「ここの収納、どうにかしたい」を全部解決!やっぱり「tower」絶対使えるアイテムTOP4

  • 2019年12月10日更新

こんにちは、毎日の暮らしが楽しく便利になるものを探しながら暮らしている、アンジェバイヤーの平山です。

かゆいところに手が届く、「tower」シリーズ。

家の中のさまざまな場所で、収納の問題を解決してくれる「tower」のアイテムで、「あ、ここの収納どうにかしたいな。」と思った時にすっきり解決した!という方も多いのではないでしょうか。

我が家では、主にキッチンやサニタリースペースで活躍していますが、今回はその一部をご紹介していこうと思います。ではさっそくキッチンからスタート!

シンク周りを整えたい

まず、シンクまわりで使っているのが、「折り畳み布巾ハンガー」。
そして、「ポリ袋エコホルダー L」。

折り畳み布巾ハンガーは、布巾やゴム手袋を乾かす用に使っています。
シンクの端に沿って置けるので、この置き方をすれば新たに布巾ハンガーを置くスペースを作る必要がないところが◎。

カウンターキッチンなので、リビングやダイニングから丸見えの位置ですが、ゴム手袋は、「VOIRY」の白いゴム手袋を使っているので、干しているのが見えても大丈夫です。

ゴム手袋は、薄手で使い心地もいいのですが、キッチンの景観を保ってくれるシンプルなデザインが気に入っています。

ポリ袋エコホルダー Lは、生ごみのゴミ箱としてシンク内に置いています。「BOSのにおわない袋のSサイズ」が取り付けるのにちょうど良く、合わせて使っています。

このゴミ袋、本当に臭わないのでとってもおすすめです。
私はシンクまわりに置きっぱなしにして、すぐに付け替えできるようにしています。(出しっぱなしでも良いデザインが嬉しい!)

出産してから、おむつが臭わない袋を探していて使っていたのですが、最近はキッチンの生ごみ用としても使っています。

コンロ周りに散らばる蓋をどうにかしたい!

そして、コンロまわりで使っているのが、「レンジフードなべ蓋ホルダー」。

実はずっと購入を迷っていたもの。
「これを付けると圧迫感がでるかな」と、ずっと使わずにいたのですが、コンロまわりに散らばる鍋蓋たちをいよいよ整理したい!と思い、購入しました。

使ってみると想像以上にすっきり!もっとはやく試せば良かった〜と後悔するほど。コンロまわりの掃除もしやすくなりました。

物を置くちょっとしたスペースが欲しい

サニタリースペースで使っているのが、 「洗濯機上ウォールシェルフ」と「洗濯洗剤ボールストッカー」。

我が家のサニタリースペースにはオープン収納が付いているので、大きなランドリーラックのようなものは必要なし。
しかし毎日使う洗剤たちは、振り向かずにすぐに手の届く場所に置いておきたくて、そんな時ちょうどよかったのが、洗濯機上ウォールシェルフです。

こちらは「tower」の中でも珍しく、木を組み合わせたアイテム。
白ばかりで物足りなかったサニタリースペースに、木目のあたたかさもプラスされ、明るい印象に変わりました。

端っこに取り付けられるフックが付属しているので、ヘアゴムやドライヤーなどを引っ掛けて使っています。

手の届く場所にゴミ箱が欲しい

そして、洗濯機の横に取り付けているのが、洗濯洗剤ボールストッカー。洗面器まわりにゴミ箱を置きたいと思ったときに、洗濯機の横にマグネットで取り付けられる、こちらを選びました。

中には、キッチンでも使用している「BOSのにおわない袋のSサイズ」を入れて、ゴミ箱として使っています。

ティッシュや綿棒など、こまごまとしたゴミが出ることが多く、すぐ手の届く場所にゴミ箱を取り付けることで、動線がとっても良くなりました。

年末の大掃除はまだまだ先と思っている方も多いと思いますが、年末はアッという間にやってきます!
今のうちに収納を見直したい場所とゆっくり向き合ってみるのも、良いかもしれません。
収納アイテムを変えることで、暮らしがもっと良くなりますよ。

アンジェ web shop

インテリア雑貨やデザイン家電から、キッチン、ベビー・キッズまで約6,000点を取り揃えるライフスタイルショップです。

アンジェ web shop の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事