール手袋とトイレブラシを一緒にトイレ内の収納ボックスに入れてます。

玄関の掃除道具の収納方法

玄関掃除に使うほうきとちりとりのセットはコンパクトになるものを使っています。
ほうきとちりとりセットと玄関タイルを磨くデッキブラシはシューズクロークの隅に置いています。

場所ごとに「○○用洗剤」を持つと、洗剤の減りが悪かったり、それぞれのストックがごちゃごちゃしたり、洗剤ばかり増えて収納も圧迫してしまいます。
どの場所にも使える洗剤をうまく使うと管理も楽になり、収納もすっきりします。

掃除道具をすぐに取り出せるように収納すると、掃除のやる気が出やすくなるので収納の工夫は大事ですね。

くまさん

「大掃除したくないから 掃除は毎日少しずつ!」続けるためにズボラ掃除を提案しています。収納・整理整頓、ストック魔!

くまさん の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事