話題沸騰!無印良品のメイクパレットはカスタマイズし放題?!ポーチも劇的すっきり

  • 2019年10月24日公開

こんにちには、ヨムーノ編集部です。

メイク道具を毎日持ち歩いていると、「できるだけ軽くしたい」「使うものだけコンパクトにまとめたい」「化粧直しをしやすくしたい」と思うことも多いもの。

「無印良品メイクパレット」を使えば、そんな悩みも解消できるとか!
さっそく試してみました。

これでバッグもすっきり!お出かけも化粧直しもバッチリ!?

無印良品のメイクパレットシリーズ

▲こちらは「メイクパレットSサイズ」。

無印良品のメイクパレットは、中身が空っぽで4種類のサイズがあります。

メイクパレット・S(111×71×15mm)……価格:990円
メイクパレット・M(163×71×15mm)……価格:1,290円
メイクパレット・L(163×101×15mm)……価格:1,690円
アルミメイクパレット(108×67×9.4mm)……価格:1,290円
※すべて税込み、2019年10月現在の価格です。

この空っぽのメイクパレットに自分の好きなものを詰め込んで、自分だけのオリジナルパレットを作ることができる……というのですが、構想から早半年。

筆者、一度「どれをどうはめたらいいのかよくわからない」とくじけて断念していました。
今回はリベンジです。

無印良品の化粧品ならなんでもセットできるの?

無印良品にはメイク道具が数そろっています。
その中でもルースパウダーやチーク、リップなどは「個別ケース」に入っているので単品としても使用可能。

実際、筆者はチークを単品として使用していました。

メイクパレットに入れられる種類は、この「個別ケース」に入っているタイプ。
ファンデーション・ルースパウダー・チーク・リップ・アイカラーや、携帯用のリップブラシ・チークブラシなどです。

さっそくオリジナルメイクパレットをつくってみる!

まずはルースパウダーの準備

▲この透明シートはとってもわかりやすい!迷いなし

まずはルースパウダー。こちらをケースから取り外すのは簡単。
ケースを開けると「透明シート」がビロンとかぶさっているので、こちらをひっぱりあげれば、ご覧のとおりルースパウダー本体が宙に浮きます。

▲空になった個別ケースはピアスケースとして使えそう。

カポッと簡単に取り外すことができました。

次に「チーク」の準備

迷ったのはチークです。

小さい個別ケースは、ルースパウダーのような透明シートが入っていません。
そのため、筆者実に戸惑いました。

さて、どこから取り外すのかというと……、

▲側面に凹みが!

両側の側面に凹みがあります。
ここに爪をひっかけて、ひっぱりあげると……、

▲数か月使用しましたが取り外せると、初めて知りました。

こちらも、知ってしまえば簡単に取り外すことができました。

ひっくり返すと裏側になにやらシールが……?


▲こちらも取り外して初めて知る、隠されたシールの存在…。

取り外したルースパウダーとチークを裏返しにすると、何やら四角い紙が。
実はこちらはシール。(別売りシールもありますが、こちらは最初からついていました)

▲おそるおそるめくると……

ペロンッと上紙をめくると、粘着力のあるシールが現れます。
SNSでは、最初からシールが付いているということを知らないで、買ってしまった人の声もありました。

メイクパレットに固定する

▲角と角をあわせて慎重に!

シールの上紙をめくったルースパウダーをメイクパレットに貼り付けます。
粘着力があるので、端に寄せて慎重に貼り付けます。

同じようにチークも貼り付けます。

▲シールの粘着力が強いので逆さにしても落ちない!

強く押し付けなくても、軽く貼るだけでしっかりメイクパレットに貼ることができました。

オリジナルメイクパレット完成!

▲2つを1つのパレットにまとめられただけでもスッキリ!

無印良品の携帯用ブラシを入れれば、オリジナルメイクパレット完成です。

あまりにシンプルなので説明すると、筆者はルースパウダーとチークさえあれば、化粧直しの8割が完成し、同じブラシでルースパウダーもチークもメイクするのでこれで十分。

「ちょっとランチに」くらいのお出かけは、これ1つで化粧直しは対応できるように!

カチンとしまる爪付きの蓋は賛否両論!?

▲このツメ部分は人によって善し悪しが変わる模様……!?

メイクパレットの蓋には「カチン」と硬めに閉まるツメがついています。
実はこちら、SNSでも賛否両論。

「蓋がカチンとしまるから、開けにくくて困る」という声もあれば、「蓋がカチンとしまってくれるので、開く心配がなくポーチに入れずにそのままバッグに入れられる」という声も。

筆者は後者で、しっかり閉まることで安心してそのままバッグに入れています。

▲ポーチに入れずにそのままサッとバッグに

ただし、無印のメイクパレットは「底面はザルのように穴があいている」ので、粉類が落ちる可能性もあり。
粉類が落ちない工夫をしてからバッグに入れることをおすすめします。

他社メイクグッズを無印パレットに入れる技も!

確実にぴったりはまるのは当然ながら無印良品のメイクグッズですが、実は他社メーカーのメイクグッズも、ケースを取り外せば意外とフィットするとSNSでも話題!

手持ちのお気に入りのメイクグッズで試してみたいですね。

「普通の両面テープではりつけているけれどはがれやすい」という場合は、無印良品で別売りしている「メイクパレット用両面テープ1シート(5枚入)」での貼り付けがおすすめ。

そちらで貼り付ければメイクグッズもぴったりくっつきストレスフリーに。

無印良品メンバーなら10%OFFの「無印良品週間」が2019年10月25日(金)~10月31日(木)まで開催されます。 ※ネットストアは2019年10月25日(金)午前10時~11月1日(金)午前10時

ぜひ、この機会に無印メイクパレットでオリジナルメイクパレットを作ってみてくださいね!

木月 ハチ
ヨムーノライター
木月 ハチ の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事