"ほったらかし時短"で本格料理がラクすぎ!話題の「電気圧力鍋」インスタ達人激推しレシピ13選

  • 2019年11月13日公開
  • PR

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

仕事に家事に、とにかく忙しい毎日。時間はかけられないけれど、家族が喜ぶ"きちんと料理"を作りたい!
そんな時は、時短に役立つ調理器具を使うのもひとつです。

食材の素材のおいしさそのままに、“ほったらかし”で手軽に料理ができるパナソニックの「電気圧力鍋」をご存知ですか?

今回は、超お手軽に、手が込んだ料理が完成する「電気圧力鍋」をご紹介します。「えっ、ほったらかしでこんな料理が!?」驚愕の本格レシピの数々に、ヨムーノメイト(ヨムーノ 公式インスタグラマー)がトライしてくれました。

パナソニック新「電気圧力鍋」は忙しい人の救世主!4大メリット

「電気圧力鍋」には、忙しくても"きちんと料理"が作れる4つのポイントがあります。

①「圧力調理」だから、"時短"なのに"本格料理"が作れる

夕飯作りは、忙しい毎日の中でも負担の大きい家事のひとつです。

育児や仕事でクタクタに疲れていても、決して手抜きはしたくない!家族においしい料理を食べてもらいたい!そんな想いを「電気圧力鍋」が叶えてくれます。

「電気圧力鍋」は、圧力調理だから、時間のかかる本格的な煮物も、調理時間をぐっと短縮できます。例えば、通常3時間かかる「豚の角煮」も1時間でホロホロになるんです。

②ほったらかしで「時産」。ゆとりが生まれる!

使い方はシンプル。材料を入れ、ふたをしておもりを「排気/密閉」に合わせ、ボタンを押せば調理開始。あとは待つだけで調理完了(※)です。自動メニューも搭載していて、火加減も調整もボタンひとつであとはお任せ。“ほったらかし”なのに、本格調理ができるのは嬉しいですね。

調理中にずっと火加減を見守る必要もないので、空いた時間に他の用事を済ませたり、家族とゆっくり過ごすこともでき、おうち時間に「ゆとり」を作ることができます。
圧力鍋ならではの大きな蒸気音もなく、子どもが寝ていても安心です。

(※...下ごしらえや、出来上がり後の煮込み・味付けが必要なレシピもあります)

「電気圧力鍋」の使い方を見る

③圧力調理だけでなく、「無水調理」や「低温調理」も!

さらに、蒸発が少ないので、水の使用量もカット!野菜のうまみをたっぷり凝縮して作る「無水調理」もできるんです。肉や魚のみずみずしさを残して調理する「低温調理」も、ボタン1つで可能。

④毎日の食卓も、休日のごちそうも!すぐに使える80のレシピBOOK付き

「電気圧力鍋」を初めて使う人でも安心の、レシピブックが付いています。このレシピブックには、「電気圧力鍋」の使い方に沿った80レシピを掲載(WEBサイトでは100レシピを紹介中)。

「シチュー」や「肉じゃが」などの普段の家庭料理から、まるでレストランのメニューのような「スペアリブ」「ローストポーク」といった豪華な料理まで、この一冊に豊富なラインナップ。毎日の食卓も、休日のごちそうも、これ一冊があればバッチリですね!

それではさっそく、ヨムーノメイトのみなさんが作ったレシピをご紹介します。

手間がかかる「煮込み料理」もほったらかしで完成!レシピ3選

まるで母がじっくり作る本格派「豚の角煮」

@ru.ru_rumiさん
「ソーイング講師」や「ハーバリウム認定講師」の資格を保有。“コメスタグラマー”として、おにぎりをはじめお米を使った数々のレシピを開発し、ヘルシー料理のプロとして活躍中。
るみ様.png

母親の作る煮物が好きで、煮物の研究にハマっている@ru.ru_rumiさん。
今回は、家庭の味の定番「豚の角煮」を、「電気圧力鍋」で作ってみました。

適度な大きさに切った材料を、調味料とともに入れ、「圧力調理/3分」に設定。調理スタートを押してブザーが鳴るのを待つだけの調理は、普段のガス式圧力鍋で作る時に比べて1/3の調理時間。

煮物だけでなく、ごはんや蒸し料理もできて幅広いから大活躍しそうです。それに、小さくて場所もとらないから、キッチンのどこでも調理できそうです。
また、煮物はとにかく時間がかかる分、光熱費もかかります。でも「電気圧力鍋」なら、時間も光熱費も節約になり、冬の煮物にどんどん使いたいと思いました。(@ru.ru_rumiさん)

@ru.ru_rumiさんのレシピはInstagramでチェック!

