1食100円以下で外食レベル!「成城石井でしか買えない!」おサボり系時短グルメ3選

  • 2019年08月30日公開

こんにちは!ヨムーノライターのメイです。わんぱく男児二人の子育て真っ最中ですが、「育児はクリエイティブ」をモットーに日々何とか乗り切っています。

主婦の平日ランチの強い味方、パスタソース。
パスタを茹でるだけであっという間に一皿完成してしまうので、家に買い置きしている方も多いのではないでしょうか。

しかし、麺にソースを和えるだけの具無しパスタだけでは、少し物足りないと感じた事はありませんか?

栄養バランスも気になります。
そこで今回は市販のソースにちょっとしたひと手間を加えて、レストランのようなボリュームのあるパスタを作ってみたいと思います。

使うのは成城石井の「あえるパスタソース」シリーズ。
それぞれ5食入りで500円以内というコスパの良さ。一食あたり100円未満という計算になります。

それでは早速レシピをご紹介します。

成城石井おすすめ

惣菜・スイーツ・おつまみまで厳選まとめ

成城石井「アラビアータソース 5食入り」459円(税別)

トマトソースに唐辛子の辛さがきいたアラビアータソース。
パンチのきいた味なので、肉類と合わせると相性抜群です。こちらで二種類作ってみました。

ベーコンとナスのアラビアータ

トマトパスタの定番、ベーコンとナスを合わせてみました。どちらも火が通りやすいので、さっと炒めた後、ソースを絡めれば出来上がり。とても簡単です。

最後にお好みでパルメザンチーズを振りかければ、コクが増してさらに美味しくなります。

ピリ辛ナポリタン

冷蔵庫にあるピーマンや玉ねぎ、ソーセージを使ったナポリタンなら、思い立った時にすぐ作ることができますよね。
今回はカラーピーマンが何種類かあったので、それを使ってみました。色鮮やかで見た目も綺麗ですよね。

こちらも具材を炒めた後、ソースを絡めるだけ。ピーマンはしっかり炒めた方が、甘さが出て美味しいです。

成城石井「4種のチーズのクリームソース5食入り」459円(税別)

4種のチーズが奥深い味わいを出してくれるクリームソース。蒸しどりやサーモンなど、パサつきが気になる具材でもしっとりとまろやかな食感になります。

きのこと蒸し鶏のクリームパスタ

しめじ、マイタケ、えのきだけ、シイタケ。どんなきのこでも美味しいです。キノコは一種類ではなく数種類を組み合わせると美味しさが倍増します。

具材をさっと炒めてソースと和えれば出来上がり。蒸し鶏がない場合はベーコンやハム、ツナ缶などで代用しても良いですよ。

最後に胡椒をきかせるとピリッとアクセントになります。

サーモンと青菜のクリームパスタ

スモークサーモンのスモーキーな香りはクリームソースとの合わせると絶品。
しっかりとした塩味もあるので、青菜を多めに入れて味を調整します。

青菜はホウレンソウや小松菜、チンゲン菜など冷蔵庫にあるもので。今回はあしたばがあったので、それを炒めてみました。
スモークサーモンのもちっとした食感が残るように炒めすぎに注意します。

同じ材料でパスタをご飯に変えればリゾットにもなります。

成城石井「ローストガーリックのペペロンチーノ5食入り」459円(税別)

ニンニクの風味と唐辛子の辛みがきいたペペロンチーノは、シンプルなソースなので、具材の味を活かすアレンジにおすすめです。

特に風味豊かな季節の食材はぴったり。また魚介類との相性も良いです。

ホタルイカと菜の花のペペロンチーノ

春の食材、ホタルイカと菜の花を使ったペペロンチーノです。
菜の花は茎の部分が固い場合があるので、しっかりと炒めましょう。

ホタルイカは生食できる状態で販売されている場合が多いので、最後にさっと炒める程度で十分です。

他にもアスパラや春キャベツ、タケノコ、そら豆などの野菜に、タコやアサリなどの魚介類を加えるレシピもおすすめです。魚介類が苦手な方は、ベーコンやハムでも。

具材を変えれば毎日でも飽きない!成城石井のパスタソース

外食すると1000円前後はかかってしまうパスタランチ。
しかし、冷蔵庫の残り物を使えば、たったの100円程度でレストランの味を再現することができます。

時短のカギはパスタソースにちょい足し。キッチンに常備しておけば、急な来客時にもさっと美味しいランチを作ることができますよ。

男児二人を育てるフリーライター。手抜き息抜きしながらも「育児はクリエイティブで楽しくなる」をモットーに、時々ちょっとだけ手をかけてみるライフスタイルを実行中。趣味の食べ歩きが高じて、フードアナリストの資格を取得。おもにトレンドショップのおすすめ商品やアレンジレシピなどについての記事を更新していきます。

メイ の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事