驚きアイデア炸裂!「ニトリのハンガー」VS「100均ワイヤーネット」使えるベルト収納BEST12

  • 2019年11月09日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

意外とかさばりがちなベルト。レザーの風合いを損ねないためにも、使わないときは大切に収納しておきたいですよね。

洋服を引き立てる小物ということもあり、なかなかコレ!といったベルト収納にたどりつけていない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はベルト収納にフォーカスして、インスタグラムで見つけたアイデアをたっぷり紹介します。ニトリのベルトハンガーや100均グッズを活用したアイデアもお伝えします!

ベルト収納方法は2通り

ベルトを収納するには「掛ける」か「並べる」かの2通りの方法があります。

掛ける収納

ポールやフックなどを活用すると、ベルトを掛けて収納することができます。
ベルトに負荷がかかりにくく、形を崩さずに収納できますね。

並べて収納

収納ケースやボックスなどにベルトを丸めて収納する方法もあります。上から並べて見ることができるので、パッと見て選びやすいのがメリットです。

それぞれの部屋や、生活スタイルにあった方法で収納してみてくださいね。
次からは、インスタグラムで見つけたベルト収納事例を紹介します。

真似したい!ベルトを掛けて収納するアイデア

100均のワイヤーネットにネクタイとベルトを収納

@maburingoさんは、100均で購入できるワイヤーネットとフックを組み合わせ、ネクタイとベルトを収納しています。ワイヤーネットはサイズ違いでいくつか展開しているので、クローゼットの大きさに合わせて選ぶことができて便利。

@maburingoさんのように横長にワイヤーネットを使うと、大容量を吊るせるのに省スペースで収納できます。真似してみたいアイデアですね。

ベルトと帽子はセリアのアイアンバーで壁掛け収納

@momonga_houseさんは、バッグ類やスカーフ類など、アイテムごとにカスタマイズして収納スペースを工夫しています。

帽子とベルト類は、セリアで購入できるアイアンバーを壁に取り付け、掛けて収納しているのだそう。

壁に収納ツールを取り付けることで無駄な空間ができにくく、ベルトの収納スペースも作れますね。なるほどなアイデアです!

連結できる100均のベルト&ネクタイ専用ハンガー

@zuborak445さんは、クローゼットの扉の内側を帽子とベルトの収納スペースにしています。

使っているネクタイ・ベルト用のハンガーは、セリアやダイソーで購入できるそう。縦に連結もできるので、アイテムの数だけつなげて使うこともできそうですね。

つっぱり棒+S字フックでベルト収納

@kita__shelfさんは、つっぱり棒を利用してベルトを吊るす収納にしています。

つっぱり棒は収納スペースに合わせて好みの長さが選べるので、アイテムの数だけS字フックを付け足せば拡張も可能。ベルトだけではなくほかのアイテムを吊るして収納するのにも応用できるアイデアですね。

スペースの奥行きを利用してベルトを上手に収納

@yumiko.hagiさんも、つっぱり棒+S字フックを組み合わせたベルトの収納方法を採用しています。

収納スペースの手前に衣類を吊るし、奥の空いているスペースにベルトを吊るすことで空間の無駄が出ませんね。

若干高さを変えて収納場所を設置することで、見えやすく出し入れもしやすく、少しの工夫がグンと暮らしやすい生活にしています。

壁にベルトを吊るして壁掛けディスプレイを楽しむ

@kokotatsu.1122さんは、ハンドメイドでベルトを収納するハンガーを作ったのだそう。製作費用は432円。

色やデザインが異なるアイテムを吊るせば壁掛けディスプレイとしても楽しめますね。

シルバーで美しいニトリのベルトハンガー

@yukiran_homeさんは、トップスやボトムスなど、アイテムごとに異なるハンガーをセレクトし、機能的な収納スペースを作っています。

スライドして最後の写真を見てもらうとわかるように、ベルトの収納はニトリで購入できるベルトハンガーを利用。トップスのハンガーのフック部分と同じシルバーで統一することで、クローゼットの見た目も美しくなっていますね。

4方向にスペースを分散してベルトやバッグを収納

@laki_windさんも、ニトリのベルトハンガーを利用してベルトやバッグ類を収納しています。

1つのハンガーに4方向のフックが付いているので、お互いのスペースを干渉せずにアイテムが収納できる優れもの。スリムな見た目以上の収納力はうれしいですね。

見やすさ◎。ベルトを丸めて収納するアイデア

仕切り付きの収納ケースにベルトを丸めて収納

@thee_junさんは、ケースを利用してベルト丸めて収納しています。

仕切り付きのケースのサイズにぴったりベルトが収まり、見た目もスッキリで無駄なスペースもありません。同じ収納ケースを見つけたら迷わず購入してしまいそうなGOODアイデアですね。

仕切り付き収納ボックスにアイテム分類した快適収納

_manyagohan_さんは、引き出しに仕切り付きの収納ボックスを取り入れてアイテムごとに整理された収納スペースを作っています。

ネクタイやベルトなどを丸めてコンパクトにしておくと、引き出しの中で一覧性が生まれて出し入れしやすくなりそうですね。

使いやすいベルト収納になるよう工夫してみよう

ベルト収納の基本は「掛ける」か「並べる」かの2種類。お手持ちのベルトの数や、部屋のスペースに合わせて、効率的な収納方法を探してみてくださいね。

ベルトは長さはありますが、薄くて比較的場所を取らないので、普段活用できていないデッドスペースも活用できるかもしれません。

今回紹介したアイデアをぜひ参考にしてみてくださいね。

あわせて読みたい!洋服収納アイデア

【洋服の収納】ニトリや無印、100均、ラブリコなどで場所別・種類別・アイテム別アイデアまとめ

※投稿者の許諾を得て掲載しています。

ヨムーノ編集部

【開催中】
・「サーティワン アイスクリーム レギュラーシングルギフト券」が抽選で当たるキャンペーン!詳しくはヨムーノ公式Twitterアカウントをチェック♪
・「花王 クイックル Joan 除菌スプレー・除菌シートセット」が抽選で当たるキャンペーン!詳しくはヨムーノ公式Instagramアカウントをチェック♪

【募集中】
素敵な写真やアイデアを投稿したり、モニターやアンケートにご協力いただく「ヨムーノメイト(ヨムーノ公式インスタグラマー)」を募集しています。詳しくはこちら

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事