豚汁とセットで秋の旬「さんまの甘露煮」

@miekos_kitchenさん
管理栄養士・調理師の資格を持つ2児の母。家事貯金ができる1週間献立を立案し、毎週レシピ表をInstagramで発信。栄養の専門家として、賢くおいしい食生活の記録に多くの人気を集めている。

圧力鍋自体を初めて使ったという@miekos_kitchenさんは、レシピブックをそばに置き、「圧力調理/25分」ボタンを押して調理開始。
最後に10分煮詰めて、家族でおいしい秋の味覚を味わいました。

短時間で本当にさんまの煮物がおいしくできるのか半信半疑だったという@miekos_kitchenさん。たまに「電気圧力鍋」の様子を気にしながらも、次第に、この待ち時間に子どもと会話をするなどの余裕が生まれたことに気づきました。

いつもなら、夕飯作りの時間は、子どもを“ほったらかし”です(笑)。ボタンを押したあとの待ち時間に、豚汁を作り、子どもの宿題まで見られる時間ができたことに正直驚きました。(@miekos_kitchenさん)

さらに、管理栄養士の資格を持つ@miekos_kitchenさんが注目したのが、「骨まで食べられる」ということ。「電気圧力鍋」は、小魚の骨がやわらかくなる圧力調理も特徴なんです。

@miekos_kitchenさんのレシピはInstagramでチェック!

初めての無水調理に感動!「野菜たっぷりのトマトカレー」

@n_1019_さん
愛知県在住の人気ヨムーノメイト。食費を上手に節約しながらも、毎日の食卓が楽しくなるような工夫を凝らし、数々のワンプレートレシピを考案。季節の味覚を取り入れた小鉢にも注目。
n1019様.png

@n_1019_さんは、「電気圧力鍋」で初めての無水調理に挑戦!

@n_1019_さんは、ゆで卵やサラダを添えた、ヘルシーな「野菜たっぷりのトマトカレー」のワンプレートを作りました。 水で煮込む普段のカレーとの違いを“食感”に感じたのだそうですよ。

カレーは鍋で煮るもの、という考え方がガラッと変わりました。おもりを密封に合わせ「無水調理/15分」で調理したら、旨味がぎゅっと凝縮されたカレーができました。野菜も、口の中でホロホロ溶けるわりには、食感もしっかり残っていて、夫も「本格的だね」と褒めてくれました。(@n_1019_さん)

@n_1019_さんのレシピはInstagramでチェック!

「ほったらかし時短」のおかげで品数プラス!豪華献立ができた

「ふろふき大根」ほったらかしで調理時間1/3!一汁三菜以上の料亭風献立

@emirry1227さんは、普段からワンプレートに小鉢をのせた、一汁三菜の献立作りが得意。
そんな@emirry1227さんは今回、「電気圧力鍋」で“ほったらかし調理”中に、数品を作って、料理の時間を大幅短縮!

@emirry1227さん
カフェごはんから和食までジャンルを問わず人気のヨムーノメイト。一汁三菜以上のお皿が並ぶ、料亭さながらの朝食は特に人気で。簡単でSNS映えする投稿は、たくさんの主婦から支持を集める。
n1019様.png

メインは「圧力調理/10分」で作った「ふろふき大根」。
大根を煮ている間に、ふろふき大根にのせた肉味噌も、卵焼きも、小松菜炒めも、副菜すべて作ることができました。

ふろふき大根の下処理や煮る時間を考えても、普段の調理の1/3程度の時間に短縮できたのだとか。

普段の圧力鍋だと、タイマーをかけたり、おもりの回り方によって火を弱めたり、心配でついていなければならないのですが、「電気圧力鍋」は自然にタイマーが切れるので、安心して他の調理ができました。(@emirry1227さん)

@emirry1227さんのレシピはInstagramでチェック!

ほったらかしの間に小鉢全品が揃う、よだれ鷄献立!

@ayaka_t0911さん
総合職のキャリアを継続する共働き夫婦。ふたり暮らし向けの“ふたりごはん”をInstagramで投稿し続け、節約しながらおいしいごはんづくりを多数発信!食費を月2万円に抑えるなど、献立に工夫を凝らした一汁三菜シリーズが人気。
n1019様.png

@ayaka_t0911さんは、「圧力調理/2分」で「よだれ鶏」を完成。
待ちの間に、人参のナムル、切干大根とカニカマの明太マヨ和えの副菜を作りました。

共働きなので、会社から帰った後に疲れていても、ボタンを押すだけであとは放置できるって魅力的です。火加減を気にしなくていいから、まるで炊飯器感覚で夫も簡単に操作できそう!(@ayaka_t0911さん)

@ayaka_t0911さんのレシピはInstagramでチェック!

