399円からの大ヒットグッズに「ニトリさんドヤ顔!」全サイズ大人買いして収納したい♡

  • 2021年03月24日更新

こんにちは。すっきりインテリアを目指して日々奮闘中のヨムーノライターspringsoundです。

インスタにはおしゃれなキッチン収納写真があふれていますよね。
それに引き換え我が家は……どうもイマイチ。

特に気になるのが、キッチンの深めの引き出しの中。
調味料や乾物を収納しているのですが、それがすっきりしない。

で……どうすればいいの?と悩んだ挙句、とりあえず困った時はニトリへ!
というわけで行ってみました、ニトリ。

すると、ありました!
ぴったりなのが。

というわけで今回は、使ってよかった調味料収納アイテム「Easyレバーキャニスター」をご紹介します。密閉してくれるので乾物の保管にもぴったりです。

ニトリ人気記事まとめ

整理収納アドバイザーや収納マニアが使っているニトリ活用事例記事一覧はこちら

Easyレバーキャニスター 370円~1,380円(税別)

ニトリEasyレバーキャニスター

サイズはS・M・Lの3つ。
それぞれのサイズの中でまた種類があり、高さの違いで内容量が変わります。

Lサイズは結構大きいので、我が家はSとMサイズを購入。

左から、Sサイズ270ml×2、Mサイズ460ml×2、Mサイズ1200ml、Mサイズ800ml。

入れてあるもの、左から、キューブ型のコンソメ・唐辛子・中華だしのもと・かつお節・もち麦(800g)、片栗粉です。

高さについてですが、M460ml(サイズ(約): 幅10×奥行10×高さ10.2cm)を2つ重ねたものと、M1200ml(サイズ(約): 幅10×奥行10×高さ20.3cm)がほぼ同じくらいです。

ほかのサイズも、組み合わせの仕方で高さをそろえることができるようになっています。

使い方とメリット・デメリット

使い方は、フタ中央のレバーをつまんで上に起こすと、ロックが解除されてフタが開きます。ふたを閉め、レバーを倒すと、ロックされます。レバーが倒れているときはフタは開きません。名前の通り、イージーな使い心地です。

色は白と透明で、清潔感があってGOOD。

メリット

しっかり密閉、ワンタッチで開閉できる
少し封を切った調味料や乾物って、保管に悩むんですよね。輪ゴムで留めただけでは湿気るし、最後にはどこかで迷子になっていました。(筆者の家だけかもしれませんが。)しかし、これなら湿気を心配せずに保管できます。開閉も力がいらず、カンタン。

口が大きくて洗いやすく、ゴムパッキンも外せる
粉ものを入れていると、どうしても口周りが粉だらけになるので、洗いやすさは大事です。ニトリには、ほかに入れ口が丸型の容器も売られていましたが、洗いやすさでいうと断然こっち。詰め替えの際には丸洗いできて、衛生的です。

プラスチックなので軽く、扱いやすい
ガラスは重厚感があってオシャレですが、割れないか、と心配だし扱いにくい面もありますよね。でも、これはプラスチックなので、ちょっと荒く扱っても?平気です。

サイズ展開が豊富
入れたいものや、置きたい場所に合わせて選べるのが便利。そろえれば統一感があって、おしゃれに見えます。

四角い形状なので、並べた時無駄がない
形状が丸いと、無駄なスペースが発生しがち。これは、四角いので場所いっぱい有効に使えます。

スタッキングがしっかりしている
しっかり重なるので、引き出しを開け閉めしても、グラグラしたり落ちたりしません。

デメリット

上から見たときに何が入っているのか分かりづらい
我が家は、深さのある引き出しにスタッキングして並べていれたので、上から見ただけでは何が入っているのかわかりにくいです。ラベリングをすれば、解決しましたが。横に並べて使う分には問題ないと思います。

パッキン部分があるので、高さ=内容物が入る高さではない
調味料だと一緒にスプーンも入れたいのですが、ものによっては入らない場合がありました。 また、入れたい乾物があり、高さを確認したのですが、パッキンの厚みを考えていなかった……。入れたいものに余裕を持った高さが必要です。

まるきり片手では、開けづらい
調理中に片手で開けるのは、少し難しいです。すぐに使いたい砂糖や塩は、結局、片手でぱっと開けられる100均の容器に戻してしました。

洗ったときに乾きにくい

ゴムパッキンを外して洗えるのはいいが、形状がやや複雑で乾きにくいです。

食器洗い乾燥機は使えない

まとめ

多少デメリットはあるものの(笑)、食材を保管するのに優秀なこのアイテム。

引き出しの中も、すっきりまとまって大満足しています。お値段は税別370円~1,380円です。

かなりお手頃価格ですので、今後も少しずつ増やしていきたいアイテムです。ニトリに行った際には、ぜひチェックしてみてください。

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事