カルディ「シナモンロール」が大人気!70秒でふわふわ♡めちゃうま

  • 2021年03月24日更新

こんにちは。カルディは家から徒歩5分♪カルディ常連のヨムーノライター、やむです。

2018年カルディで冷凍商品の売り上げNO.1に輝いた、人気商品であるシナモンロールをご存じでしょうか。 シナモンロールと聞くとおやつの時間に登場するイメージですが、カルディのシナモンロールは朝の時短ごはんとしても優秀なパンです。

「朝から甘いものはきついな」
「シナモンロール1つだけだとお昼までもたないかも」

と思われた方、ご安心ください。カルディのシナモンロールは解凍方法によって味が変わるので、ただ甘いわけではなくスパイシーなシナモンロールも味わえます。そしてずっしりとした重みもあるので腹持ちもいいです。

たったの70秒で出来上がる、あつあつ・ふわふわのシナモンロールをおうちでカンタンに。朝の時短ごはんとしてもおすすめなカルディのシナモンロール、好みで選べる解凍方法を伝授します!

カルディのシナモンロールは人気商品

カルディのシナモンロールは2018年に冷凍食品の年間売上NO.1に輝くほど人気の冷凍商品です。

カルディに買いに向かったところ、売り切れていたという声もあるほどの人気商品。わたしはできるかぎりオープン時間に行き、売り切れ前に購入するようにしています。

店頭にて購入するとお値段は259円(税込)ですが、オンラインショップのセール期間中であれば226円(税込)で購入できることも。

カルディオンラインショップでは「11/13まで特価」として、226円(税込)で販売中です(2019年11月8日現在)。

カルディオンラインショップ

まだカルディのシナモンロールを食べたことがない方や、これから食べようと思っている方に向けて、解凍方法による違いについてもご紹介します。

カルディのシナモンロールのカロリー

カルディのシナモンロールは416キロカロリーです。見た目のかわいらしさからは想像もつかないほどの高カロリーなので、ダイエット中は遠慮したいのが本音ですよね。

しかし、我慢は逆にストレスとなってダイエットの妨げです。たまには自分へのご褒美として食べてみてくださいね。

手軽に購入できるシナモンロールとして、スターバックスのシナモンロールがあります。スターバックスのシナモンロールは472カロリー、お値段は320円と値段もカロリーもカルディよりお高めです。カルディのシナモンロールの方がお手軽に購入でき、おうちで楽しめますよ♪

シナモンロールの解凍方法を比較

カルディのシナモンロールの解凍方法は2パターンあります。

  1. 自然解凍
  2. レンジ解凍

初めて購入する方はどちらの解凍方法が、よりおいしく食べられるのか気になりますよね。
そこで今回は2パターンの解凍方法にて食べくらべをしました。自分好みの解凍方法でシナモンロールを味わってみましょう。

自然解凍は「ずっしり&しっとり」

自然解凍する場合は冷凍から出した後、2~3時間ほどすると食べられます。

わたしが自然解凍したときは室内気温が22度前後だったので、冬場であればそれ以上の時間がかかり、夏場だと2時間弱に短縮できます。解凍できているかどうかは、さわって固さをチェックすると分かりやすいですよ。

自然解凍する場合はフロスティングがフィルムにくっつくので、はがすようにそっと袋から出してください。自然解凍でも、フロスティングがやわらかくなり溶けてきます。

厚みがありボリューミーなシナモンロールです。よくみかけるシナモンロールは丸いのですが、カルディのシナモンロールは四角い形であるところもポイント。ずっしりとした重みを感じました。

自然解凍でも袋を開けた瞬間にシナモンの香りがふわっと漂ってきます。

フロスティングを味見してみるとかなり甘いのですが、パン生地と一緒だとちょうどよい甘さになりました。

生地に水分が閉じ込められているからか、しっとりとした生地です。

レンジ解凍は「ふんわり&じゅわ」

パンはレンジで熱を加えると生地がしなっとしてしまい、パンのおいしさが半減してしまうのですが、カルディのシナモンロールは冷凍なのでまったくしなっとしませんでした。

温める時間は500Wで約70秒。短時間の加熱でほどよく熱が入り、ふわふわとした食感になります。

レンジで温めるとフロスティングとシナモン部分がさらに溶けます。この見た目も食欲をそそりますね。

シナモン部分がじゅわっと生地に染み込み、よりシナモンの香りが強まりました。

自然解凍と比べると甘さよりも、シナモンのスパイシーさが際立ちます。飲み込んだあともシナモンの香りがしているので食後の余韻も感じられました。ふんわりした食感とじゅわっと染み込んだシナモンによって、よりおいしく食べられます。

自然解凍とレンジ解凍どちらがおいしいのか

自然解凍でレンジ解凍の2つの解凍方法で、カルディのシナモンロールを食べ比べてみました。 結論は「どちらもおいしい!」です。しかし、2つの解凍方法があれば味と食感の違いも少なからずあります。

自然解凍のシナモンロールは一言でいうと「ずっしり&しっとり」です。

自然解凍の場合は水分が閉じ込められたまま食べごろの状態になるので、ずっしりとした重みとしっとりとした食感になります。そして、フロスティングとシナモンの甘みが前面に感じられました。

レンジ解凍のシナモンロールは一言でいうと「ふんわり&じゅわ」です。

レンジ解凍の場合は水分が多少蒸発するので、もともと水分があったところに空気が入り込み、ふんわりした食感に仕上がりました。そして加熱するとシナモンのスパイシーな香りと深みがでてくるので、大人向けのシナモンロールの味わいです。

しっとりとした食感で甘いシナモンロールにするのか、ふんわりとした食感のスパイシーなシナモンロールにするのか、気分によって変えることができるので飽きないパンです。

冷凍商品だからこそのうれしいポイント

店舗購入の時は保冷剤をつけ、別の商品にふれないよう丁寧に包装してくれました。

冷凍商品なので日持ちもいいところがうれしいポイントです。カルディのホームページには、"賞味期限は製造から180日"とあります。長期間保存ができるので、よく購入される方はまとめ買いするとラクですね。

シナモンロールを朝ごはんに

シナモンロールはおやつとして食べることが多いですが、カンタン朝ごはんとしても優秀なパンです。

ずっしりとボリュームがあるので腹持ちもよく、カルディのシナモンロールを食べた日はお昼まで間食なしで過ごせました。

朝食としてシナモンロールを食べるときは、前日に冷凍から冷蔵へ移し朝起きたらすぐに常温に移すと、身支度をしている間に食べごろの温度になりますよ。

自然解凍であれば忙しくて時間がとれない朝や、寝坊してレンジでチンする暇もない方でもシナモンロールが食べられます。

カルディのシナモンロールはいつでも食べたくなる味

初めてシナモンロールを購入したときは、「カルディの冷凍商品の中で人気が高いスイーツ」と聞いていたので、かなり期待して購入したのを覚えています。

おやつの時間にコーヒーと一緒に食べる予定だったのですがが、冷凍とは思えないほどのおいしさでコーヒーを用意するのを忘れて完食しまったほどです。

まだ冷凍商品をチェックしたことがない方は、これを機にカルディにて冷凍コーナーをのぞいてみてくださいね。

ヨムーノライターがつい買ってしまう!人気アイテムまとめ

カルディでおすすめのお菓子・おつまみ・デザートまとめ

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事