貯蓄ゼロから「2年間で500万円」貯まる!我慢なしで家計が変わる"たった3つ"の方法

  • 2019年11月07日公開

こんにちは。我慢しない節約を研究するヨムーノライター、anicaです。

先日我が家は、目標だった「2年間で500万円貯金」を達成することができました!
元気に働いているうちに、できるだけたくさん貯金はしておきたいもの。

実は、短期間で貯金をするには、ちょっとしたコツがあるんです。

「ハイスピードで貯まる家計」に生まれ変わるには

貯金をしようと決意しても、頑張る方向性を間違えてしまうとなかなか貯まらず、頑張った分の結果が伴わないことも。
そうすると、挫折する可能性も高くなってしまいます。

私自身も最初は誤った節約方法をずっと続けていて、途中で挫折したことが何度もあります。 実際に色んな貯金方法を実践したなかで、貯金のスピードが格段に上がった方法をご紹介します。

貯金スピードを上げる3つのステップ

  • ステップ1:毎月の支出と、年間でかかる支出をすべて書き出す

最も時間のかかる作業になりますが、この見直しが大切です。
家計簿をつけている場合、月々の支出は大体固定になっている方も多いのではないでしょうか。

  • ステップ2:家計の黄金比率で予算を立て、問題点を洗い出す

家計再生コンサルタントとして有名な横山光昭さんが提唱する「家計の黄金比率」を基に、項目別に収入額から理想的な支出を算出します。

▲黄金比率計算表

エクセルデータのダウンロードはこちら

  • ステップ3:理想の支出額と現状の支出額の差がある項目(赤字項目)から順に見直していく

大切なのは、赤字の差額が多い部分から順番に見直すことです。

頑張っているのに思うように貯まらないという方は、もしかすると節約項目を変えることでぐっと貯められるようになるかもしれません。

効率の良い貯金は、効率の良い勉強方法とおなじ

受験勉強を始める際、まずは苦手科目から取り掛かることが多いのではないでしょうか。
それは苦手科目を伸ばしたほうが、トータルで見て大幅な点数アップが望めるからです。

節約も同じことが言えますが、実際には料理好きな人が「取り掛かりやすいから」という理由で節約料理から始めてしまい、格安スマホや保険はよく分からないから……と後回しにしてしまうことが多くあります。

一番に取り掛かるべきは、まだ手の付けられていないその苦手分野にあることが非常に多いんです。

家計の「苦手科目」と向き合う

黄金比率から計算した赤字項目にまず目を向けて、それに合わせた節約計画を立ててみると、貯金のスピードが飛躍的にアップするかもしれません。 ぜひ試してみてくださいね。

anica
家計インスタグラマー

夫と息子(0歳)、犬のいる暮らし。
0円から始めた貯金計画は、1年半で400万円を突破!「平凡な収入でも大きく貯める」「節約と家族満足を両立する」をモットーに、走り続けるフルタイムワーキングマザーです。目からウロコの節約ノウハウをお届けします。

anica の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事