インスタで激アツ「ガッツリ弁当」インスタ達人の「早!安!うま!の限界に挑戦」究極5選

  • 2019年10月23日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

育ち盛りの子どもや働き盛りの夫がいる方は「ボリュームのあるお弁当をつくりたい!」と思う方も多いでしょう。
とはいえ、何をつくればいいか分からないという方もいるはず。

そこで今回は、今インスタで話題の子どもから大人まで大喜びの「#ガッツリ弁当」を5つ紹介したいと思います。和食から洋食まで、すぐに実践できるものばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

ガッツリなのにおしゃれ!肉厚な「焼き豚弁当」

ガッツリ弁当というと「量が多い」「地味」というイメージを持つ人も少なくありません。ですが、工夫次第ではおしゃれでカフェランチのようなお弁当もつくれます。

最初に紹介するのは「焼き豚弁当」です。分厚く切られた焼き豚を、ためらうことなく敷き詰めます。肉だけでもお腹がふくれてしまうほどボリュームたっぷりなお弁当ですね。

作り方も簡単で、大きめにカットした豚肉を焼いてご飯の上に乗せるだけ。時間をかけずに作れるので、忙しい朝にもぴったりですよ。

炭水化物×炭水化物!焼きそばご飯弁当

「ガッツリ弁当をつくりたいけど、手間をかけたくない」と思う人にオススメなのが「焼きそば弁当」です。麺と具材を炒めて、ソースを絡めるだけでつくれます。

焼きそばだけであれば、10分もかからずに完成させるのも難しくありません。さらにボリュームアップさせたい場合は、ライスも一緒に詰めましょう。

炭水化物と炭水化物のコラボレーションは、男性のお腹を満たすこと間違いなし。木目調で丸いお弁当箱に詰めると、センス抜群のランチボックスのできあがりです。

限界までおかずを詰めよう!ガッツリそぼろ弁当

そぼろご飯でもガッツリ弁当を作ることができます。お弁当箱いっぱいにご飯とおかずを敷き詰めましょう。

入れる具材はひき肉と卵だけではありません。ウインナーやカニカマ、ちくわキュウリも載せてあげれば食べ応えばっちり。

写真のように、縦に詰めてあげると見栄えもおしゃれになりオススメですよ。どのようなお弁当でも工夫次第でガッツリ弁当に早変わりです。ぜひ試してみてください。

ボリュームに大満足!食べ応え抜群なカツ丼弁当

ガッツリ弁当の代名詞といえば「揚げ物」です。なかでもカツ丼はボリューム満点でオススメ。どっしりとした肉厚なカツをご飯のうえに乗せてあげましょう。

サクサクの衣もとふわふわ卵のうまみが口いっぱいに広がりますよ。写真のようにお漬物をそえれば、後味もサッパリして食べやすくなります。

緑色の野菜を使ったサラダも一緒に詰めると、見た目も色鮮やかになりますよ。アイデア1つでガッツリ弁当もおしゃれランチに大変身です。

ガッツリでもおしゃれに!サンドイッチ&パスタ弁当

おしゃれに特化したガッツリ弁当を作りたいなら「サンドイッチ弁当」がオススメ。ふわふわのパンに、シャキシャキレタスをたっぷりはさみましょう。

卵とハムをいれてあげれば、食べ応え抜群のおしゃれランチのできあがりです。ボリュームを増やしたいなら、パスタもセットにしてみてください。

満足度が上がること間違いありません。揚げ物をつかわずヘルシーなお弁当なので、娘さんのお昼にもぴったりですよ。

工夫1つでおしゃれに!ガッツリ弁当でお腹いっぱいに

今回は、子どもから大人まで大喜びの「#ガッツリ弁当」5選を紹介しました。ボリュームをたっぷりにするのはもちろん、工夫次第では美味しくおしゃれ落なお弁当を作ることができます。

「どの具材を詰めればいいか分からない」という方は、ぜひ紹介したレシピを実践してみてくださいね。

※気温の高い時期はお弁当が傷みやすいので注意してください。気温25度以上の日には生野菜を避け、卵や練り物、肉・魚類にきちんと火を通すことをお勧めします。

ヨムーノ編集部

【開催中】
・「サーティワン アイスクリーム レギュラーシングルギフト券」が抽選で当たるキャンペーン!詳しくはヨムーノ公式Twitterアカウントをチェック♪
・「花王 クイックル Joan 除菌スプレー・除菌シートセット」が抽選で当たるキャンペーン!詳しくはヨムーノ公式Instagramアカウントをチェック♪

【募集中】
素敵な写真やアイデアを投稿したり、モニターやアンケートにご協力いただく「ヨムーノメイト(ヨムーノ公式インスタグラマー)」を募集しています。詳しくはこちら

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事