即リピ&イロチ買い決定!セリア「革命的ティッシュケース」はエコ・収納力・おしゃれ全部盛り

  • 2019年12月02日公開

こんにちは♪
食べることと節約することが大好きなヨムーノライターの稲垣飛鳥です。

今日は、セリアパトロールでいち早く発見!
最近はおしゃれなティッシュケースが様々登場していますが、中でも「わたし史上NO.1!」
思わず即カートインした商品を紹介します。

「置くだけおしゃれ」ボトル型ティッシュケース

それが、こちらの 「ボトル型ティッシュケース」!

商品名の通り、ボトル型のティッシュケースなのですが、箱ティッシュと比べてかなりコンパクト!

約直径7cm×長さ22㎝ほどなので、ミニサイズのラップがひとまわり太くなったイメージです。

これは、コンパクトなので、来週から修学旅行に行く万年鼻炎の息子にぴったり! そう思って、即買い物カゴへ入れました。

こちら、トップの部分はこのようになっています。

↓ ↓ ↓

ミシン目に沿って、ピリピリと破いて行くと、ビニールが張ってあり それをさらにティッシュを取り出せるように破ります。

トップの部分からティッシュを取り出します。

スタイリッシュで、よいよい!

ちなみに、使い切ったら、ティッシュを底の部分から補充できます。

使い捨てではないところがポイント! しっかりした紙製なので、がんがん使っても丈夫でヘタれなさそうです。

詰め替えるのもワンタッチで簡単!

底は、プラスチックのフタになっています。

フタを開けると、このようにティッシュが入っています。

ちなみに、このボトルには、120枚(60組)のティッシュを入れることができます。

一般的なティッシュは、薄型サイズで160枚入り、たっぷり大容量サイズで200枚入りのものが多いですよね。

ティッシュ1箱をまるまる詰め替え……とはいかないけれど、薄型サイズのティッシュならほぼまるごと(4分の3程度)、大容量サイズのティッシュでも半分以上は入りますよ。

コンパクトで置き場所を選ばない!

息子の勉強机に置いてみました

箱ティッシュなら横幅があるので、がっつり場所をとりますが、ボトル型なら縦型なので、うまく空間を利用できてまったく邪魔になりません!

勉強スペースもしっかり確保できます

気づくと参考書がたくさん広がってしまうので、机が広く使えるのは重要!

これは、間違いなく娘も欲しがります!
柄違いで白もあるようなので、リピ買いしに行かないと~!

というわけで、おしゃれで新しいボトル型ティシュケースのご紹介でした。

生活感の出やすいティッシュですが、これで目隠しをしたら、部屋のどこに置いてもおしゃれに見えるのが嬉しいですね。

気になる方は、ぜひセリアに探しに行ってみてくださいね〜。

稲垣飛鳥
料理家・再現レシピ研究家

料理家・再現レシピ研究家。著書「まるでお店!なほめられレシピ」(講談社)を出版。レシピ考案・調理・スタイリング・撮影までのお仕事もしています。自宅ではピアノ教室・フルート教室を主宰。

稲垣飛鳥 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事