【時短で簡単】電子レンジ掃除術!チンで頑固な汚れもにおいも除去!

  • 2019年10月23日更新

こんにちは、ヨムーノ編集部です。 電子レンジの掃除はどのくらいの頻度で行っていますか?
使用中はそんなに気にならない庫内の汚れ。

いざ、掃除をしようと庫内を覗いてみるとけっこう汚れていることにビックリすることもあります。電子レンジを使う頻度や使い方で庫内の汚れ方も大きく変わってきます。

そこで今回は、電子レンジ掃除の定番・重曹はもちろん、頑固な汚れも落とせるお掃除のコツをここで紹介します。コツを知ると掃除の時短につながります。

家にあるものでOK!電子レンジお掃除グッズ

電子レンジ庫内に置かれたパスタ 一般のご家庭にあるもので出来る、簡単な掃除グッズをご紹介します。

  • 重曹
  • セスキ炭酸ソーダ
  • クエン酸
  • レモン
  • レンジで使える容器
  • 古布やキッチンペーパー
  • マイクロファイバー

重曹やセスキは100円ショップでも売っていますね。

電子レンジ庫内の汚れを落とす掃除術3選

(1)汚れもレンジでチンして落とす

お掃除の手順

  1. コップ1杯ほどの水に対して大さじ1杯の重曹orセスキ炭酸ソーダを混ぜ、レンジで3分から5分ほど加熱します。このときラップはかけないでください。

  2. 扉を閉めたまま、20分ほど放置します。このときに水蒸気と重曹(またはセスキ)が汚れをふやかして落としやすくしてくれます。

  3. 古布やキッチンペーパーに先ほど使った重曹(またはセスキ)入りの水をつけて軽く絞ってから、レンジの内側を拭きます。最後に乾拭きをするだけ

(2)消臭効果をあわせた掃除

お掃除の手順

アルカリ性である重曹は、油を含んだ酸性の汚れに効果を発揮します。
重曹は、臭いを中和する効果もあるので電子レンジ独特の様々な食品の混ざった臭いを消臭する効果があります。

また、水垢や魚の臭い、レンジ内がベタベタしている場合は酸性のクエン酸やレモンを使います。
ここではご家庭で用意しやすい、レモンを使った掃除方法を紹介します。

  1. 200mlの水を耐熱容器に入れ、その中にレモンを丸々1個絞りましょう。絞り終わったレモンもその水の中に入れてしまいます。

  2. レンジで約3分加熱し、15分蒸らしてから、拭きとってください。油汚れが気になるところには、レモンの切り口を擦りつけると油を溶かす成分が汚れを落としやすくしてくれます。

(3)ダイソーの電子レンジ洗浄剤

ダイソーの電子レンジ洗浄剤 汚れがひどいと雑巾やスポンジが1回でダメになってしまうことも多いもの。
しかし、今回使用したダイソーの「電子レンジ洗浄剤」は、100円でスポンジと洗浄剤がセットになっています。

使い方

庫内に置かれたダイソーの電子レンジ洗浄剤 レンジ台に、同梱されている液剤をかけたスポンジをのせて電子レンジでチン! 汚れたスポンジ 焦げなどがごっそりとれます。スポンジも庫内も温まって、汚れが落ちやすくなっているのが分かります。
スポンジを水で軽く洗い流したら、またある程度きれいな状態になるので、同じスポンジでレンジの扉の前側や上側もお掃除できます。

電子レンジ外側の掃除

たたんでいるマイクロファイバー 電子レンジ外側の掃除にはマイクロファイバーがおすすめです。
通気口のホコリを乾拭きしたり、取っ手やボタン部分などの軽い汚れならマイクロファイバー特有の極細繊維が、キレイに絡めとってくれます。100円ショップやスーパーでも簡単に手に入ります。

電子レンジを掃除する頻度

電子レンジをキレイに保つには「汚れたらすぐに拭く」「ラップやフタで食品の飛び散りを防ぐ」ことがポイントです。
毎日使うたびに掃除するのが難しい場合は、1週間に1度でもこの方法で効率よくお掃除してみてはいかがでしょうか。

電子レンジの汚れが蓄積するとどうなる?

電子レンジ内の汚れをそのままにしていると、温めるたびに余計な電力を使ったり、故障や発火の危険があります。

食べカスや汚れも温めるものだと判断してしまうため温めたい食品に熱が集中せず、それが長時間続くことによって汚れに熱が集中し発火したという例もあるようです。

ヨムーノ編集部

【募集中】
素敵な写真やアイデアを投稿したり、モニターやアンケートにご協力いただく「ヨムーノメイト(ヨムーノ公式インスタグラマー)」を募集しています。詳しくはこちら

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事