何コレ圧巻!150円で衝撃の贅沢感♡シャトレーゼの「隠れ人気スイーツBEST3」裏ワザも公開

  • 2019年11月28日公開

こんにちは。シャトレーゼの新スイーツが待ち遠しい、ヨムーノライターのやむです。

シャトレーゼといえばケーキを始めとした焼き菓子や、プリンなどの洋菓子ばかりに注目していませんか?

今回はすでにスポットライトがあてられたスイーツではなく、隠れたシャトレーゼスイーツ「ゼリー」についてご紹介します。むきたてのフルーツを丸ごと食べているかのような、満足感のあるゼリーにご期待ください。

シャトレーゼの隠れ人気スイーツ♪ゼリーに注目

シャトレーゼの店内にてプリンと同じショーケースに並べてあるゼリーではなく、お土産用のコーナーにあるゼリー「フルーツジュレ」はご存じでしょうか。

ついついケーキのショーケースやスイーツ、アイスコーナーへ行ってしまうので、見たことがない方も多いと思います。

実は箱詰めにされたお土産品コーナーで販売されているゼリーは、果肉がたっぷりと入っていてフルーツ好きにはたまらない一品です。

フルーツジュレへのこだわり

シャトレーゼのフルーツジュレには、どれも山梨の南アルプス白州名水を使用しています。

白州名水にはお菓子作りに最適な天然のミネラル分が程よく含まれているので、水をたっぷり使うゼリーに仕込むと格段に風味が変わるのです。

ゼリーに使用されている果物だけではなく、素材本来のおいしさを引き立たせる水にもこだわるという徹底ぶりは、さすがシャトレーゼだと感じますね。

5種類もあるのでお土産として箱買いしてもよし、自分用に1つずつ買ってもよしなゼリーの中から3つを厳選しました。

1.果肉たっぷりでみずみずしい「グレープフルーツ」

  • シャトレーゼ フルーツのジュレ グレープフルーツ 150円(税別)

はじめにグレープフルーツからご紹介します。フタを外す前でも果肉がたくさん入っていることが分かりますね。

グレープフルーツのジュレは果汁をふんだんに使うことで、よりみずみずしいゼリーに仕上がっています。

シャトレーゼのゼリーには惜しげもなく果肉が使われているので、さっぱりとした果物本来の甘味を味わえます。

フルーツジュレ「グレープフルーツ」の商品情報

  • エネルギー:102キロカロリー
  • たんぱく質:0.5グラム
  • 脂質:0.0グラム
  • 炭水化物:25.4グラム
  • 食塩相当量:0.18グラム

原材料名にあるとおり、グレープフルーツの果汁とシロップ漬けのグレープフルーツが使われていました。ゼリーの大きさは9センチ、高さが3センチほどです。

フルーツのジュレ「グレープフルーツ」の実食レポ

カップのフタをとってみると、ぎっしりとグレープフルーツが入っていることがより伝わります。

ここまで果実が入ったゼリーは珍しいのではないでしょうか。まだ食べる前ですがグレープフルーツの爽やかな香りがふわっとしてきました。

香りにいやされながら、どれほどの果実感が味わえるのかわくわくしてきます。

食べてわかる「丸ごと果実感」

見てくださいこのグレープフルーツ!
スプーンですくってみて気づいたのですが、完全にゼリー状に固まっているわけではなく、商品名にあるとおりジュレ状でした。

そしてすくってもすくっても出てくるグレープフルーツ果実!圧巻です。1口食べてみると「え?」と思わず口から出てしまいました。 驚きを通り越してナニコレ状態……!

ゼリーというよりも、まるごとグレープフルーツを食べているような感覚で、とてもみずみずしいです。

余計な甘さがほとんどなく、グレープフルーツの爽やかな甘さとフレッシュな果実の食感がします。

スーパーで販売されているような一般的なゼリーは風味程度ですが、こちらはしっかりとグレープフルーツの果実と果汁が味わえました。生のフルーツをそのまま食べているような感覚。期待以上のおいしさにびっくりです。

生のグレープフルーツを使っている証拠として、グレープフルーツにある種っぽい小さな粒が入っていました。

むきたてのグレープフルーツの、つぶつぶ食感までわかるほどジューシーです。夏にはキンキンに冷やして食べたいですね。

2.口に入れると溶ける!フレッシュな「白桃」

  • シャトレーゼ フルーツのジュレ 白桃 150円(税別)

2つ目にご紹介するのは白桃のゼリーです。
むきたてのみずみずしさと甘酸っぱい桃の味が、そのままゼリーになったようなスイーツ。

白州名水と桃の果汁によるやさしい甘さと、女性に好まれるジューシーな味わいに仕上がりました。

フルーツジュレ「白桃」の商品情報

  • エネルギー:114キロカロリー
  • たんぱく質:0.1グラム
  • 脂質:0.0グラム
  • 炭水化物:28.0グラム
  • 食塩相当量:0.15グラム

