実力最強!ダイソー噂の新コスメ「ITGIRL」はエモみがすごい♡マニアが万能カラー使いこなし

  • 2019年10月12日公開

こんにちは。コスメコンシェルジュのヨムーノライター、佐久間あすかです。

今回は、ふとダイソーに立ち寄った際に見つけた、新コスメライン「ITGIRL」をご紹介します。

思わず手に取ってしまいたくなるパッケージとネーミング

100円ショップ「ザ・ダイソー」のコスメを使ったことはありますか?
筆者は100円でコスメが買えると思うと、ついつい立ち寄ってしまいます。

この間、ダイソーのパトロールをした際に、なんとも可愛らしいコスメラインが発売されていたので、購入してみました!

とにかく可愛いパッケージ!

パッケージがピンクと白と水色のグラデーションになっていて、ロゴはハートマーク。
小さい頃にイメージしたコスメのイメージってこんな感じだったかな、と思いました。

思わず胸がときめきます♪

センス抜群のネーミング!

ひとつひとつのカラーに名前がついているのですが、ベージュシャドウには「思わせぶり」、ピンクシャドウには「恋模様」など、聞いただけでは「どんな色?」と思ってしまうような名前ばかり。

エモみのあるネームに惹かれ、ついつい試してみたくなってしまいます♪

100円の実力や、いかに!?つけ心地・発色レビュー

クリームチーク&リップ

まずは、クリームチーク&リップのつけ心地、それから発色を見ていきたいと思います。

私が選んだのは「思わせボルドー」と「謎めくベリー」。
写真の上側2つのスウォッチが「思わせボルドー」、下側2つが「謎めくベリー」です。

それぞれ上は3度塗り、下は1度塗りしました。

2色ともクリームチークとして使うには濃すぎず薄すぎず、ちょうど良い発色具合だと感じます。
リップとして使うと、シアーな感じに仕上がります。

アイシャドウ

こちらが私が選んだアイシャドウ4色です。

上のスウォッチから順に、「憧れの人」「恋模様」「思わせぶり」「星空のまたたき」です。

憧れの人…マットな質感の中に密かにラメが煌めくレンガ色
恋模様…マットの中に控えめなラメ感のある青味ピンク
思わせぶり…ラメが綺麗なベージュ色
星空のまたたき…大粒のラメが満点の星空のようにキラつくホワイト

どれも可愛らしい色ですよね。
スウォッチした時は気にならなかったのですが、実際目元に使うと若干粉飛びが気になります。

そんな時はアイシャドウベースを仕込んで、さらにブラシ使いではなくチップ使いをすると、見たままの発色をしてくれるのでおすすめです。

「恋模様」はブラシに少しだけ取り、チークとしても使えました。
「星空のまたたき」は頬と目元のCゾーンに、大粒ラメのハイライトとして入れても◎。

自分なりにアレンジして使うのも楽しいアイテムです。

クレヨンリップ

繰り出しペンシル型のクレヨンリップも、可愛らしく持ち運びにも便利。

私はマットなコーラル系ピンクの「小悪魔ピンク」とニュアンスカラーの青ラメが輝く「フェアリーシャイン」、ピンクラメがチラつく「ラブリーシャイン」の3色を購入しました。

「小悪魔ピンク」と「フェアリーシャイン」「ラブリーシャイン」をそれぞれ重ねて塗ってみました。
上に重ねるニュアンスカラーで、こんなにも「小悪魔ピンク」が違う顔を見せるなんて!

ニュアンスカラー単体で使用しても、つやつやキラキラの唇になります。
ラブリーシャインはほんのりピンクに色づくので、ナチュラルななかで少し主張したいときにもおすすめです♪

また、ニュアンスカラーはアイメイクにも使える万能アイテムなので、ラメが好きな方はぜひチャレンジしてみてください!

実際メイクしてみると、こんな感じ♪

実際にアイシャドウとリップを使ってメイクをしてみるとこのような感じになりました。
上まぶたにベージュ系の「思わせぶり」、下まぶたに「恋模様」を使っています。

リップは「小悪魔ピンク」を薄く塗った上に「フェアリーシャイン」を使用しました!

おわりに

いかがでしたか?
100円で手に入るトキメキと楽しさ。 皆さんもダイソーに行かれた際は、GETしてみてくださいね!

※価格は税別です。

佐久間あすか
コスメコンシェルジュ・美容ライター

コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1.2級)であり、美容ライター。スキンケアもメイクアップ製品もデパコス・プチプラ問わずどちらも大好きなコスメオタク。美的.comの公式ブログや多数Webメディアで美容記事を執筆中。ニキビ肌に悩まされた経験から、美肌になる方法やスキンケア製品を日頃追い求めている。メイクアップアドバイザー検定の資格も取り、スキンケアだけでなくメイクの研究にも力を入れている。趣味はコスメ収集、海外旅行。

佐久間あすか の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事