<番外編>あと一品欲しいときに!ランチもすぐできる「蒸し鶏のサラダ」

「電気圧力鍋」で、基本調理を完了した後に、アレンジを手軽に加えれば、休日や忙しい平日に“あと一品”バリエーションを増やすことができます。

@maaco.uwさん
インテリアとコスメが大好きなヨムーノメイト。DIYや時短レシピの達人でもあり、シンプルで心地よい暮らしを実践中!最近は、味を変えて2ステップで楽しむアレンジレシピを探求中。
まあこ様.png

@maaco.uwさんは、「低温/20分」で「蒸し鶏サラダ」を作り、自家製の特製わさびドレッシングで楽しみました。

その後、ドレッシングの水をパスタの茹で汁に変えてパスタを入れ、スープパスタのようにアレンジ。

味を変えて楽しむのが好きで、今回はパスタをアレンジしてみました。パンチの利いたわさび風味は新鮮ですよ。さらに、粒マスタードを入れても食感がプラスされておいしかったです。(@maaco.uwさん)

@maaco.uwさんのレシピはInstagramでチェック!

お店でしか食べられないあのメニューも!?感動の本格レシピ

お鍋不要!「牛肉とプルーンのにんにく赤ワイン煮込み」

クリスマスや年末年始などの、パーティシーズンもすぐそこ。
@nasumamaeggさんのように、素敵なテーブルコーティネートとともに本格料理を楽しむのもおすすめです。

@nasumamaeggさん
彩り豊かな家族のお弁当をメインに、10歳のラブラドールとの暮らしをInstagramで発信。毎日バリエーション豊富な食材で作ったわっぱ弁当にファンも多い。
なすめぐ様.png

普段、牛肉を煮込む時は、バランスよく味がしみわたるお気に入りの鍋を使っています。が、材料を入れっぱなしにしながら柔らかい煮込みが完成したので、とても驚きました。しかも、気になる味もきちんとしみていました。(@nasumamaeggさん)

@nasumamaeggさんのレシピはInstagramでチェック!

簡単&ヘルシーな「手羽先と玄米のサムゲタン風スープ」

@panna_cotta.703さん
日本キャラベニスト協会アドバイザー、お弁当学マスター認定講師などの資格を活かして、食生活指導を実践するヨムーノメイト。お弁当教室IRODORI-obento主宰。人気投稿は「#単身赴任の夫の為の作り置き」シリーズ。
ぱんなこった様.png

@panna_cotta.703さんは、仕事で疲れて帰宅した日の夕飯に、ヘルシーなサムゲタン風スープを作りました。

仕事が立て込んでいるので、前日に材料を購入しておきました。「圧力調理/12分」で、手羽先の骨が箸でするっと抜けるほど、柔らかくなりました。
まさか、疲れた帰宅後にこんな本格スープが作れるのはすごい!優しい材料で、疲れた体にしみ渡りました。(@panna_cotta.703さん)

完成するまでコーヒーを淹れて待とうと思っていたら、なんと、コーヒーよりも先にできてしまったのだとか。 これからの季節に嬉しい、あつあつの本格スープも、レシピブックには多数掲載されています。

@panna_cotta.703さんのレシピはInstagramでチェック!

ホロホロお肉が崩れておいしい「骨つき鶏肉のハーブトマト煮込み」

@ikura888さん
滋賀県在住の人気ヨムーノメイト。食材をきれいに見せる、お弁当作りのアイテム選びや食卓のスタイリングが得意。食卓を囲む家族が楽しくなる、家族想いのレシピを多数投稿。
ikura様.png

家庭料理によく使う鶏肉。定番食材ほど、バリエーションが欲しいものですよね。 @ikura888さんは、「圧力調理/4分」で、骨つき鶏肉をハーブで煮込み、休日におしゃれな一皿を作ってみました!

休日、外出先から帰ってきた時にすぐに夕食が食べられるように、「電気圧力鍋」をセットしてから出かけました。予約機能があるので、仕上がり時間をこちらで決めることができるのが便利だと感じました。
手羽元のお肉もホロホロ崩れてスプーン1本で食べられます。(@ikura888さん)

帰宅後は、サラダを作ってパンを切るだけ。夕飯の準備はたったの5分で終わったとのこと。
帰宅してあまりに準備が早かったので、家族が驚いたそうですよ。

@ikura888さんのレシピはInstagramでチェック!

