今100均「#使い捨て弁当」がおしゃれすぎてカフェ仰天!?100倍“映え”る8つの神ワザ

  • 2019年09月12日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

「ランチのあとお出かけするから」
「部活で帰りが遅いから」

なんて時は、使い捨て弁当箱が楽ちん。
軽い上に洗い物がでないので、弁当箱の存在を気にすることがなくお出かけを楽しめます。

そんな使い捨て弁当箱で人気なのが、100均のペーパーや透明フタのフードパックタイプ。
思わず家族が「おいしそう!」と食欲増進しちゃう詰め方のコツをご紹介します。

大人気!モールドペーパー弁当箱は立体演出がコツ!?

最近100均で大人気なのが「モールド(型抜き)」タイプのパルプやサトウキビを原料にしたペーパーフードパック。
上下同じ形のボックスが貝殻のように合わさるバーガーケース型です。こちらも詰め方にコツがある!?

「ワックスペーパー」必須!かわいいものを選ぶ

しっかり型押ししているとはいえ紙なので、水分でふやけてしまわないように「ワックスペーパー」や「クッキングシート」は必須です。
最近は100均でもかわいらしい模様が増加中!これだけでカフェ風演出に。

▼クッキングシートという名前で売られていることも。

ワンプレート盛りは一段とカフェ風に

使い捨て弁当箱は通常のお弁当箱と比べて「ワンプレート盛り」がしやすいのが特徴。
モールドタイプは深さと高さがあるので、このように重ねてワンプレート風に。

セリアのボヌールSSサイズにケチャップを入れると、さらにカフェ風に。(こちらは持ち帰りましょう!)

モールドタイプは手作りハンバーガーと相性抜群!

絶対間違いナシ!モールドタイプは高さがあるのでハンバーガーとは好相性。
横長タイプは、おかずも一緒に入れられるので、栄養バランスもばっちり。

ハンバーガーでも、カラフルでポップなワックスペーパーと、彩り良いおかずを詰めれば、開けた瞬間こんなに鮮やかに!

おにぎりも高さが出せるのがモールドタイプ!

通常のお弁当箱だとフタでつぶれてしまう高さのあるおにぎりも、モールドタイプはフタに高さがあるのですんなり詰めることができます。
いつもは横にしないと詰められないおかずも縦に!モールドタイプは「縦を意識する」ことがコツのようですね。

丸見え!?「透明なフタ」だからこその“映え”コツ!

昔からある「透明のフタ」のフードパックも、100均でかわいくおしゃれに成長中。
アルファベット柄などおしゃれなものがたくさん増えています。

それでも「フタは透明のまま」なのが大きな特徴。ようするに、上から丸見えのお弁当箱!?

細長いおにぎりは食べやすくて食欲がわく!

透明なフタなので、テーブルに出した瞬間にお弁当の中身が丸見え。
ちょっといつもと違う形とデザインのおにぎりが入っていたら、それだけで笑顔になれそう!

しかも、細長いおにぎりはちょうど口のサイズなので子どもも食べやすく、ママの間でも人気の形です。
家族と外で食べるにも、とっても食べやすいのでおすすめ。

覚書!ホットドッグはハーフサイズが3つ入る

これはナイスサイズ!と思わずうなったのがこちらの「ホットドッグ1/2本を3つ入れる」詰め方。
コッペパンを3本用意して具材を詰めれば、フードパック2つ分が作れるということ。

ついつい「長いままどうにか入らないか」と無理やり詰めてしまいそうですが、これなら種類豊富にベストマッチ。覚えておきたい!

頭を柔らかく!「横長」に詰めるだけ

毎日のお弁当、どうしても同じようなおかずになってしまいがち……ならば、このように横長に詰めてみては。
これだけで、グッとおしゃれに格上げされ、”いつもと違う”感が。

お弁当の詰め方って固定観念でどうしても、ごはんは左に、おかずは右に……と詰めがち。
しかし斜めにしたり、ごはんを真ん中に盛ったり、詰め方はその日の気分で自由が“映え”よく素敵に!

旅行のお供ならつまみやすいサイズ!

「電車の中で食べる」「食べる時間があまりない」「みんなでつまむ」という時は、お弁当のおにぎりもおかずも、すべて“ひとくちサイズ”に作ると食べやすくて大好評。

部活弁当も「ついついがっついて」食べてしまいがちですが、ひとくちサイズで作っておくと、咀嚼回数が増えて消化もよくなりそう。
平べったいお弁当箱には詰めやすさも抜群!

使い捨て弁当箱は「宝箱」!嬉しいお土産みたい

通常のお弁当箱でももちろんおいしいですが、なぜでしょう、使い捨て弁当箱にはワクワクが詰まっています。
受け取った瞬間、お土産をもらったような嬉しさと、食べる瞬間に宝箱を開けたような喜びが!

食欲アップにもつながる詰め方のコツをおさえて、ぜひいろいろ試してみてくださいね。

木月 ハチ
ヨムーノライター
木月 ハチ の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事