ダイソーが"意外な場所"で神対応!この冬あると便利な「100均優秀グッズ」選手権BEST4

  • 2019年12月06日公開

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

100円ショップ「ダイソー」は小型・標準・大型の3つの業態で全国に展開しています。なので、SNSで話題にもなった商品が必ずしも全国の店舗で取り扱っているか……となると、微妙かもしれません。

そこで今回は、全国のヨムーノライターが小型・標準・大型店に通いまくって今も重宝している「無くても困らないけど、あると便利なコスパいいんじゃないグッズ」をまとめてみました。

もしかしたら、大型店にしかない商品かもしれないし、小型店にもあるかもしれない!?見つけたら100円だし買ってみようかなと思わせるアイテムですよ。

合わせて読みたい!保存版ダイソーパトロール

【保存版】ダイソーおすすめランキング!いま話題のアノ商品まとめ

(1)ダイソー「みかん皮むき器」2個入り

ダイソー「みかん皮むき器」

第一印象としては、必要ない感じがありますよね。
あの、みかんを食べるために、わざわざ「皮むき器」を用意するなんて……と。

でも、よくよく考えてみると、みかんには味の他に剥きやすさなど、当たり・ハズレがありますよね。 ハズレみかんはポロポロ剥きにくくて、あちこち散らばるし、爪が黄色に……。
そして、おうちの中でウェットティッシュを探す旅に出掛けたこともある人も多いはず(笑)。

そんな、ちょっとした悩みに気付いた人は即買いしましょう!

「みかん皮むき器」に付いている”トゲ”の部分を、みかんに刺して、みかんを回しながら……または、「皮むき器」を動かして切れ目を入れてゆきます。

ただ、それだけで皮が剥けました! ”トゲ”は長くないので、思いっきりみかんに突き刺さなければ、中から果汁が出てくることはないです。

(2)ダイソー「水切りネット ストッキングタイプ」

ビルトイン食器洗い乾燥機の中にある残菜フィルターには、お皿や調理器具に付いた残菜が集まります。
なので毎回、食洗機を使った後はその残菜を取り除かないといけません。

「水切りネット ストッキングタイプ」はその名の通りキッチンの排水溝に取り付けるものなのですが、食洗機の残菜フィルターにぴったり。
残菜フィルターにはめてみると、こんな感じになります。

水切りネットを残菜フィルターに取り付け、いつも通りに設置します。

あとは通常通りボタンを押して食洗機を稼働!
排水溝も残菜フィルターも役割は同じなので、いつも通り食洗機を使用してもOK。
※食洗機の説明書に書いてある通り、食べ残しなどはいつも通り捨ててから格納しましょう

(3)ダイソー「缶ストッカー」

ダイソー「缶ストッカー」

ダイソーの缶ストッカーは350ml缶を4本収納できます。 注目はタテ収納!
ストッカーに4本入れてヨコ収納では、動かなくなった……だけであまり収納力がアップしたとは言えません。

4本入れるとこんな感じ

ダイソー「缶ストッカー」

タテ収納で取り出しやすく

ダイソー「缶ストッカー」

タテに収納するとこんな感じ。
缶の取り出し向きが冷蔵庫の内側を向いているので、缶の取り出しが面倒ですね。

ダイソー「缶ストッカー」

取り出し口を手前にするとこんな感じです。
缶ストッカーは、缶が落ちない工夫はされていないので、冷蔵庫にタテで収納する際、缶ストッカーの傾きが大きいと缶が滑り落ちるので気を付けましょう。

タテにすると収納力がUPします。
何のお酒かはパッと見ではわかりませんが、自分たちで購入しているお酒なのであまり不自由さは感じないですね。

(4)ダイソー「じゃがキャップ&トング」

すっころびさん(@sukkorobi)がシェアした投稿 -

手が汚れずホコリが入らないようにできる「じゃがキャップ&トング」。
ホルダをはめて、トングをセット。

「じゃがキャップ&トング」を1個買う余裕があれば、じゃがりこをもう1個買いたいかも……。

まとめ

いかがでしたか? 「無くても困らないけど、あると便利なコスパいいんじゃないグッズ」。 細かい”モノ”が増えてしまいますが、あると便利かも!?とちょっと思いませんでしたか?

とくに、「みかん皮むき器」は爪が黄色くなったり、握力がなくて皮がむけなかったり……というこの冬ならではの、地味な悩みを解決してくれますよ(笑)。

ダイソーの店舗検索を使って、大型店に行ってみるのも楽しいかも!?

ヨムーノ編集部

ヨムーノは、忙しくても「暮らしをもっと楽しく賢く!」をコンセプトに、暮らし全方位の「すぐ実践できるトレンド情報」を発信しています。全国からヨムーノライターやヨムーノメイトを随時募集中です。応募は公式TwitterかInstagramのDMで♪

ヨムーノ編集部 の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事