横長リビングあるある!「ダイニングテーブルの配置どうする?」問題を"斜め上の発想"で解決!

  • 2019年11月16日公開

こんにちは、ライターえりかです。

我が家は、よく見る間取りの3LDKマンションです。
そして、LDKはオーソドックスな横長リビング。

マンション購入を検討している時、特にインテリアや収納に興味がありませんでした。たまたま会社の方の家に遊びに行った際に、横長リビング見て「この間取りいいな」と単純に思いました(笑)。

そして、似たような間取りがちょうど売りに出ていた&場所や金額などを考慮し、購入に至りました。

実際に家具を置いてみると、角部屋ということもあり、なかなか配置が難しいな……と思いながらも、とりあえず生活しています。

横長リビングあるある

"キッチンの前にダイニングテーブル"は当たり前!?

マンションを購入して数年を経て、ダイニングテーブルを購入しました。
そして、当然のようにキッチンの前にダイニングテーブルを配置しました。

最初は「イスだ~~机だ~~!」と言って喜んで座っていた家族たち。
ですが、途中からあまり座らなくなりました。

さて、なぜだと思いますか?

イスに座ろうとするスペースが狭いと人は座らない!

それは単純な理由でした。
イスに座るためのスペースが狭いから。

座るためには、イスを"引く"動作が必要になりますが、その動作を行うスペースが狭いので、やりたくないと声があがりました。

では、ダイニングテーブルの向きを変えてみる?となり、配置を変えてみました。

イスに座るスペースは確保できた!でも……

この配置にすると、イスに座るスペースは確保できました!
ですが、どうしても使いこなせない場所がありました。

それは、ダイニングの壁側です。

横長リビングの特徴でもあると思いますが、どうしても、ダイニングの壁側に行きづらい傾向にあります。

ダイニングテーブルをどんと置いてしまうと、ぐるっと回って壁側に行かねばならず、私自身、すごく使いづらいなと感じていました。

そのため、いつしか"収納"としてではなく"インテリア"を楽しむ場所となっていました。

いっそリビング⇔ダイニングを変えてみる?

そこで発想の転換!
「キッチンの前にダイニングテーブルを置く」をやめて、リビングとダイニングをチェンジしてみようと思いました。

いつものダイニング側にテレビやリビングテーブル、ソファを持っていき、いつものリビング側にダイニングテーブルを配置してみました。

この配置にしたことで、ダイニングテーブルを使用することが大幅に増えました。

隣接する和室にリビングで使用するものを置いているため、非常に動線がよくなりました。

キッチンから料理を運ぶ距離が多少遠くなりましたが、(私の主観ですが)特に苦になりません。

むしろ、ダイニングテーブル周りが広くなったことで、"イスに座る"動作がとても楽になりました。

快適に過ごしたい家にするために、あえて"固定概念"をとっぱらう。 これも我が家の形の1つかなと思います。

ライター えりか

職業は週5時短勤務の会社員です。整理収納アドバイザー2級取得。 夫、息子、娘との四4人で分譲マンションに住んでおり、「シンプルな身の丈暮らし」を心にとどめながら暮らしています。

インテリア雑貨のひなたライフ

こんにちは。ひなたライフと申します。

心が温かく、暮らしを豊かにするインテリアや雑貨を販売するネットショップと暮らしが素敵になるメディアを運営しております。 よりわかりやすい商品の使い方やメリットをできる限り丁寧に説明しておりますので、是非ご覧くださいね。

インテリア雑貨のひなたライフ の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事