【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

ハーゲンダッツよりお得!?ローソンで買える「成城石井の贅沢アイス」が意外と最強だった件

  • 2019年11月14日公開

こんにちは、ハウスクリーニングで有名なダスキンがは「ミスタードーナツ」を運営。
持ち帰り弁当で有名な「ほっともっと」を運営するプレナスは、定食レストラン「やよい軒」も運営している。
などなど、知ると「へぇ~」と言いたくなるようなネタが大好きなヨムーノ編集部です。

ここでは、コンビニ大手ローソンのグループ会社である、スーパーマーケット「成城石井」から2019年11月に発売された新商品「抹茶アイス」をご紹介します。
成城石井の一部商品は、コンビニ「ローソン」でも取り扱っていて、今回の新商品「抹茶アイス」は、ローソンで購入しました。

ウチカフェからお弁当まで!毎週編集部が実食中

ローソン・ナチュラルローソン・ローソンストア100おすすめ商品記事まとめ

【新商品】成城石井「抹茶アイス140ml」257円(税込)

▲発売日:2019年11月12日

成分:
無脂乳固形分:7.0%
乳脂肪分:8.0%
卵脂肪分:0.9%

原材料:
氷砂糖、卵黄、まっ茶、(一部に乳成分・卵を含む)、乳製品

エネルギー:270kcal
たんぱく質:5.2g
脂質:12.6g
炭水化物:33.9g
食塩相当量:0.11g

ハーゲンダッツ「グリーンティー110ml」319円(税込)

ローソンにはハーゲンダッツのアイスも取り扱っています。
成城石井の新商品「抹茶アイス」の隣にあったので、一緒に買って食べ比べてみました。

成分:
無脂乳固形分:9.0%
乳脂肪分:13.5%
卵脂肪分:0.8%

原材料:
クリーム(北海道(生乳))、脱脂濃縮乳、砂糖、卵黄、まっ茶、(一部に乳成分・卵を含む)

エネルギー:239kcal
たんぱく質:4.8g
脂質:14.8g
炭水化物:21.6g
食塩相当量:0.1g

カロリーや脂質が気になるなら好みが分かれる!?

▲成城石井「抹茶アイス140ml」

同じ抹茶アイスでも、成分やカロリーはバラバラです。

個人の味覚になるのですが、そのばらつきによって味に差が出るかと思いきや、ほとんどわかりません。
編集部で食べ比べしても全員「違いがわかんない!」

濃い抹茶というよりは、上品な苦味。食べ続けていると口の中に茶の味がじわっと蓄積していく感じです。
カロリーや脂質で、どっちの抹茶アイスにするか決めるのもありですね。

よく身近で食べるアイスフレーバー「抹茶」とは違います。
成城石井の抹茶アイスとハーゲンダッツのグリーンティーは上品さがあり、この2商品は味がかなり近いと思います。

コスパなら成城石井の抹茶!

▲ハーゲンダッツ「グリーンティー」

味が同じなら価格が気になります。
成城石井の抹茶は140ml 257円。
ハーゲンダッツは110ml 319円。

アイスと言えばハーゲンダッツと、高級スーパーマーケットのイメージがある成城石井で約60円の差もあります。
どちらも美味しいのですが、それでも抹茶アイスで257円は高いかもしれません(笑)。

成城石井の新商品「抹茶アイス」で唯一気になった点

140mlの抹茶は、意外と量が多いなぁ~と贅沢にも思っちゃいました。
あの明治「エッセル スーパーカップ 超バニラ」は200mlで足りないと思う派なのですが、抹茶で140mlは1.5人前級ですね。
子どもが食べられるなら一緒に食べたいレベルです。

まとめ

ローソンでも買える成城石井の新商品「抹茶アイス」をご紹介しました。
価格はさておき……身近な抹茶アイスを食べ比べると新しい発見や気づきがありました。

お近くのローソンで成城石井商品も味わってみてはいかがでしょうか。
ちなみに映画館のユナイテッド・シネマもローソングループでした!

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事