【公式インスタグラムの偽アカウントにご注意ください】
五星三心占い

コレ流行る!「1日123円」でエステ級ぷるぷる肌♡コスメマニア推し「パウチ入り美容液TOP2」

  • 2020年01月10日公開

こんにちは、コスメコンシェルジュ・ヨムーノライターの佐久間あすかです。

今回は、これから流行りそうだと期待している、パウチ入りの美容液をご紹介します。
1回使い切りタイプなのが特徴的。持ち運びにも便利なサイズ感と軽さで、旅行の際などにも活躍しそう!

ももぷり 潤い濃密美容液セラム 

内容量:3ml×8個
価格:980円(税抜)

最初にご紹介するのは、「ももぷり」シリーズから登場した、乳酸菌と桃セラミド配合の8日間集中ケア導入美容液です。

ももの形に膨らんだ可愛らしいパウチを開けると、薄ピンク色でとろみのあるテクスチャーの美容液がたっぷりと入っています。
甘く優しいピーチの香り。とても幸せな気分になれます♪

お肌のための乳酸菌である「エンテロコッカスフェカリス」という成分や、国産の桃を使用した「桃セラミド(フィトステリルグルコシド/グルコシルセラミド)」が配合されています。
また、潤いをキャッチしキープする、ヒアルロン酸も保湿成分として配合されています。

ブースター美容液なので、洗顔後に手に取り、たっぷりと肌に馴染ませます。
量が3mlと割と多めなので、顔に全て馴染ませるには少し時間がかかります。

そのため筆者の場合は、少量ずつ手に取り馴染ませることを3回繰り返しています。

もしくは、顔に馴染みきらなかった美容液セラムを首まで広げます。
首のケアはついつい忘れがちですが、「首まで顔」と思ってケアしてみてください!

しっかりと、美容液セラムを馴染ませた後は、手が肌に吸い付くのを感じることができます。
その後、普段通りのスキンケアをします。化粧水を上から重ねてハンドプレスすると、いつもよりもモッチモチになりますよ♪

化粧水を馴染ませただけでもとても潤うので、満足してしまいそうになりますが、しっかり乳液やクリームなどで蓋をしてあげてください。

筆者は基本的に夜に使っていましたが、朝に使ってみた際も、その後のメイクに響くことはなく、潤いを長時間キープしてくれるように感じました。

1箱につき8つのパウチが入っているので、特別な日の1週間前から使い始めるのがおすすめです!

リッツ 濃縮エンリッチボール〈フリースドライエッセンス〉

内容量:6個
価格:1,950円(税抜)

こちらは、リッツからこの秋に発売された、フリーズドライの濃縮美容液です。
コロッと丸くて軽いパウチを開けると、カラカラに乾いた、小さな白い球体状のエッセンスが入っています。

こちらを手のひらに取り、お手持ちの化粧水を染み込ませます。
すると、瞬く間にエンリッチボールが溶けていくのです。

その化粧水と濃縮美容液が溶け合ったものを、洗顔後の肌になじませていきます。
この美容液自体の香りは特に感じられませんでした。化粧水の香りを邪魔しないので良いですね。

「リッツ」といえば、植物幹細胞や保湿成分がしっかりと配合されていて潤うのに、ドラッグストアで気軽に買える価格帯のブランドとして、美容マニアの間でも話題です。

オイリー肌に見えて、実はかなりのインナードライ肌で、お風呂上がりなどは年中カサカサな筆者ですが、リッツの化粧水やこちらの濃縮美容液を使うと肌がプルンプルンになるのです!
上から乳液やクリームを塗らなくても良いのではないかと思うほどの潤い感でした。

色々な化粧水とこの濃縮美容液の相性を探ってみたのですが、やはり「リッツ」の化粧水との相性が良いように感じました。

こちらの美容液は、ヒアルロン酸Naやスクワラン、加水分解コラーゲン、そしてリンゴ果実幹細胞培養エキスなどの保湿成分が配合されています。

6日間連続で使用するも良し、何かと乾燥する冬の旅先でのケアにもおすすめです。

終わりに

いかがでしたか?
このパウチ型の美容液、これから流行りそうな予感がしています♪

特別な日に備えて短期間で集中的に使っても良いですし、何より軽くて持ち歩きも便利なので、帰省や旅先に持っていき使っても良さそうです!

ぜひ試してみてくださいね。

佐久間あすか
コスメコンシェルジュ・美容ライター

コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1.2級)であり、美容ライター。スキンケアもメイクアップ製品もデパコス・プチプラ問わずどちらも大好きなコスメオタク。美的.comの公式ブログや多数Webメディアで美容記事を執筆中。ニキビ肌に悩まされた経験から、美肌になる方法やスキンケア製品を日頃追い求めている。メイクアップアドバイザー検定、セルフメイク検定合格。スキンケアだけでなくメイクの研究にも力を入れている。趣味はコスメ収集、海外旅行。

佐久間あすか の記事一覧を見る

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ

新着記事