貯蓄ゼロから「2年間で500万円」達成!無理なくお金を貯める3つの方法

  • 2020年02月17日更新

こんにちは。「我慢しない節約」を研究するヨムーノライター、anicaです。

先日わが家は、目標だった「2年間で貯金500万円」を達成することができました!子どもの教育費や自分たちの老後資金のことを考えると、元気に働いているうちに、できるだけたくさん貯金はしておきたいもの。

実は、私が、貯金0円から、たった2年の短期間で、500万円まで貯金がUPしたのには、お金の貯め方にちょっとしたコツがあるんです。

そこで、いろいろな貯金の増やし方、お金の貯め方にトライしたなかで、貯金のスピードが格段に上がり、これでお金が貯まり始めた!と思う「貯金500万円が貯まる方法」を3つ紹介します。

【貯金500万円達成!お金の貯め方①】:毎月の支出と年間の特別出費を書き出す

月の収入に対して、どのくらいの支出があるかを把握すると、貯金できる金額が見えてきます。その金額を「先取り貯蓄」することが、お金を貯める第一歩!

その際に大切なのは、年間でかかる特別出費もきちんと把握することです。年間特別出費とは、車検や固定資産税などの税金、子どもの誕生日プレゼントやお年玉の予算など、年間でかかってくる特別な出費のこと。

年間の収入から、年間の支出額(月の支出額×12カ月ぶん)、年間の特別出費を引いたものが、「年間で貯金できる金額」になります。

毎月の支出額と、年間の特別出費を書き出すことで、年にどのくらいお金を貯められるかが見えてきます。

年間特別出費はとくに重要です。

家計簿をつけている場合は、月の支出は把握している人も多いですよね。ただその場合も、年間で見たときの特別出費は見落としている人をよく見かけます。

ここを見落とすと、毎月貯金をしていても、特別出費のために総崩れし、お金が貯まらないという結果になります。

最も時間のかかる作業になりますが、この見直しがいちばん重要です。
この作業なくしては、お金を貯めることはできません。

【30名様限定!参加無料】節約と貯金のためのほったらかし家計術セミナー

【貯金500万円達成!お金の貯め方②】:家計の黄金比率と比べて、問題点を出す

月の支出、年間でかかる特別出費がわかったら、次にやることは、「月の支出の問題点」を洗い出すこと。

保険料や子どもの習い事代などは、気づくと膨らんでいきがち。じつは収入に対して、「この金額ならかけてもいい」という黄金比率が家計には存在するそうです。

家計再生コンサルタントの横山光昭さんが提唱する「家計の黄金比率」を基に、項目別に収入額から理想的な支出を算出します。

▲「家計の黄金比率計算表」

エクセルデータのダウンロードはこちら

この黄金比率からかけ離れて高いものは、「家計の問題点」だということ!

【貯金500万円達成!お金の貯め方③】:赤字費目から見直し、月の支出を減らす

お金を貯めるために最後にやることは、「月の支出をムリなく減らすこと」。

先ほどのステップで出した黄金比率を参考に、現状との差額が大きい“赤字費目”に注目します。「家計バランスの悪い赤字費目は、もっと削れる」ということなので、そこから順番に見直すことで、貯金UPへのスピードが上がります。

頑張っているのに思うように貯まらないという方は、もしかすると見直すべき費目を変えることで、ぐっと貯められるようになるかもしれません。

例えば、受験勉強を始めるとき、まずは苦手科目から取り掛かることが多いのではないでしょうか。それは苦手科目を伸ばしたほうが、トータルで見て大幅な点数アップが望めるからです。

じつは「家計のやりくり」にも同じことが言えます。

貯金ゼロから500万円へ!効率よくお金を貯めるには?

よく聞くのは、料理が得意な人は「取り掛かりやすいから」という理由で、節約料理から始めてしまい、“赤字費目”である「固定費の見直し(スマホ代や保険料金)」はよく分からないから……と後回しにしてしまうのだとか。

貯金500万円を目ざし、今すぐお金を貯めたいなら、一番に取り掛かるべきは、まだ手のつけられていない赤字費目(ご自身にとっての苦手分野)にあることが非常に多いんです!

貯金をしようと決意しても、頑張る方向性を間違えてしまうとなかなかお金は貯まりません。頑張ったぶんの結果が伴わないと、挫折してしまう可能性も高くなります。

私自身も、最初は我慢や無理をした節約をやっていました。でもこれは、間違った節約方法だとわかったんです。なぜなら、何度も途中で挫折してしまい、続けられないから。

無理なくお金を貯めるには、正しいステップを踏むこと!

こちらもチェック!1,000万円貯めた人が絶対やらないNG行動とは?

【まとめ】貯金ゼロから500万円へ!最速でお金を貯めて思うこと

わが家の場合、「家計の黄金比率から計算した赤字費目」にまず目を向けたことが成功ポイントでした。

それに合わせて、年間いくら使って、いくら貯めるかを明確にした「マネー計画」を立ててみると、貯金のスピードが飛躍的にUPしたように感じます。

「貯金500万円」をなるべく早く貯めたい!と思った方は、ぜひ試してみてください。


anica
家計インスタグラマー

夫と2人の子ども、犬のいる暮らし。

0円から始めた貯金計画は、3年で750万円を突破!「平凡な収入でも大きく貯める」「節約と家族満足を両立する」をモットーに、走り続けるフルタイムワーキングマザーです。目からウロコの節約ノウハウをお届けします。

anica の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事