あっというまに具材柔らか「牛すじとトロトロたまねぎのビーフシチュー」

@chocolate.caféさん
ヨムーノ公式インスタグラマー。自らDIYをした「男前インテリア」の素敵な家で暮らす。料理やスイーツをインテリアに溶け込ませたおしゃれなテーブルコーディネートが得意。
チョコ様.png

@chocolate.caféさんは、「牛すじとトロトロたまねぎのビーフシチュー」を作り、素敵なコーディネートでおうちご飯を楽しみました。

「電気圧力鍋」は、コンセントにつなぐため、調理の場所を問わない点も良かったといいます。

調理時間中に、キッチンを軽く掃除できちゃいました。コンセントにつなぐので、ガス台の掃除や片付けが不要なのも、大きなポイントですね。(@chocolate.caféさん)

これまでガス式の圧力鍋は使うのが怖かったのですが、この電気圧力鍋は、手順通りにすればまったく問題なし!放っておけるので、その間に他の家事や、もう一品作るなど、時間が有効に活用できたのがとても嬉しいです。(@chocolate.caféさん)

@chocolate.caféさんのレシピはInstagramでチェック!

もう1つ、レシピ通りに作ったメニューに、1アレンジだけ加えて楽しむアイデアもご紹介。

@yukiistarさん
茨城在住の人気ヨムーノメイト。地産地消をベースに、その土地の食材を大切にしたレシピが好評。また、忙しい毎日でも冷食に頼らないごはん作りを実践している。
yuki様.png

@yukiistarさんが「電気圧力鍋」で作ったのは、「牛すじとトロトロたまねぎのビーフシチュー」にりんごジャムをトッピングした「#りんご入りビーフシチュー」。

調理ボタンのスイッチを押してから、娘の塾のお迎えに行くことができました。家に帰ると煮込みのいい匂いとともに、トロトロのりんご入りビーフシチューができていたのには感動しました。大好きなりんごのビーフシチューが、いつもより短い時間で食卓に出てきたことに娘も驚いていました。(@yukiistarさん)

@yukiistarさんのレシピはInstagramでチェック!

「火加減」いらず!「電気圧力鍋」で作ったデザートレシピ

さらに、レシピブックには、身近な食材で作れるごちそうデザートも掲載しています。
@ru.ru_rumiさんは、パーティにも映えそうなスイーツを作りました。

火加減なしで驚きのしっとり食感「スチームチーズケーキ」

「スチームチーズケーキ」は、材料を全て混ぜて型に流し込み、「電気圧力鍋」に入れて圧力調理/1分のボタンをスイッチするだけ!

とても簡単で、しかも圧力をかける時間はわずか1分。火加減も気にせず、こんなに美味しくしっとりとしたチーズケーキが作れるのは嬉しいです。すぐ作れちゃうので、子どものおやつ作りも手軽だと思います。(@ru.ru_rumiさんさん)

毎日のおやつだけでなく、来客時のおもてなしなど、ちょっと1品デザートをプラスしたいなというシーンでも活躍しますね。

@ru.ru_rumiさんのレシピはInstagramでチェック!

バニラアイスと相性抜群!「パイナップルとレモンのコンポート」

また、@ru.ru_rumiさんは「コンポート」も絶賛!

圧力調理/1分で、フルーツを丸ごと食べられる贅沢デザートが完成しました。
パイナップルもレモンも、しっとり柔らかな仕上がりに大満足。レモンの皮独特の苦味も、あまり感じられず、おいしくいただけます。

今回は、作った後に、冷蔵庫でしっかり冷やして、バニラアイスと一緒に食べました。温かいままバニラアイスと絡めて食べるのもおいしそう!

また、フルーツの果汁と白ワイン、はちみつでできたコンポート汁もすごくおいしかったです。水や炭酸水などで割って飲むのも試してみたいですね。(@ru.ru_rumiさん)

@ru.ru_rumiさんのレシピはInstagramでチェック!

いかがでしたか?
時間がない平日の夜や、忙しい週末にも、手間をかけずにおいしくて健康な料理ができるパナソニックの「電気圧力鍋」。

調理器具ひとつで、家事時間をラクに節約しながら、料理のレパートリーが広がり、毎日の暮らしにゆとりが生まれるのは嬉しいですね。
普段使いから、パーティシーズンまで使いこなせる“時短なべ”を、ぜひこの機会に試してみてください。

「電気圧力鍋」公式サイト

「レシピ集」はこちら

▼「電気圧力鍋」に関する関連記事
時短革命!火を使わず"ほったらかし"で本格ごはん!パナソニック新作「電気圧力鍋なべ」が衝撃デビュー

※2019年11月時点の情報です。
提供/パナソニック株式会社

ヨムーノ編集部

【キャンペーン実施中】
◎EPARKリラク&エステ ギフトチケットを抽選で10名様にプレゼント!年末年始の疲れを取りませんか?詳しくはヨムーノ公式Twitterで♪
◎To May(トゥーメイ)の「IH対応スクエアパン レッド」を抽選で3名様にプレゼント!詳しくはヨムーノ公式Instagramで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

特集記事

連載記事

新着記事