ゼリーは果肉・果汁・ゼラチンがメインなので、114キロカロリー、脂質も0グラムとボリュームに対して低カロリーなところがうれしいポイントです。

ゼリーは腹持ちがいいのでダイエット向きのスイーツですね。

シャトレーゼのフルーツジュレ 白桃の実食レポ

先ほどのグレープフルーツのゼリーが期待以上だったこともあり、白桃もわくわくしながら開封しました。

フタを取ると白桃のむきたてのような華やかな香りがしてきます。
白桃ゼリーはほかのゼリーと比べてシロップが多いので、あふれてこぼれないように注意してください。

グレープフルーツのように果実が入っているのかなと思ったのですが、白桃には果実が見えるように入っていなかったので、少し残念でした……。

しかしゼリーに溶け込むように白桃のおいしさがギュッとつまっていて、フレッシュな甘さが思う存分味わえます。

しぼりたて桃ジュースのようなたっぷりシロップ

写真から伝わるでしょうか……?
ほかのゼリーと比べてゼリー部分が浸るほど、たっぷりと果汁シロップが入っています。

先ほどのグレープフルーツはほとんど固められてないような状態でしたが、白桃は固形に固められてよりゼリー感がありました。

しかし一般的なゼリーよりもやわらかく、口に入れると溶けるようにジュレ液状になります。子どもやご年配の方でものどにつまらせないようなゼリーではないでしょうか。

丸ごと絞ったジュースのようなフレッシュ感を味わってください。

3.濃厚な味わい&はじける香り「マンゴー」

  • シャトレーゼ フルーツジュレ マンゴー 150円(税別)

マンゴーピューレだけではなく、マンゴーの果肉をゴロゴロ入れることにより、完熟感をさらにアップさせたゼリーです。

季節を問わず完熟マンゴーがゼリーとして手軽に食べられるのはうれしいですね。

フルーツジュレ「マンゴー」の商品情報

  • エネルギー:105キロカロリー
  • たんぱく質:0.3グラム
  • 脂質:0.0グラム
  • 炭水化物:26.3グラム
  • 食塩相当量:0.08グラム

シャトレーゼのフルーツジュレ マンゴーの実食レポ

表面からマンゴーの果肉がうっすらと見えています。
1口目から南国マンゴーの味がしっかりと感じられました。

さんさんと降り注ぐ陽の光をイメージさせる南国感

果肉とジュレが一体化していて、マンゴーをそのままかぶりついているような味わいです。

熱帯地域で育てられたマンゴーのような濃厚さとはじける香りが特徴。

果実はさいころ型にカットされていて、やわらかい食感でした。マンゴー好きの方にはぜひ食べてほしいゼリーです。

ほんのひと手間アレンジ

そのまま食べてもおいしいシャトレーゼのゼリーを、よりさっぱり涼しげに食べる工夫は、サイダーをプラスすることです。

フルーツポンチのような感覚でなつかしさを感じるようなデザートになりました。ゼリーの量を増やすと食べながら飲める、新感覚の「ジュレジュース」ができあがります。

写真はグレープフルーツのゼリーを1/3ほど入れたジュースです。ゼリーが十分に甘いので、サイダーではなく炭酸水もおすすめ。

最近では強炭酸水も販売されているので、よりシュワシュワとした爽やさを求める方は強炭酸を使ってみてくださいね。

オンラインショップ・店頭にてまとめ買い

シャトレーゼのフルーツジュレシリーズは全5種類あります。

  • 巨峰
  • 白桃
  • オレンジ
  • グレープフルーツ
  • マンゴー

それぞれバラ買いはもちろん、ギフト用にまとめて箱に入った商品も販売されています。

6個入りから15個入りまでそろっているので、たくさん買う予定の方はギフト用を選ぶのもありですよ。

シャトレーゼのゼリーは1度食べてほしいおいしさ

シャトレーゼのフルーツジュレ、グレープフルーツ・白桃・マンゴーの3種類をご紹介しました。どれもしたたるような果汁をイメージさせる、フレッシュなゼリーです。

1つ食べただけで満足感のあるボリュームが1つ150円(税別)なのは、さすがシャトレーゼだなと感じます。

おうちで食べるのはもちろん、セット販売もしているのでちょっとした贈り物にもぴったりです。

次にシャトレーゼに行ったときには、焼き菓子だけではなくゼリーにもご注目ください。

やむ

シャトレーゼ歴10年以上、カフェとパンマニアのグルメライター。
ほっと一息つく時間のお供に、美味しくてコスパ良しなグルメをご紹介。
学生時代は4年間カフェで働くほどのコーヒー好きで、旅先でもカフェ・パン屋リサーチは欠かせない。
趣味は温泉旅行。温泉が好きすぎて温泉ソムリエの資格を取得。癒しを求めた温泉旅とアクティブ観光をブログにて公開中。

やむ の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事