【読者のみなさまへ】「新しい生活様式」のもとヨムーノがお届けしていきたいこと

ダイソー最強!?3年分の換気扇汚れ大公開!掃除に「使えたもの2選VS役に立たないもの3選」

  • 2019年12月28日公開

こんにちは、ナチュラルかわいいインテリアを目指し、日々試行錯誤しているヨムーノライターのnaosunnyです。

年末恒例の大掃除。恒例の方はスケジュールを事前にたてて12月31日の日没までにすべて終わらせるのが恒例行事だと思います。
一方で、年末にわざわざ大掃除しなくても……という方も。

そんな、毎年掃除する・しない以外で、新居だからまだ掃除しなくてもキレイでしょ!……からの約3年間、一度も浴室の換気扇の中の掃除をしていませんでした。

ここでは、“まだキレイでしょ!”と思っていた、浴室の換気扇掃除をあれこれ使って掃除した記録を、汚れも恥を忍んで公開します。

浴室の換気扇掃除

壁や床、浴室のあらゆる所をスプレーしてこすり洗いするのはいつもの事。
天井はアルコールスプレーして拭きあげていました。

ふと、換気扇のカバーを外してみたら、内側にチラホラカビが。
換気扇のカバーはウタマロクリーナーとブラシでこすり洗いしました。

「そういえばこの中ってちゃんと掃除した事なかったな······」

ウタマロクリーナーで拭き掃除!

ウタマロクリーナーで拭き掃除すると、ポロポロ······と、黒っぽい汚れが落ちて来ました。

「ん?なにか落ちてきた??」

と思い、再度換気扇の羽根の部分を拭いたら、ポロポロ······とやっぱり何か落ちてきた!?

換気扇に汚れがビッシリ!!

ギャァァァアアァァ~!!!!!!
換気扇の羽根の部分には、カビ汚れのホコリがビッシリ!

それはそれは目を疑う程の衝撃的な汚れでした。

換気扇の羽根掃除

換気扇の羽根についたカビホコリを落とすべく、とりあえず家にある道具を色々使ってみることに。

まずは靴ブラシ(100円ショップ)。

ゴシゴシ羽根部分をこすってみるものの、あまりカビホコリが落ちる効果は感じられず。ブラシ幅が狭くて短めなのが原因かな。

靴ブラシはイマイチ✕

次に使ったのは子供の使い古した歯ブラシ。しかし、ブラシの長さが短すぎて、歯ブラシでは全くホコリに届きませんでした。

歯ブラシ → 全然ダメ✕(笑)

長いもの何かないかな??と思い、つまようじ登場!

しかし使ってみると先端が尖っている為、やわらかいホコリにフィットする事は難しかったです。

つまようじ → 全然ダメ✕(苦笑)

我が家の掃除道具の必需品「ダイソー 2WAYブラシ」登場。

こちらのダイソー2WAYブラシ、先端が2つに分かれるので、細かい所を掃除するのにもってこい、な便利アイテムなのです。

こすってみると······。おおーーっっ、落ちる落ちる。
ホコリがみるみる落ちていきます。

先端ブラシがたくさん密集していて、ブラシの毛の長さもあり、先が尖っている形状の為ホコリにあたり、かき出しやすい。

······併せて、その落ちた汚れにも衝撃でした。

ダイソー2WAYブラシ◎

ダイソーの2WAYブラシを使いつつ、綿棒も取り出してみた。
換気扇羽根の上の方など、ブラシでも届きにくい細かい所もしっかりカビホコリを取る事が出来ました。

綿棒 → GOOD◎

ジャーン!!
ホコリがビッシリで羽根のすき間も見えなかった換気扇羽根。

ご覧の様にカビホコリが落ちてスッキリ綺麗になりました。

▲閲覧注意 落ちたカビホコリの汚れ

き······汚い~。
こんなに沢山のカビホコリが換気扇に付着していたとは·、衝撃です。

今まで換気扇を回していても、こんなに汚れが付いていたらきちんと換気されていなかったでしょう···。

※この汚れは、集めて拭き取って、再度浴槽内も掃除して洗浄しました。

ついでに浴室場周りの掃除も

ヘトヘトでしたが、掃除ついでに洗濯機周りも掃除! 洗濯機パンやすき間もウタマロクリーナーで拭きあげ。ピカピカ綺麗になりました。

普段見た目では気付きにくい浴室換気扇。
あんなに汚れるものだとは、正直ビックリしました。

皆さんもスマホのライトや懐中電灯を照らして、一度換気扇の羽根の部分をチェックしてみて下さい。

2016年末に念願のマイホームを購入。フレンチカントリーな雰囲気が特に大好きで、使いやすく、家族がほっこり和むナチュラルで可愛いお部屋を目指しています。インテリアやハンドメイドに関する記事を主に更新して行きたいと思います(^^)

naosunny の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事